北の国から? 2011・冬

朝鮮労働党中央委員会総書記、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長・・・肩書きだけ見るとまるで『寿限無』な金正日さんが亡くなりました。

後継者は本命の三男坊・正恩氏なのか?まさかのウルトラCで長男のマサオちゃん?

「正男」という文字を見るたびに、ボクの頭の中では所ジョージさんの『正男という名で小学生』という曲を思い出す。

♪正男ちゃんは2階で勉強しなさい!
 正男は2階で勉強シコシコ
 シコシコしてるうちに 正男は2階が好きにな~る~

副題およびサビの部分が『みんな不良少年だった』・・・あ~、確かにヨーロッパを放蕩したり、偽造パスポートで東京ディズニーランドに行こうとするなんて不良ですわなァ。でも諸外国あちこち行くだけあって語学は堪能だし、外からの視点で自分の家(国)を見た経験は貴重なハズなんだけど。

だから三男坊に命を狙われて自国へ帰れない。可哀想に・・・

諸国を漫遊って、まるで「水戸黄門」みたいだ。

「この方をどなたと心得る!先の将軍様の長男坊、金正男候にあらせられるぞ!」

出すのは・・・偽造パスポートだけどネ・・・ドラマが復活したら黄門様役は正男ちゃんに。是非。

「絶対クラスに一人はいたよナ」といった風貌の「ボンボンでいじめられっ子」キャラの正恩クン。まだ20代後半らしいが、いきなり一国を背負う立場になって果たしてどうだろうか。しかも、背負ってる国がアノお国柄ですから。

核開発はど~なんだ・・・貧しい人民への対策は・・・軍をどう指導していくのか・・・何か余計なコトしなきゃいいけど・・・

って思ってたら、さすがは倉本聰作品!ちゃっかり「北の国から」ミサイルが飛んできていた。日本海にボッチョ~ン・・・

「これから北朝鮮はどうなっていくのか?」「何をしでかすかわからない」なんてのは金正日体制でも同じだったし、遡れば金日成時代もそうだった。ただトップが変わったからには、何かしらの変化が起きるのは確かなんだけど、日本、韓国、中国などの近隣国や欧米、世界全体へ与える影響がプラスになるかどうかってのが不明だから、やっぱり不安は拭えない。

今年もあとわずかというタイミングでのビッグニュース・・・北の国の「偉大なる父」黒板五郎さん死去についてでした。

※文中に真面目な文章とクダラナイ冗談が混在しています。ご了承ください。

スポンサーサイト
[ 2011/12/20 15:01 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/43-ec610603