路上禁止に思ふ事(昔話)

札幌・狸小路での路上パフォーマンスが全面禁止になるらしい、とLOGで共演したことのある八幡としきくんのツイッターで知った。関係者はみんな「今後は大通公園で・・・」と続ける。

え?ススキノじゃないんだ・・・

ボクがススキノをうろついていた頃は「大通公園=初心者」「狸小路=中級~一般向け」「ロビンソン界隈=ゆずのマネ」「南5条以南=マニアック」という図式だった。南へ行くほど濃度が高まる。

ボクは勿論、濃いめの領域でいつも唄っていた。

あの頃はまだ呑兵衛の活気や、花街独特の異様な臭気がまだ残っていた。全盛期を知らずにやって来たボクらの世代でも、やはり最初は近寄り難い雰囲気だった。ヤクザもいる。ヤク中もいれば売人もいるし、売春おばさんやホモのジジイ、明らかなアル中、神憑ったような危ない眼つき・・・普段なら近寄りたくないような魑魅魍魎たちがうじゃうじゃとうごめいていた。

しかし毎日のように唄っていたら、いつの間にかそういう「魑魅魍魎」の方からコチラに近寄ってくるようになった。何故だろう、同じニオイがしたのかしら?そうか、焼酎四合瓶を唄いながら一晩で飲み干すのを日課にしていたからなあ・・・

そんな具合だからススキノ交番の警察官ともすっかり顔馴染みになり(捕まったワケじゃないョ)、「寒いのにまだやってるの?」「また呑んでるのか」「変なヤツ、見かけなかったか?」など、パトロール中に話しかけてくる警官もいた。ついには、たまに絡んできた酔っ払いとの口喧嘩で通報されても「ああ、君か・・・」と言われるまでに。

ボクはお盆の時期と年末年始は、ちょっとお金を貯めるために田舎に帰ってアルバイトをしていた。しかしある年の8月、翌日に帰省すると決めていたのだが、その日に突然警察が動き出し「路上排除」を始めた。どうやら新宿で注意に来た警官を殴ったミュージシャンがいたらしく、そのあおりでススキノも一斉排除に・・・

近くでいつも尾崎豊を唄っていた人が、警官に怒鳴っていた。いつもは物腰もやわらかく、人の良さそうな感じだったのに、ものすごい剣幕で立ち向かっていたのを覚えている。

「いやあ、そんな事があったからさあ・・・」申し訳なさそうに顔を知っているお巡りさんが伝えてきた。「明日からしばらくここには来ないんですけど、いつになったら大丈夫ですか?」と聞いたら「それははっきりとは言えないんだけど、今までは『黙認』してきただけだから、本来はダメなんだわ。」

1か月後。札幌へ戻りちょっとススキノを覗いてみたら、あの尾崎豊の人は今まで通り唄っていた。「大丈夫でしたか?」「いやあ、次の週には何も言われなくなったよ」・・・どうやらボクはビビって居なくなったように思っていたらしい。


あくまでも公共の道路の傍らで騒音を立てるなど「違法行為」である。そこを突っ込まれれば黙って立ち退くか、或いは逮捕される覚悟を固めるかしかない。本気で「道路使用許可」を取ろうかととも考えたが、お巡りさん曰く「まず無理だネ」と一蹴。それでもなるべく問題は起こさず、波風を立てぬようにと思ってやっていた。

でも、再三に渡り注意喚起されたにもかかわらず無視するヤカラが絶対に出てくる。今回の狸小路の「路上排除」はやはり「アンプの使用」らしいのだが、ボクらがやっていた頃にもドラムセットからアンプ、PA一式に発電機まで持ち込むバンドが現れ、それはそれはもう大迷惑だったのを思い出した。「そりゃねえよなあ」と見ていたら、ススキノ交番総出で一気に蹴散らされていた。

あとはゴミの問題。空き缶やら切れた弦をその場に残して帰る奴らは昔からいた。ボクはいつも身の回りだけでなく、目の届く範囲だけでも吸殻を拾って捨てていた。よく唄っていたビルのオーナーさんに「君はいつも片付けてるみたいだけど、たまにここにいる奴らが酷いんだよ・・・」と嘆いていた。それ以来、ボクは別の場所で唄っていても帰りにそこが汚かったら片付けるようにしていた。


街行く人の全員が全員、自分たちの味方ではない。むしろ迷惑がっている人の方が多い。目の前を黙って通り過ぎていく人達が多いのは、決して「自分たちの音楽が通じていない」のではなく、「今、ここで音楽を聴く体勢にない人」が多いだけ。そんな人に対していくら大音量をぶつけても、それはただの「騒音」にしかならない。そこをわからないでただギャーギャー騒ぐのなら、莫迦にも程があるっていうものだ。



ま・・・偉そうに言ってますが、当時のボクはそんなの気付くワケもなく、「莫迦の騒音垂れ流し」になってましたがネ・・・でも、生活も掛かっていたし、殺伐とした雰囲気の中で居場所を示すためには、「生声で誰よりも大きくはっきりと唄う」「生ギターは手を抜かずちゃんと弾く」ってのが命題だったんです。

売れたい、とか、目立ちたい、とか、チヤホヤされたい、とかの目的でやるんなら狸小路でもいいけど、本気で自分の音楽と向き合うのなら・・・

やっぱ、ススキノしかないっショ!

やってみぃ~・・・良い事もたまにあるけど、ほとんど嫌な事の方が多いョ~・・・なかなかできない怖い経験もできるかもョ~・・・



ちなみに、あの頃の交番勤務のお巡りさんたちは異動などですっかり替わってます。何かあっても、ボクの名前は出さないでください。今は北見で平穏に暮らしておりますので、巻き込まないで下さい。

スポンサーサイト
[ 2013/06/15 18:31 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(2)

ご無沙汰

お久しぶりです。

え・・・すすきのダメになるの?
狸小路まで?

尾崎豊歌っていた人って
僕じゃないですよね・・・?
[ 2013/06/26 01:04 ] [ 編集 ]

返信、遅れてやんの・・・

すみません、コメント気付かずに・・・
狸小路はほぼ完全に規制、薄野はまだ大丈夫なようです。
ええ、尾崎を唄っていた方ですか?五条ビルのローソン(現・ファミマ)によく居ましたっけ?だとしたらそうかもです。
[ 2013/07/08 14:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/139-1102d288