書を捨てよ、アプリを開こう?

忙しなさげに携帯やスマホやらを弄りながら歩く人々。一見「出来る人間」風味は醸し出しているが・・・

ずっと弄っていないといけないような仕事って、実は皆無に等しいハズ。

大体はメールかアプリかゲームだ。絶えず覗いていないと気が済まないのだろう。運転中とかは以ての外だが、歩行中も勘弁願いたい。地下鉄の階段とかでノロノロ歩いて邪魔くせ~な~・・・と思ったらほぼ100%携帯を弄っている。

もう本当、手刀で叩き落としてやりたい。

邪魔にならないところで立ち止まるとか考えないのかね?常に弄っていないといけない身分じゃないんだから。例え仕事上のメールだろうとそんなに時間に差し迫った場面なんてまずないだろう。

もう本当に本当、どいつもこいつも・・・奪い取って遠くへ投げてやりたい。

便利さで一気に普及するモノに対してマナーが追い付いていない。そして便利さが新しい不便を生む。新しい不便は人間をただただ窮屈にさせていく。

ボクも確かに携帯は生活上必需品なのだけど、家に忘れたりバッテリーが少なくなるとやっぱり不安になる。そういう時に限って何か大事な連絡が入るのでは?とソワソワする。そんなに連絡なんてまず無いんだけど・・・

携帯が普及する以前は、外出中に掛かってくる電話なんて気にもしなかった。ところが留守番電話というツールが生まれた。そのあと、ポケベル、PHS、携帯、そしてスマホと、「誰かとつながりたい時にすぐにつなげる技術」が発展。

でも、そんなにつながっていたいのかねェ~・・・気持ち悪い。「携帯が無いと死んでしまう。無いぐらいなら死んだ方がマシ!」という方は、どうぞ安らかにお眠り下さい。

で、なんでこんなコトをゴチャゴチャと考えていたかと言うと、携帯向けゲームの「コンプガチャ」が違法じゃないか?というニュースを知ったから。「無料で遊べる」と釣っておいて、課金がなければ進まないようなゲームが横行しているようだ。やんないからよくわからないけど。

提供する側はボランティアじゃない。ビジネスだ。どこかで採算を取らないと会社として成り立たない。課金ビジネスはそんなに悪いコトじゃないように思えるが、これに知らずにハマる子どもがいて、多額の請求にビックリした親御さんが多かったから問題になった。

ところが問題の本質は別次元らしい。どうやら多額の請求に苦しんでいるのは「いい年こいた」成人以上だというのが実態のようだ。ああ・・・無念。

多分、ボクと同じか前後する世代。そうだ、ファミコンやゲームボーイに熱中した世代だ。次々と新しいソフトが出れば買い漁り、新しいハードを追いかけ、誰よりも早くクリアしようと徹夜までしたような子ども時代を送った人たち。

そんな「ゲーム脳」世代に「いつでもどこでも無料でゲームが」と謳われたら飛びつかない術は無い。ユーザーが大人ならシステムに基づいて請求さえすれば払う義務をユーザーに背負わせられる。これはもうギャンブル依存症に似てる状態。ただ欲望の赴くままにカネをむしり取られていくだけ・・・

ああ、良かった・・・そんなにゲーマーじゃなくて。結構、遊んだ方だと思うが、そんなに新しいのを求めばかりじゃなかったから。未だに初代プレステで「パワフルプロ野球99年決定版」だぞ!どうだ!

多分ボクはドラクエシリーズのような長ったらしいRPGモノにハマらなかったから、携帯ゲームの餌食にならずにすんだのかもしれない。だって、長ったらしいだけで途中で飽きちゃうもん。思い出してまた始めた頃には状況が理解できなくて、また最初からやり直したり・・・

ストーリーを進めるためにアイテムや仲間を集めながら敵へ向かっていく・・・そんなRPGのシステムが現在問題になっている「コンプガチャ」の源流にあるのは間違いない。

単純だけど繰り返して遊べるゲームってのが、本当の名作ゲームだと思う。テトリスとかぷよぷよなんて、与えられたらず~っと遊んじゃうクチです。

以上、菊池隼人的「ゲーム論」でした。

スポンサーサイト
[ 2012/05/11 00:09 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(2)

携帯電話を自宅に忘れる事は時々あります。

その時は、「無いんだからしょうがない」と、どこかのあの世を見てきた人のような事を言っています。


誰かとつながる技術、人目の無い所で女の子とつながる技術なら、是非とも進化させて欲しい。


最後に、好きなゲームは、FCのファミコンウォーズとディスクシステムのガチャポン戦記(?)です。


[ 2012/05/11 08:03 ] [ 編集 ]

ファミコンウォーズ!

懐かしい…ゲームボーイウォーズやってました。対戦モードで両軍を集めそのド真ん中でトマホークミサイルを炸裂させて全滅させたりしてました。一応トマホークを使った側の勝利になるんだけど「ああ…戦争ってむなしいなァ…」と子供ながらに感じました。
[ 2012/05/15 12:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/81-2d31df51