北国ドライバーの知恵袋

記録的大寒波が日本列島をスッポリ覆い尽くし、何やら奄美大島で雪が降ったとか・・・お見舞い申し上げます。

さて・・・ふと気になったコトを。

ごく一般的なクルマ用のタイヤを、北海道外では「ノーマルタイヤ」と呼んでいるらしいです。「ノーマル」・・・つまり「標準」だから間違いではないのでしょうが、道内ではあまり耳にしません。道民は「夏タイヤ」と表現します。

北国では秋から春まで約半年間をスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)で過ごすのですから、「夏季限定でしか使えないタイヤ」という認識から「夏タイヤ」と呼ぶようになったのかもしれません。

むしろ冬期間はスタッドレスが当たり前・・・標準的、つまり「ノーマル」になるんです。

・・・・・・

「北海道の人はタイヤチェーンを使わず、スタッドレスだけで何とかしちゃう」というのも驚かれるようです。

大抵は大型トラックや除雪車、商用車の一部が付けているぐらいで、乗用なら2WDでもスタッドレスのみが多いです。

冬道運転の怖さを知っている道民からすれば、「夏タイヤにチェーンだけで何とかしようとする本州のドライバー」がいる方が驚きです。

土地によって雪や寒さの質が違うから一概には言えませんが、積雪時にスタッドレスタイヤがなけれればクルマでの移動を控えた方がいいと思います。

・・・・・・

あと、寒さに慣れていない方々に教えておきたいのは、駐車時のパーキングブレーキ(サイドブレーキ)はかけない方が良いです。

北海道の人はよっぽどの坂道でもない限り、AT車ならPレンジに、MT車なら1速かリバースにギヤをかまし、パーキングブレーキは解除した状態で停めます。

ブレーキ部分に付着した雪などの水分が凍ってしまうと解除しようにもできなくなり、ずっと後輪を引き摺ったまま走ることになってしまいます。そのまま走行すると不具合が生じ、もっと大きな故障や事故を招く場合もあります。

すぐに溶けてしまうような気温にはなるのでしょうけど、グッと冷え込みそうな夜などは念のためそうしておいた方が無難でしょう。

「停めている間に勝手に動くのではないか?」と不安になるでしたら、一度試しにパーキングブレーキを使わずエンジンを切ってみてください。少し勾配があればフットブレーキを離した瞬間にちょっとだけ「ググっ・・・」と動きますが、あとは安定します。人力で押してみてもそう簡単には動かないはずです。

ただ、注意点はあります。

MT車なら必ずギヤを入れてください。ニュートラだと、動きます。

AT車でもPレンジじゃしないと、動きます。その場合エンジンを切ってもキーが抜けませんが、キーを刺しっぱなしでエンジンだけ止める時に注意が必要です。

そして、MT車のエンジンをかける際にニュートラにするかクラッチを踏むかを忘れないように。ギヤが入ったままだと、セルを回したのと同時にもの凄い勢いで走り出します。

たまにドアだけ開けて、乗りこまずにエンジンを掛けようとするじゃないですか。その時にサイドブレーキがかかっていたらすぐにエンストしますが、かけていない場合はそのまま無人で通常走行しようとします。

必死に止めようと思って前に出ても、自分のクルマに自分が轢かれる・・・という虚しい結末が待っているだけです。

・・・・・・

以上、北国ドライバーの知恵・・・余計なお世話かもしれませんが、役立て頂ければ幸いです。無事に寒波を乗り切りましょう。
スポンサーサイト
[ 2016/01/24 21:57 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/318-ee9c61d6