5日目にしてやっと・・・

珍しく?高校野球ネタをしばらく書いていなかったけど、ちゃんと試合はチェックしてますョ。

南北の代表決定戦を現場で観た北海道の2校。南・北照は移動中のカーラジオで、北・帯広大谷の試合はヨメの実家でテレビ観戦。


北照はほとんどいいところを出せず常総学院(茨城)に0-6で敗戦。

先発の大串選手は初回に主審から投球フォームについて指摘され、意識するあまり立ち上がりからペースが崩されてそのままズルズルと失点していたような印象だった。投球のリズムから守備・攻撃の態勢を作り勝ち上がってきたチームだから、ちょっとしたテンポの狂いが大きく響いてしまった。

公正を保つため主審が指摘するのは当然なのだが、そのフォームでこれまで投げてきたのだから急に正そうとするのはどうだろう。例えばチェンジの合間だったらベンチ前のキャッチボールで補正する時間が出来る。イニング中に打者を相手にしながら・・・ってのはあまりに酷じゃないか?


初出場の帯広大谷は善戦したものの福井商業(福井)に3-4で逆転負け。

今季、日ハム・栗山監督がよく使う「監督の責任」って言葉がまさにこの試合での帯大谷に当てはまっていた。解説者も「構えが遅い。送るなら先に構えてから」と言われ続けたバントの失敗が多過ぎ、何度もあった追加点のチャンスを潰していた。

普段からあまり練習していないのに、投球と同時に構えるセーフティー気味のバントを強いるのは「監督の責任」としか考えられない。8回まではリードしていたんだし、併殺を恐れず振り回した方が相手は脅威に感じるに違いない。初出場で、相手は強豪・・・「気張り過ぎ」が監督から選手に伝染したような試合だった。


高校野球ファンとして見逃せなかったのが、浦和学院(埼玉)vs仙台育英(宮城)の「いきなり初戦対決」。

春の選抜を制した浦和だが、少しオゴリがあったのではないか?2年生エース・小島クンを引っ張りすぎた。継投は頭に入れず、投げさせてさえいれば負けるワケがない!というチーム作りが見えた。初回6点を奪われた時点で普通なら交代も考える。その後は立ち直ってはいたが、何しろ序盤で球数を使い過ぎた。

対する仙台育英は地区大会で交互に先発させるなど「2枚看板」体制をしっかり整えていた。どちらかが崩れても、もう一方で立て直しを図れる。実際に先発・鈴木クンが捕まり逆転された3回途中でもう1枚・馬場クンへスパッと切り替えた。4回に追加点は許したものの、それ以降は完全に浦和打線を封じていた。

終わってみれば11x-10。9回裏、180球以上投げていた小島クンがピンチで交代を嫌がり、代わったばかりの山口クンを打ち崩して仙台育英がサヨナラで決めた。投手力を含めた「チーム作りの差」が勝敗を決めた試合だったと思う。


ワンマンチームで勝ち上がるのって、本当に難しいよネ・・・強かったチームは「絶対的エース」がいるのは勿論だけど、ちゃんともう1枚は用意が出来ている。攻撃面も主軸がダメでもそれをカバーできる打者がいるチームはおのずと勝ち進んでいく。


さて、これからどうなるか・・・まだまだ目が離せませんな!

スポンサーサイト
[ 2013/08/12 14:42 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/159-1b4b1172