恥じらいの記憶・・・移転壱年とちょっと。

1週間に2度も北見・夕焼けまつりでライブ。


4/23(水)「裏フォーク研究所北見移転壱周年記念興行」共演:Shinobu

4/27(日)「百歌繚乱-Acousdutic Night-特別編 OPEN MIC!!vol.2」総勢12組出演


23日の「記念興行」はビル2階のバーで、27日「百歌繚乱」は3階のホールと、まさに夕焼けまつり完全制覇!AMビル完全制覇までは1階の居酒屋を残すのみ・・・

両日とも共演、ご来場、関係者各位さま、お世話になった全ての方々に感謝です。


思えば昨年・・・

「今後の活動、どうしよっかなあ~」という漠然とした不安を抱えて引っ越してきたのではあるが、すぐに札幌の盟友?(向こうがそう思っているかは知らん)hopesign氏が夕焼けまつりでライブをやるというから初めて顔を出した。そこでの出会いが我々夫婦と北見・網走圏の地元音楽界とをつないでくれた。

これでライブは出来そうだ。しかし新たな不安がぽっかりと浮かびあがる。

「我々の音楽を受け入れてもらえるかどうか?」

ご存知の通り、夫婦双方ともに「やや特殊な音楽観念」で渡り歩いてきた。ツアーなどで初めての土地・初めてのお店・初めてのお客さんと触れ合う機会はあったけど、それはまだコチラが「旅人」という身分だったからある程度「恥のかき捨て」と割り切るコトも出来た。

今度は「その土地に居座る」という大きい条件が転がっている。

しかし、やるからにはゴチャゴチャ考えていても仕方ない。他に芸があるってんじゃないし、今まで通りに厚かましく、正々堂々と“卑怯な手口”を駆使するだけじゃ!と、「引っ越し先での恥もかき捨てる」という新境地を開拓してしまった。

莫迦な音楽、莫迦な喋り、莫迦な酒癖?・・・お付き合いいただいている皆様には若干ご迷惑とは存じております。それでもこの地に来て、こうして莫迦なコトばかりやれているのは、皆様が長年にわたり培ってきた土壌があるからにほかなりません。

今後とも「裏フォーク研究所」菊池隼人並びにShinobuを何卒御贔屓に・・・宜しくお願いいたします。


さて・・・ここまで北見を持ち上げておいて言うのもナンですが・・・今度のライブは札幌遠征です。


5/4(日・みどりの日) 「しみったれライブ vol.14」
詳細未定
Music&Bar モダンタイム(札幌市南区澄川3-2 ハイツリービル3F 011-832-0235)


5/5(月・こどもの日) 「春めいて夜な夜なライブ vol.15」
出演・・・Shinobu、菊池隼人、他 20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
ライブハウス札幌LOG(札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下 011-737-5388)


5/6(火・振替休日) 「中ちゃんオンステージ」
出演・・・中ちゃんwith菊池隼人
ライブハウス札幌LOG(札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下 011-737-5388)


生まれは十勝・本別町だけど、「自称・アングラフォークシンガー」としての生まれ故郷は札幌です。ちょっとした里帰りみたいなモノかしら?

スポンサーサイト
[ 2014/04/28 14:58 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/218-67760375