ビートルズが教えてくれ・・・ていたのか?

先週末の土日、我が家はライブ観戦に明け暮れた。5/17(土)は北見・夕焼けまつり恒例の『百歌繚乱』(社会人vs学生・若者対決)、翌18(日)には大空町東藻琴・芝桜公園で開催中の『芝桜まつり』(ゲスト・ダイヤモンド☆ユカイのステージ・・・こちらの詳細はヨメのブログ及びフェイスブックをご参照ください)。

そんな中、世間的には2つの大きな話題が音楽界を賑わせていた。「歌手・ASKA、覚醒剤で逮捕」と「ポール・マッカートニー、来日公演中止」。

ポールさん公演中止は急病だから仕方ないと諦めるしかないだろうけど、どうもいけ好かないと云うか、ナンと云うか・・・

青春を共に生きた世代の人たちにとって、本当にビートルズってのは特別な存在である。

死んだ親父もその世代のド真ん中で、オーディオマニアでいて洋楽マニア・・・特にビートルズはよく聴いていた。アタクシなんざ物心付く前から自然と聴いて育ったので、現在我が家にはビートルズの音源が1枚もない。今更買ってまで聴く必要が無いぐらい聴かされたモノだ。

それにしても「日本武道館のアリーナ席10万円」というニュースを見て、最初に思ったコト・・・

「日本人、ナメてんじゃね~のか?コイツ?」

「最後の来日公演」を毎年のように繰り返しているアノ方とか、チケットが売れず主催者がタダでバラ撒いて札幌ドームコンサートの意義を失墜させたアノ方々も含め、我々日本在住音楽ファンは「もう来なくてよろしい!」と声を大にして言わないといけない。

今回の騒動で新しいアルバムと武道館公演への大きなプロモーションが出来て、中止した会場でグッズだけでも売れれば、これはもうポールさんウハウハ状態である。

ステージに立たなくてもファンはドーン!ギャラはバーン!田園調布に家が建つ!

本当に楽しみにしていた日本のファンに対して、どう落とし前をつけてくれるのか・・・土日の日程だったからこそ東京へ出掛けられた地方在住者だって数多く集まっていたのに・・・(ちなみに夕焼けまつりのマスター・池本さんもそのひとり)

こりゃ~もう武道館とか国立競技場とかではなく、「日本全国ゴメンナサイ行脚ツアー」でもしないと許されないぞ!

どんな田舎町だろうと、チケットを買ってくれていたファンが一人でもいればその地域へ足を運んで「ゴメンナサ~イ」の一言でもかけて唄ってあげるのだ!

その際は是非、青森でイタコを集めて「ビートルズ再結成コンサート・恐山公演」を開催していただきたい。


ポール「アナタハダレデスカ?」

イタコA「ジョン・レノンですぅ~」

ポール「アナタハ?」

イタコB「ジョージ・ハリスンですぅ~」

ポール「アナタハ?」

イタコC「リンゴですぅ~」

ポール「リンゴハマダ生キテマス」

イタコC「・・・夫婦でリンゴ農家なんですぅ~」

ポール「アナタハ?」

イタコD「オノ・ヨーコですぅ~」

ポール「ヨーコモマダ生キテマス」

イタコD「アタス、名前が小野ヨウコって言うんですぅ~」


・・・


ASKAのシャブもネタにしようかと思ったけど、面倒なので今日はこの辺で。

スポンサーサイト
[ 2014/05/19 22:21 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/221-04c986e4