千葉くんについて

第95回全国高校野球選手権記念大会(要するに今年の夏の甲子園)はいよいよ明日が決勝。

東北の6代表のうち5校が初戦突破し、残された秋田商業へのプレッシャーは少し可哀想だった。揃っての初戦突破はならなかったけど「東北の勢い」が席巻した大会とも言えるかもしれない。

その「勢い」に乗ってベスト4まで勝ち残った日大山形と花巻東。悲願の「白河越え」の期待もかかったが、どちらも今日の準決勝で敗れた。白河の関は今年も大きく立ちはだかった。

東北ばかり注目していたら明日の決勝は「な~んだ・・・」ってなるが、群馬・前橋育英は「初出場初優勝」、延岡学園は「宮崎県勢初制覇」がかかっている。どちらにしても「初物尽くし」なのだ。

ふ~ぅ・・・ヘタな予想はしない。どちらも頑張ってほしい。勿論、明日もちゃんとテレビで観ます。


さて・・・今日敗れた花巻東だが、ちょっと「残念な形」で注目されてしまった選手がいる。2番バッターの千葉選手。

準々決勝の鳴門(徳島)戦、2塁走者として出塁した際の「サインを盗んで打者に教えているような動作」を主審に注意された。さらに打席では追い込まれてからファール狙いの「カット打法」で投手に球数を投げさせ、1安打4四球ですべて出塁して勝利へと導いた。

この「サイン疑惑」と「カット打法」という行為が審判団、さらにマスコミ、ネットユーザーまで巻き込んで大きく取り上げられている。

「サイン疑惑」については疑わしい行動が見て取れたから注意をしたハズである。確かに試合中の映像ではリードしながら常に飛んだり跳ねたり両腕をヒラヒラさせて「投げる球種やコースを伝えている」ととらわれても仕方ない動きをしているようには見える。

相手バッテリーを揺さぶるための動きだったら問題ない。「塁上から打席にサインを送っていた」というルール違反の意思があったかどうかはまだ不透明であるが、その規定を知らないハズがないと思う。やるにしたら、もっと「それっぽくないやり方」でやるんじゃないか?

まあ・・・選手も監督も上手いコトはぐらかしたようだし、真意はわからない。っつ~か、どっちでもいい。

それより問題は今日の準決勝、だ。千葉くんは早打ちで凡退ばかりしていた。

持ち味の「カット打法」が全然見られずに「おかしいな?」と思っていたら、こちちについても追い込まれてからの打ち方が「スイング」ではなく「バント」ではないか?と審判部から試合前に「イチャモン」をつけられたのだ。

敢えて言おう・・・これは、「イチャモン」だ。

156センチの低い身長。周囲はみんなもっと良い体格の部員ばかり。そこでレギュラーを取るにはどうしたらいいか?どうすればチームの為になるか?・・・実際に「ファールを打つ練習もしていた」と自身もコメントするほど、自負できるぐらいの努力で習得した「技」である。

「2ストライク後のカットはスリーバントと見なす」との通達・・・粋じゃないと言うか、クダラナイと言うか・・・全く、興醒めもいいところだ。あれはルール上の「バント」じゃなく、スイングを止めた状態・・・

そう、「ファミスタ・バント」なんだョ!

もしこれが「燃えプロ」だったらどうする?ホームラン連発だぜ?

そして・・・

オレは今日、千葉くんがどこまでファールで粘れるかを観たかったんだ!どこまで塁上で「怪しい動作」が出来るかを楽しみしてたんだよ!

寄ってたかって「いい歳こいた大人ども」が「小さな伏兵」1人をいじめている構図になっている。このままでは花巻東ナインはおろか、全力を出し切って敗れ去った他校の選手たちに対しても失礼じゃないか?

千葉くんのような、言っちゃ悪いが「小賢しい選手」って嫌いじゃない。むしろ、好きだ。体格は恵まれていないが足も速く、守備も上手い。外野まで飛ばせる打力も見せていた。これは一種の「個性」であり「才能」でもある。

主催者側からは「没収試合もありえる」と脅され、周囲からはバッシングとも受け取れるような反応・・・1人の高校生を、いい歳こいた大人どもがネチネチと粘っこく引っ掻き回そうとしていた。そう、千葉くんの「カット打法」のように・・・ネチネチと・・・

高校野球は大好きなんだけど、高野連を筆頭にした「高校野球界全体」のへんちくりんな体質・・・体育会系の連中っていつもこうだから馴染めないんだョ・・・

余計なお世話だけど、千葉くんには将来「指導する側」になってほしいナ。今のバッシングまがいも、そんなに時間もかからないうちに収束するハズ。今大会で得た経験(野球と、それ以外の)はなかなか味わえるものではない。それを生かせれば、良い後輩、良いチームを育てられそうな気がする。


スポンサーサイト
[ 2013/08/21 18:29 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/161-458c77d5