そしてまた・・・

「北見市民」として「外様気分」で乗り込んだハズの札幌LOG2夜連続ライブ。


25日(土)。出演順・・・オクヤマケイ、伊藤義彦、長津宏文、Shinobu、隼人。

日程だけは押さえてあり、詳細をコチラで決めると言っておきながら共演者選びは難航。どうするどうする?と協議を重ねた結果、何となく「伊藤さんに」とオファー。札幌ラスト月間の3月は毎週のように顔を合わせていたから向こうも飽きちゃったんじゃないか?と心配していたけど快い返事が来たので、長津さんとケイくんを交えてやっちまおうというライブ。

この日一番驚いたのは伊藤さんの近況報告。MCで突然の・・・

ここから先はご本人のライブでお確かめください。しばらくはテッパンネタにするらしいので。

打ち上げ途中でKCさんが乱入し、相も変わらずの乱入ぶりでついぞ遅くまで呑んでしまう。


翌26日(日)。中ちゃんオンステージ。

実は連休明けに頼まれていた老人施設での営業(いわゆる「痴呆」営業)がどうしても行けないので、長津さんが臨時ギタリストとしてとんぺー氏(ex.武田組)にお願いしていた。その際「ロックギタリストとしてのクセ」が抜けないとんぺー氏の伴奏が中ちゃんとしてはやり辛かったらしく、「いや~唄い易い!間違っても誤魔化してくれる!」ってべた褒めされちゃいました。

今回の中ちゃん最大の「唄い間違い」。河島英五の名曲『時代おくれ』。

「好きな誰かを思い続ける 時代おくれの男になりたい」という聞かせ所のフレーズを、

「好きな『男』を思い続ける~」と熱唱。その時、店内は崩れ落ちた。ま、こういう間違いはいつものコトでコチラはもう慣れたものである。

しかしさ~・・・「外様気分」っつ~か一応は北見から遠路はるばる札幌へ出かけたのに、この日は長津さんもケイくんも不在で結局夫婦で店番切り盛りって・・・思わず「ゲスト扱いしろ~!」と叫んでしまいました。

LOGお開きにして161倉庫へ流れ込む。ちょうどたかしなひろゆきさんや門前浩一郎さん、快楽亭ブラックの田代さんなどが打ち上げ中で、KCさんのサポートでとんぺー氏も居たので「中ちゃんがね~」と告げ口。結局、ここでもまた残ったメンバーで莫迦話に花を咲かせて深酒。


で、来月もまたLOG行くんですけどネ・・・しかもまた2Days。懲りね~な、ワシらも。


6/28(金) 共演・・・門前浩一郎、長津宏文、他
29(土) 共演・・・泥屋、ラスタ、宿無ノ以蔵、長津宏文、Shinobu、他
(両日とも20:00~ ¥1500ワンドリンク付)


そうやって月イチで出てたら「コイツら、実は札幌に居るんじゃね?北見とか嘘じゃね?」と思われそうですが・・・

6月か7月初めまでには「新地元」北見でのライブにこぎつけたいッス。


スポンサーサイト
[ 2013/05/27 23:00 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/134-bbc157ca