世界の国からこんにちは?

2020年の夏季五輪が東京で決まり、思わず頭の中で三波春夫先生が唄い出した。

「こんにちは~こんにちは~♪」

・・・あ。これは大阪万博の唄だったか。『東京五輪音頭』ってどんなんだったっけ?

とにかく、今はテレビを付ければその話題ばかり。投票の模様はNHKなんか夜通しで中継したらしいし、民放局も“一部を除けば”未明から特番を組んでいた。その“一部”とは、普段通りに通販番組を流し、速報のテロップだけ被せたという“テレビ東京”。

しかし、その時間帯にテレビにかじりついていた人ってどれぐらいいるんですかねェ~・・・一般市民、特に東京以外の地区の人はそんなに関心あったかナ?大体の人は寝てたと思う。「朝起きてから知った」ぐらいなもんじゃないだろうか。「頼む!是非東京で!」と眠れない夜を過ごしたのはきっと誘致に携わった企業や競技の関係者ぐらいなもんじゃないか?

前日にAM放送で札幌五輪の時の『虹と雪のバラード』が流れていた。よく聞くと変な歌詞。

「君の名を書く~オリンピックと~♪」

・・・オリンピックって名前の人がいるの?キラキラネームも真っ青だ。

それより、そもそも雪の季節に虹は出ない。


トワ・エ・モア・・・じゃなくて、とは言いつつ(だいぶ強引)正式種目の最後の一枠を決める委員会の中継は見てしまったワタシ。レスリングが一回目の投票で過半数を獲得したんだが、残りの票が野球・ソフトボールとスカッシュでほとんど割れていたコトに驚いた。

まさか「超マイナー」「テニスの亜流」みたいなスカッシュが野球・ソフトとビリ争い?とも思ったが、イギリスをはじめヨーロッパではそこそこ知名度があるらしい。そう考えれば野球だってアメリカ大陸と日本・韓国・台湾といった東アジア周辺しか盛り上がっていないと言える。世界規模では「どっちもどっち」ってコトですネ。


でも、東京開催決定で野球・ソフトボールが復活する可能性も少しは残っている、という。東京ならば既存の設備は充実してるし、国内の人気もあるから収入が見込めるのだとか。しかし、依然として「試合時間の短縮」という問題もあり、野球が「7回制」になるかもしれない。

ラッキー7とか言ってる場合じゃないョ!終わっちゃうんだもん、そこで。草野球なの?

試合時間の都合で野球を7回にするぐらいなら、初めから7回制で行うソフトボールだけにすればいい。第一「野球=男子」「ソフト=女子」って誰が決めたの?日本は女子野球も前回の世界大会で優勝するぐらい強豪だョ。

野球が採用になったとしても、日本もアメリカもプロ選手を参加させるかでまた一悶着ありそうだし・・・

まずは男子のソフトボール代表チームを編成してみればいいんじゃないか?

日本ハムにいい人材いるじゃん・・・大嶋クン。やっと野球に慣れたところでまたソフトボールも頑張れ!ってのはなかなか大変だけど、また違った「二刀流選手」誕生で盛り上がりそう・・・その前に現在本業のプロ野球で活躍しなきゃネ。


東京五輪、やるからには盛り上がってほしい。「震災地や原発事故を置き去りにしている」という批判もあるが、決まったからには復興へのスピードが上がるコトも期待できる。

汚染水ダラダラ漏らしている場合じゃないぞ東電さん!とっとと復旧!とっとと解決!とっとと賠償!それからでいいからスポンサーにでもなって開催を応援してやれ!


スポンサーサイト
[ 2013/09/09 16:44 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/165-f958332e