特定外来種発見!

例年になく怒涛だらけの2013年・・・何と言ってもまさかの北見移転だもの。そんな年を締め括るに相応しい最終ライブを終え、あとは年越しに向けてネコまっしぐら。

12/28(土)北見・夕焼けまつり「百歌繚乱・特別編 OPEN MIC!!」

参加数は総勢12組。持ち時間15分で次から次へとステージに上がる。開始時間に間に合ったミュージシャンでまずはアミダくじ。ボクは4番目、ヨメが5番目と、何故か夫婦でつながる不思議。

「百歌繚乱」は元来“アコースティック”で行われるイベントなのだが、みんな持ってくるギターが“エレアコ”。ヨメに至っては電子ピアノ持ち込み・・・

何かおかしくねえか?楽器の音をマイクで拾うのが本来の“アコースティック”じゃないのか?ええ?

・・・というワケで、ボクが使った楽器は多分、フェルナンデスZO-3が流行った頃に作られたであろう、寺田楽器製のストラトっぽい形のアンプ内蔵ミニエレキ。で、アンプの部分から出る音をマイクで拾う。これぞ正しく“アコースティック”。

そんな屁理屈をコキながら限られた持ち時間で何をやったのか・・・

①アイスクリーム(高田渡) ②ブルース(高田渡) ③ごあいさつ(高田渡) ④お年玉(所ジョージ/石田ひかり) ⑤カメムシくん(自作)

ハイ、以上5曲です。ご存じの通り、序盤3曲は高田渡さんのメドレー。フルコーラスやっても2分かからない。こういうイベントの時は便利なんでよく利用してます。札幌LOGでオープンマイクをやっていた頃、佐野和弘さんって方は「15分でオリジナル11曲フルコーラス」という伝説を作った。まだそこには及びません。

4曲目は“所ソング”を選択。作詞・作曲が所さん、歌は女優の石田ひかりさん。昔NHK「みんなのうた」で放送されていたんだけど音源のソフト化はされていない模様。今ではYouTubeも削除され、ちゃんと合っているのかどうか確認のしようが無い唄なんだけど、記憶をたどりながら「所さんの曲ならこんな具合だろう」と想像もしながら挑んだ。

で、唄うつもりじゃなかったんだけど周りが余りにも“カメムシ”の話題を持ちかけてくるので仕方なく「カメムシくん」で終了。期待に応えるのがプロフェッショナルであり、エンターテイナーである。へへん!ざまみろ!

前半の出番だったので、あとは共演者のステージをお気楽に呑みながら堪能。終わったのは10時半ぐらいだったろうか。それでもあっという間に時間が過ぎ去ったような印象。それだけ楽しいイベントだったってコトですネ。

終了後は「サイケデリック」で打上げ。もうすっかり忘年会気分で、共演者の皆様と呑み交わす。「歌唱力も演奏力もあるのに曲の内容がどこか変態」な自称「雰囲気イケメン」中原くんが我々夫婦に向かってふとつぶやいた。

「北見に来て1年経ってないのにみんなと馴染んでてすごいですネ・・・ボクなんか6年かかったんですョ!

ええ・・・特定外来種並みの図々しさ・厚かましさを兼ね備えてますから

そんなこんなで今年も暮れて、あともうちょっとで年も明けます。年明けからのライブの予定ですが・・・

皆無。・・・誘って頂けたら可能な限り出掛けますので、今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ 2013/12/29 20:34 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/200-f3b0b60f