「研究日誌」らしく・・・なぎらけんいち「春歌」を聴いてみた。

札幌遠征で才谷屋へ伺った時、「復刻したぞ」と教えてもらったのがコチラ・・・

なぎら春歌

「春歌」

DQネームで「はるか」と名付けちゃったり、春っぽい曲だからと「はるうた」なんつってタイトル付けちゃったパターンってありそうですよネ・・・意味も知らずに・・・

性を描写した浮世絵が「春画(しゅんが)」というように、ここでは性に関する歌、つまり「しゅんか」でございます。

日本各地に古くから伝わるエッチな唄の数々をなぎらさんが歌い上げたこのアルバム、「はちみつぱい」のメンバーや村上律さん、安田裕美さんなど名だたる演奏陣が参加しているのにもかかわらず、LPはすぐさま廃盤となり、中古でも結構な価格が付いている・・・という、まさしく「幻の名盤」と呼ぶに相応しい一枚。

それが近頃CDとして復刻した!ってんですから、買わないワケにはいかないでしょう!

・・・・・・

やはり下ネタだから廃盤に?と思いがちですが、通して聴いていると古くから伝わってきた言い回しをほぼそのまま歌詞にしているため「乞食」や「土人」といった差別用語が引っ掛かったように感じます。

「下」の表現は方言や隠語などでソレと思わせる言葉が多くあり、中には「センズリ」「ちんちん」と標準語でもアウトっぽいのもあるにはあります。

でも、それだけでイチャモンつけられて出せないとなったら三上寛さんの唄なんて完全にダメでしょう。「おま●こに指突っ込んで~」とか。URCだから大丈夫、とかあったんですかネ?

・・・・・・

「乞食(こつじき)」はもともと托鉢での修行を意味する仏教用語であり、「土人」だって代々その地で生活してきた人を指している言葉ですから。

そこに勝手な意味合いを加えておいて「差別するような言葉は使うな!この●●●●がッ!」とやるのは少々筋が違うような気もします。(●に入る言葉は各々自由にお考えください)

以前観たライブのMCでなぎらさん、こんな噺をおっしゃってました。

「テレビ番組で『乞食』という言葉を使ったら、『俺たちを乞食を呼ぶとはどういうコトだ!』というクレームが局に来た。乞食って・・・テレビ見てるの?

こういった類の多くは大概当事者ではなく、「人権派」のフリをする団体やら思想やらの持ち主で、実は無関係だったりします。

どの時代も、どこの土地でもそうかもしれません。当事者の味方を装って近付き、あたかも正義を振りかざしているかのようで、実はその行為が当事者にとって一番の迷惑だったりとか・・・ネ?あるでしょ?

勝新太郎さんの代表作「座頭市」やテレビアニメ「明日のジョー」がなかなか再放送できなかったり、映画「気狂いピエロ」はタイトルからしてダメだったり、笠置シズ子さんの「買い物ブギ」をカバーする際には最後の言い回しを変えてみたり・・・

童話絵本の「ちびくろサンボ」がよくわかんない親子が勝手に人権団体を名乗って(自分たちは東洋人でアジア人で日本人なのに)「黒人差別だ!」と抗議したら一時期廃刊になった、という話は有名です。

いろいろ面倒臭い世の中、名作たちが次々と埋もれていってしまうようで・・・果たしてそれでいいのか?

・・・・・・

おっぴょ。書いてるアタクシが段々面倒臭くなってきたのでこのぐらいにして・・・

いや、「裏フォーク研究所」と自称するからには、正しく恰好の研究材料であると思います。

気になる方は是非!
























(そして・・・北見界隈で「中学生レベルの浅はかな下ネタを唄って内輪でワーキャー騒いでる連中」、おそらくコレ聴いてもわからないだろうなァ・・・ま、どうぞご勝手に・・・)
スポンサーサイト
[ 2017/04/17 15:49 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/354-5ffefb02