割烹着を着た悪魔?

こちら、裏フォーク研究所でございます。理化学研究所とは一切関係ございません。

文部科学省所管の独立行政法人でもなんでもなく、ドコの認可も受けていない自主レーベルでございます。ご了承ください。

で、一連のSTAP細胞論文を巡る騒動で感じたコト・・・

ど~も薄気味悪いんだよなァ・・・マスコミの姿勢がどうも・・・

まるで「メディアを通じて国民を騙した悪女」扱い。

マスコミは“被害者”なのか?・・・いや、アンタらは“加害者”だ。

男性が多くを占める科学分野で世界的な発見をした女性研究者・・・「リケジョ」なんて全く浸透しないヘンテコリンな造語まで作り出し、研究成果だけではなく人物像まで抉っていた。

しかし疑念が沸きあがった途端の手の平返し・・・

はっきり「国民を騙したのだ」と自覚しているのであれば、謝るのはそのメディアの方。いつも自分達は報道の自由だの知る権利だのを傘にして、全く省みない。

だいたい「データの捏造・改竄」なんてのは本来アンタらの得意技だったじゃないか。

今まで科学分野からの指摘でいくつ番組を潰された?訂正・謝罪を何度繰り返した?どれだけ恥をかかされてきたのか?

その前に、国民はどれだけアンタらに騙されてきたと思ってるんだ?

今回やたら吊し上げに躍起になっているのはその腹いせにしか見えない。敵対心からくる報復行為ではないのか?

渦中の小保方氏は落ち度はあったが研究成果に間違いはないと主張しているし、一方の論文の撤回を求める側は今後時間をかけて詳しく検証していく。

餅は餅屋・・・外野が必要以上に首を突っ込んじゃダメだ。


さあ、ところで・・・ウチの研究所は何を発表すればいんだべか?


4/23(水) 「裏フォーク研究所 北見移転壱周年記念興行」
出演・・・Shinobu、菊池隼人 20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
ライブハウス夕焼けまつり(北見市北3西2 AMビル2F 0157-23-5819)
http://maturi.yu-yake.com/


スポンサーサイト
[ 2014/04/10 17:21 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/216-edbbd7c2