松っちゃんとアンポンタンク

7/31(水)、北見・夕焼けまつり。

このお店に初めて行ったのは4月末、hopesign氏のツアーの際。それから6月の佐渡山豊さんと長津宏文親分のライブを観に行き、先日も湊さん(網走市の某ゆるキャラの中身らしい)主催の定期イベント「百歌繚乱」も観戦。ず~っと、客として足を運んでいた。

そして、いよいよ「出演者」として行く日が来た。

東京在住で全国を唄い廻る大先輩・松山隆宏さんと、サポートで旭川を代表するオモロい漫談家?いや、実は道内ハードロック界では知る人ぞ知るベーシスト・TANK宮本さん。このお二人によるライブの前座として出演を申し込んだ。

うん。前座・・・のハズだった。

リハの最中、TANKさんが「俺たちが前座でもいいぐらい」と冗談まじりに言っており、その時は勿論冗談だと思っていた。トコロがドッコイ!都合により最初の1時間ぐらいしか居られないお客さんがいたので、急遽松山さんたちが最初にステージへ上がり、1部と2部の間、要するに「幕間」にボクが出る事態に。

寄席でもイロモノは幕間だし・・・ん?出演者全員イロモノみたいじゃんか・・・

20時オンタイムで臨もうとチビチビと珈琲酎を呑みながら調整したのだが、結局出番までに3杯ぐらい呑んじゃった。

松ちゃんとアンポンタンク
アンポンタンク

松山さんの笑いあり、涙ありの唄に、時に優しく、時にキレのいいチョッパーを決めるTANKさんのベース・・・いつ観ても飽きさせません。MCの掛け合いはすっかり名物ですし。

最後まで打ち上げに残って下さったお客さんと、ウチのヨメ、そして池本マスターとみんなで1枚。
夕焼けファミリー?
アタシ・・・この時点で結構な泥酔です・・・ポーズに悪意はありません。多分。

やっと漕ぎ着けた北見初ライブ。共演を了承して下さった皆様、そして初めてボクの生唄を聴いたであろうご来場して下さった皆様に改めて御礼申し上げます。


池本マスターより、8月もまたお誘いいただきました。

8/29(木) 詳細未定
出演・・・佐藤“GWAN”博、菊池隼人

GWANさんと言えば70年代のアングラシーンを直に経験した方。音楽、役者、放送作家など様々な分野で活躍されている。ヨメの記憶によると確か高田渡さんから「ブラザー軒」のカバーを勧められたとか・・・

これまた大々先輩の前座です・・・ミスター前座マン。
スポンサーサイト
[ 2013/08/01 12:23 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/155-22004049