携帯哀歌?

3年ほど前に購入した現在の携帯は、いわゆる「ガラケー」。当時は既にi-Phoneもあったし、他のメーカーからもスマホが出されていたが、そこを敢えて折り畳み式に。

それまでは縦型、若しくはスライド式だった。各メーカーがこぞって世界最小だの最軽量だのと競っていた頃である。主流は完全に折り畳み式全盛だったのに・・・今やスマホなんて縦型みたいなものだから、時代が戻ったのだとも言える。

現在の機種に変える際も「敢えての主流はずし」を狙っていたが、縦型ガラケーは絶滅寸前、スライド式なんぞ博物館クラスの化石・・・そのうち折り畳み式も絶滅するんだろうなあ・・・

さて、そんな現在の愛機に昨日、突然液晶画面が落ちるという不具合が発生。以来、パカッと開くと出てくるハズの元・日本生命野球部監督、高校野球解説でお馴染み「ミスターアマチュア野球」杉浦正則氏が現役で投げている姿の待ち受けが出てこない。

代わりに色のついた筋が上から下に走り、真っ暗になる。いろいろいじっていると今度は「ファミコンのカセットをちゃんと差し込まないで電源入れた状態」みたいな、同じパターンを何列も繰り返した画面になる。

予兆は先週ぐらいからあった。機体の外側にある、畳んだ状態でも時刻や着信相手が表示される小さな液晶が映らなくなった。それぐらいなら別にいいか・・・と思っていたところで、昨夜からこの調子である。

通話、メール送受信、サイトの閲覧など携帯電話としての機能は生きている。液晶が完全に開くと落ちる。でも120°ぐらいまでなら液晶が付く。だから90~120°を保ちながらテーブルに置いて指でボタンを操作する・・・まるでノートパソコンのようにすれば何とか使える。

いよいよ機種変かあ・・・と本日、携帯電話ショップへ。カタログで目を付けていた最新型ガラケーを希望したが、北見市内に在庫なし。取り寄せでも1週間はかかるという。

1週間も超小型ノートパソコンを使えってか?そいつはちょっとしのびない・・・

i-Phoneの新機種が出たばかりだからそちらに力を注いでいるのはわかるが、少しは昔ながらのユーザーやガラケー希望者への対応も考えて欲しい。機械を扱っているクセに故障やトラブルを速やかに解決したり、買い替えるにしてもすぐに対応出来る体制になっていない。

売り捌くコトしか考えてないのなら、それはただの「モノ売り」である。愛想良くリアカー引いてる行商のおばちゃんの方が「商売人」としては数倍上ではないか?

現行モデルなのに1週間も待たせるって・・・まさかの受注生産か?

イジイジ・・・コチラは不具合によって使いづらいから変えようとしている。1週間も待ってられない・・・

この際、行くか?スマホってヤツに!

・・・となると、まるで販売店の思惑通りになるような気がするしなあ・・・スマホも何かと不具合は多いらしいし・・・

私はどうしたらいいんでしょうかァ~!?

さっきは散々待たされた挙句に「在庫なし・取り寄せ1週間」と聞かされて泣きゲロ吐きながらショボショボ帰って来たが、また明日店員さんに相談してみよう。

でも、絶対にスマホ進めてくるよな、アイツらって・・・

スポンサーサイト
[ 2013/09/25 21:07 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/169-5b17e545