旅の記録 ~札幌遠征ライブと高校野球観戦~

7/19(金)、澄川・モダンタイムでのライブ。出演順・・・門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)

札幌市内ではプロ野球オールスターゲーム第1戦はあるし、他のお店でのライブやイベントも盛りだくさんの日取り。

群馬からやって来たmitiさんの為にも、久々のモダンタイムの為にも何とか集客をがんばりたかったけど・・・ちょっと残念でした。でも共演をお願いした門前さんはモダンタイムはほとんど主戦場だし、初参戦の内藤くんにもお願いして良かった。トリのmitiさんもビシッと締めて頂いたし、これでまた新しい結びつきが繋がったのなら、微力ながらそのお手伝いは出来たのかな、と思っております。

皆さん、お疲れ様でした。


で、時間は前後して19日の昼・・・旭川スタルヒン球場に寄り道。

そして、翌20日、さらに21日と・・・札幌円山球場へ。

今年の夏の甲子園へ出場する北海道代表2校の決定の瞬間に立ち会えた。

北北海道は帯広大谷。旭川南は先制したが、満塁のピンチをしのぎ切れず同点にされ、決勝点も満塁からの押し出し死球・・・春も合わせて初めての甲子園を狙う帯大谷の勢いに押された感じだった。

球場が球場だけに地元・旭南を応援する観客が多かった。ボクは勿論、一応は十勝出身者として帯大谷を贔屓目に見ていた。でも、最後は勝利を称える大きな拍手・・・そうだよな~・・・昔は支部予選敗退組だったもん。当たったチームは「ああ、大谷なら初戦は勝てるね~」ぐらい・・・いや、しっかり強くなりました。

旭南リード、追加点のチャンスでリリーフした帯大谷の佐藤投手が凄かった。ランナーを背負った場面なのに初球でいきなり山なりのスローカーブ!旭南をすっかり翻弄、追加点を与えなかったのが勝利に結びついた。

南大会、準決勝2試合が北照vs函館大有斗、駒大苫小牧vs函館大柏稜という、どちらも「甲子園常連校vs函館大附属」対決。残念ながら函館勢2校が負けて、決勝戦は北照と駒苫、まさに「横綱対決」。

同点に追いつかれ迎えた9回、北照がノーアウトから8連打、さらに押し出しで一挙6点・・・春季大会決勝で敗れた駒苫を豪快に打ち崩し雪辱を晴らした。

ボクは勝敗を分けた点は2つあった、と思う。

まず1つは北照のエース・大串選手。準決勝はリードされた場面からリリーフ登板し後続を抑え、味方の逆転を呼び込んだ。そして先発した決勝。駒苫打線が攻略しつつあったんだけど、絶妙な牽制球で走者を次々とアウトにしていく。牽制で場内を沸かせる投手なんてなかなかいないよ。駒苫が2点先制しさらに1死満塁の場面・・・鋭いライナーをしっかり捕球し併殺、追加点を許さなかったのも大きかった。

もう1つは、守備陣の意表を突く絶妙なタイミングで繰り出されるセーフティーバント。駒苫ナインの心をことごとくへし折っていく・・・

ほぼ満員の円山球場、雰囲気は駒苫応援が優勢だったかなァ・・・優勝時のキャプテン・佐々木くんが監督ってのもあるけど、大音量でビシッと息の合った全校応援の迫力もあったのかな?生徒数の関係で北照はいつも管楽器がなくて太鼓と声援だけだからもっと強調されていただけなのか・・・


こうして3日で計4試合を現地観戦・・・天気も良くてすっかり日焼けで真っ赤になっちゃったけど、それすらも感じさせないような目の離せない試合ばかりでした。


「お前は高校野球を観に行ったのか!ライブじゃないのか!」と怒られそうなぐらい野球ネタばかりでしたが・・・まあ、いいじゃないですか。南北2大会の決勝戦を一気に観る機会なんて今後もなさそうな経験なんですから。そう言えば、札幌で2泊した間にラーメンは1度も食べなかったなァ・・・それもボクにとっちゃ珍しい経験です。


絶妙な日程に「札幌でライブできませんか?」と連絡してくれたmitiさんに感謝です。


ふう・・・1週あけて、また札幌です・・・


7/28(日)
「中ちゃんオンステージ」
19:00~ ¥1000(要オーダー)
出演…中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388


北見移転後初ライブ!


7/31(水)
「松山隆宏 北海道ツアー」
20:00~ ¥2500(ワンドリンク付き
出演…松山隆宏 with タンク宮本(ベース)
オープニング…菊池隼人
ライブハウス 夕焼けまつり
北見市3条西2丁目 AMビル
0157-23-5819


高校球児に負けないぐらいの熱いステージ!・・・ってのは無理なので、自分なりに、それなりに頑張ります。

スポンサーサイト
[ 2013/07/22 22:13 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/150-4dc0fbbe