三流ギタリストのワッハッハ!

中ちゃんより「結婚祝い」として、1999年製のマーチンOOO-1を貰っちまいました。

豚に真珠?・・・いやいや。アタクシぐらいの格のギタリストになりますと、もうギターは買うものでなく、貰うものなんですネ。ワッハッハ!

マーチンって、何故かあまり良い印象がなかった。それこそ、大して弾けもしない成金オヤジも悪趣味道具のような感覚だった。

でも・・・

やっぱ、良いですネ。特に、貰いモノは!

実は同じ型のOOO-1、既にShinobu師匠が数年前に購入したのがあったのだが、たまに借りて弾いたけどどうにもシックリ来なかった。「オレ、マーチン似合わないのかなァ・・・弾いちゃいけないんだ・・・」とスネていた。

前に購入したバックパッカーは、もうバッキバキのグッチャグチャに弾き倒し、ついにボディーは傷どころかクラックだらけ。ガムテープでグルグル巻きにしたら鳴りが悪くなったので、自分でピエゾPUを埋め込むという暴挙に出た。「マーチンなんて脆くて使ってらんね~や!」と強がっていた。

でも・・・

やっぱ、貰いモノは違いますョ!

ほとんど使った形跡がなく、ずっとケースにしまわれていた「ナチュラルミント」状態。ただ保存は良くなく、ケース内の湿気でベタ~っとした感触だった。でも、弾いていなかった分、木が締まっていて湿気をそんなに吸っていなかった模様で、ケースから出して磨いてポロロ~ンと鳴らしているうちに木が開いて湿気も抜け、アッという間に良い鳴りに。

さて・・・いや・・・どうしようか・・・2台のダイナミックギターに、先日買ったばかりの12弦ミニギターまであるのに・・・ああ・・・それより、弾けなくなったギブソンやモ-リスもあるし・・・

次第にまたギターに居場所を奪われつつある今日この頃・・・嬉しい苦悩と言われればそうなんですけど。三流ミュージシャンにしては、楽器、多過ぎですナ。

ワッハッハ!


スポンサーサイト
[ 2011/12/10 22:34 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/36-6901e872