トヨタ・シルビア(S86型)

本日2本目。更新サボってたから・・・

新しいコチラのブログで初めての、クルマの話題。興味ない人は素通りで。

結構遡るけど、マツダがロータリーエンジン搭載車の販売を諦めた。ロータリーの無いマツダなんてほとんど魅力も無いに等しい。売れる、売れないで言えば明らかに売れないのだろうし、原油高騰、温暖化の問題などで低燃費ばかりが持てはやされるご時勢にリッター2~3キロというバカ食いエンジンでは確かに採算は見込めない。

それでも何より、モーターのように上まで吹き上げパワーを生み出すロータリーに魅了されたファンは多いハズ。これからも開発・研究は続けていくらしい。将来的に注目されるであろう「水素燃料」への応用も期待される。「スポーツ性と低燃費を実現したスカイなんちゃら」もいいけど、「おにぎりグルグル」あってのマツダだってのも忘れないで欲しいッス。

そんなスポーツカー受難の時代でやってくれたのが、マツダと並び変態趣味的マニアが多いスバル。スバルと言えば水平対向エンジンだが、それを搭載した低重心のFRスポーツクーペ「BRZ」を東京モーターショーに出展。

コンパクトでスポーツ性の高い後輪駆動・・・まるでかつての「AE86」みたいじゃないか?

って思ってたら、トヨタと共同開発だって・・・しかも、トヨタは「ハチロク」の名前で売り出すんだとか。

出ました!トヨタの必殺技!「共同開発名目で販売台数カッさらい作戦」!

提携関係にあるんだし、トヨタの企業ブランド力の違いもあるのは事実なんだろうが、この必殺技に常にやられっぱなしだったダイハツ。

ダイハツ「ストーリア」が、トヨタでは「デュエット」。

後継車「ブーン」は、「パッソ」。

「テリオス」が、「キャミ」。

その後継車「ビーゴ」は、「ラッシュ」・・・

知名度的に言えば完全にトヨタに軍配。かつてストーリアX4に乗っていた時も、何故かほとんどダイハツが造ったハズなのに「ディエットのダイハツ版」という本末転倒な説明をしていた。

その代わり、ダイハツだってトヨタの提供を受けていた。でも、例えばハイエースが「デルタ」、カムリが「アルティス」という名前でダイハツから販売されたが、全く以って誰も知らない。特にアルティスなんて、本家のカムリ自体が大して売れてないんだから。

で、その「ハチロク」とやらだが、見た目はほとんど日産のS15シルビアにそっくり・・・そうだ、トヨタと提携する前は日産と提携関係にあったんだ。何となく、トヨタに対するスバルの最後の抵抗のような・・・

これでは「ハチロク復活!」って言うより、「トヨタ版シルビア」と言われた方が、何故かしっくり。

ハイブリッドやらEVやら低燃費やらも環境問題や消費者ニーズを考えれば良いんだろうけど、デザインをやたら未来的(笑)にする感覚はつまらない。空気抵抗を減らせば燃費は良くなる。でも、一瞬見ただけでウットリするようなデザインが著しく欠如している。

だから、トヨタもAE86のデザインをそのまま使い、スバルの水平対向エンジンを積むようにすりゃ~もっとグッと来るハズなのに。う~ん・・・出来なかったのかなァ・・・ちょっと残念。

復刻ブームの欧米に倣ったのかもしれないが、やっぱりミニはゲルマン車じゃなくブリテン車だし、VWビートルはリアエンジンじゃなきゃビートルじゃない。

外形やコンセプトだけを受け継いだフリをして中身は全くの別物、というのを復刻だなんて・・・あまりに安直過ぎやしないか?

スポンサーサイト
[ 2011/11/30 23:10 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(2)

確かに86ではないかも

確かに、シルビアに似ているかもしれない。
今の若い人ってFR車を運転できるかな?
ちなみに、僕はずっとFF車。きっとFR車乗るとスピンします。
そういえば、教習車がローレルとコンフォートだったからFRだね。
[ 2011/12/03 13:19 ] [ 編集 ]

降臨・工藤

横浜DeNAベイスターズに監督として駆動さんが後輪します。
話が違いますネ・・・
「FRはスピンしやすい」ってのはマヤカシだと思いますョ。滑りやすい路面では駆動輪なんて関係無しに滑りますから。
むしろ駆動輪と操舵輪が別れているので、イザという時にFRの方が立て直しやすいような・・・
かつてはランタボ乗ってましたし、仕事でコンフォートも乗り回してましたから、その経験からして、そんな気がします。
[ 2011/12/04 22:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/31-d13e4932