先週末&今後の動静・・・ってどうせいッ!っちゅ~ねん?

13日間で9箇所という今年のツアー・・・戻ってすぐにライブとか入れると、まるで北見じゃなく別の土地に来たみたい。

11/22(土)。北見「ブルーチッパー」ライブ。共演・・・大江健人

ここんとこ毎月のように声を掛けてくれるブルーチッパー。今回は札幌から来る大江さんの前座として頼まれた。

はて?・・・札幌の大江さん?あれ~、共演したコトあったっけかなあ・・・とちょいと調べてみると、思い出した。

5年ほど前に夏場から秋頃までの期間だけどススキノの路上で唄っている時期があって、同時期にロビンソン(現・ラフィラ)の角でアンプを持ち込んでやっていた方だった。で、その後ヌルマユ永井さんが「ブルースアレイ」という洒落た店で初めてライブやるから「来てくれ」と誘われて観に行った時に共演もしていたので、初対面の様で実はそうでもない。

当日は北見市内もいろいろイベントやライブが重なっていて集客はどうだろうか・・・と心配していたが、それでも弾き語り系が好きな方々が集まってくれて盛り上がった。

特にメインアクト・大江さんのギターテクは秀逸。30歳ぐらいまで東京で箱バンやっていただけあって、一言で言えばお金を稼げる音楽。一方のアタクシは・・・呑み代をジャブジャブと浪費するだけ。うん。いつものコト。

何となく勝手に「ちょっと気障で気難しい方なのでは?」と思っていたんだけど、そんなのはただの邪推。喋ると気さくで話題も豊富、とっても楽しい方でした。

もっとゆっくり呑んでいたい3連休とっ初めだというのに、ツアーで長期休んでいた手前、バイトの休日出勤を断るワケにいかず、深くならないうちに退散と相成りました。

翌16(日)は北見「夕焼けまつり」へ観客として乗り込む。毎月恒例『百歌繚乱』

本来この日は大阪から三好リョウくんが来るというので本当ならメインになる手ハズだったんだろうけど、それより何よりこのライブを最後に北見を離れるコトになっていた中原くんの送別会的なコトになり、もうそれはそれは溢れんばかりの観衆が押し寄せて大熱狂でした。

『百歌』主宰・湊恵行さんが仕事上の愚痴(某ゆるキャラの「中の人」の悲哀?)を叫べば、hicoさんがロックな弾き語りでビシッと決め、アンドウケイスケくんがいつも通りに「モテないオーラ」全開、Manabuさんもいつも通り「泥酔ライダー?」振りを発揮し・・・久々に聴いた三好くんの変わらぬ熱さと、ぐっと増した優しさに心を打たれたところ・・・

メインの中原くん。もう、何かネ・・・彼自身の気持ちがとても現れた素晴らしいステージでした。始まってすぐ、横で立って聴いていたアンドウくんなんか泣いてましたョ・・・

かなりの実力の持ち主・・・何故、それを今まで出してこなかった?まあ、そんな中原くんが面白かったんだけど。

学校へ通うのに北海道へやって来てそのまま就職、音楽活動をしていたのに事情があって道外の故郷へ戻らないといけない・・・三好くんと中原くんは似たような境遇である。だけど三好くんはほぼ毎年来道してんだから、中原くんもそのうちプラ~ッと遊びに来るに違いない。

やはり休日出勤を翌朝に控えていたアタクシは打上げには参加せず帰宅。別れの挨拶は直接しなかったけど、そのうち会えるし。

で翌朝・・・バイト先の朝礼で「材料が届いてないから作業が出来ない」と言われ、あっという間に帰された。うう~ん・・・わかってりゃ~打上げ残ったのに!


今後のライブはコチラ。小樽、神奈川・藤沢、地元・北見と3週連続ライブ・・・


11/30(日) 「中ちゃんオンステージ in 小樽」
出演・・・中ちゃんwith菊池隼人&Shinobu ゲスト・・・長津宏文
19:00~ ¥2000(1D付)
音楽居酒屋 一匹長屋 (小樽市花園3-3-3 0134-32-4049)


12/5(金) 「平成二十六年秋巡業・番外編」
21:00頃~ ¥投げ銭
インディアンサマー (神奈川県藤沢市南藤沢4-11 第五榎本ビル2F 0466-22-1171)


12/14(日) 「第24回アコギLIVE」
出演者未定
19:00開場/19:30開演 ¥1500(1D付)
スポーツ&ライブバー ブルーチッパー (北見市北4西3-1-2 伊谷ビルB1 0157-26-6939)


まるでツアーの延長戦・・・自分の肉体と精神が何処にあるのか見失わないよう、努力します。
スポンサーサイト
[ 2014/11/27 22:48 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/255-702547b9