旅の手錠 ~2013年11月9日・藤沢編~

野毛の朝は~眠ったまま~♪・・・とも行かず、きっちり午前中に目を覚ます。ツアー中、打上げで前夜3~4時まで呑んでも朝9時頃には起きれていた。そういうサイクルがきっちり出来上がったんだ。やったね!

今回は藤沢駅の近所に安い旅館を見つけたのでソチラへ予約。荷物を預けて鎌倉の大仏様を拝みに江ノ電の旅。

そんなこんなでツアーファイナルは去年もコチラだった藤沢市「インディアンサマー」。

インディアンサマー内観
アメリカを意識したような木材を主体とした内装で、フードメニューは中華が主体。でも美味しいんだ、ここの中華。19時にお店に入り、まずはチャーハンを頂き、リハを終えてからは酢鶏(黒酢仕立て)やキムチなどで酒を流しながら客入りを待つ。

待つ・・・待つ・・・あれ?・・・あれあれ?・・・前回も遅い時間になってからお客さんが集まり出したが、今年はもしや・・・きゃー!

と思っていたら、やっぱりお店が盛り上がりだしたのが23時前。チラホラとお客さんが集まり始め、ライブ開始は23時。

始まってすぐ、藤沢駅横の立ち飲み屋でライブをやっていたオマンKCさんが冷やかしにやって来た。多分、コチラのライブも終わった頃だろうと思って来たのだろうが、残念ながらこの時間から始まったんですね~・・・ふふふ。ざまみろ。

夜が深くなるにしたがってどんどんお客さんが集まり出す。ここはそういうお店。

23時半の最終で帰らなきゃ、というお客さんもいたが、その方がまた高田渡さんやなぎら健壱さんが大好きだというのでリクエスト大会に発展。「始発まで呑む!」と言うモンだから、引き止めちゃった手前、これは朝まで付き合わねば・・・まあ・・・3時4時まで呑んでもちゃんと起きれたし、何とかなるべ~・・・

・・・旅館へ戻ったのが、6時。ご夫婦で経営されている旅館らしいのだが、朝帰りしたところをおじさんにきっちり見られていた。「チェックアウトは10時ですから」「ハイ・・・わかりました・・・」と、申し訳なく部屋に戻って床に就く。

朝。起きると10時ちょっと前・・・ヤバイ!とそそくさと荷物を片付け、トイレへ行こうと部屋を出たところを(安い部屋は風呂・トイレ別だったので)掃除中のおじさんと遭遇!「もうそろそろ出ないと超過料金が・・・」「ああ・・・今、出ますので・・・」あたしゃ蕎麦屋の出前か?

結局チェックアウトしたのは10時過ぎ・・・それでも超過料金は取られず、おじさんも「これから何処へ向かうんですか?」と話しかけてくれた。

「これから北海道へ帰るんですけど、向こうの天気悪くて飛行機がちゃんと飛ぶかまだわからないんですよ」

「そうなんですか。それは大変ですね・・・地震もありましたしねえ・・・」

地震?はて、何のコト?今更、東日本大震災の話?東北じゃなくて北海道なんですけど・・・酔いと焦りで混乱していた頭の中で、その言葉の意味が理解できなかった。

やっと落ち着き、飯屋で携帯のニュースサイトを覗くと、朝方に東北で大きな地震があったのだとか。関東も結構揺れたらしいのだが・・・

全く気付かず寝てました。これでは寝ていた、というよりも「呑み過ぎて気絶」の方が近い。


そんな、最後の最後までマトモじゃない状態で終わった今回のツアー。飛行機の乗り遅れだけはしたくなかったので羽田へは昼前に着き、飯食いながらビール、まだ時間があるからビール・・・と呑んでばっか。おかげでかなり揺れの激しい飛行機の中でも半気絶状態で、気が付けば女満別空港に降り立つことが出来ました。

今度近江鉄道に乗る時は先に呑んで気絶しておけばいいんじゃね?


・・・以上、長々と綴って参りました「旅の手錠」2013年ツアー編、いかがでしたでしょうか?

またの機会をご贔屓に・・・では。



スポンサーサイト
[ 2013/11/13 22:19 ] 言いっ放し | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/189-b5739b68