「裏フォーク研究室」のご紹介

先日、当ブログ内にて少し触れましたなんちゃって防音壁「裏フォーク研究室」ですが、見事に完成の運びと相成りました。

NASA、JAXA、WHO、BBQなど世界中の機関の協力により実現した最先端技術の結晶です!


手作り防音壁
段ボールを2枚重ねにすることにより、適度な強度としなりを両立。音の吸収と反発のバランスも綿密に計算し、波型のボール紙をさらに重ね張り。


防音壁表側
外側からわかるように、デザインはいたってシンプルかつダイナミック。洗練されたフォルムは次の火星探査機に応用される見通し。「日本通運」のスポンサーロゴも各所に配しているので、記者会見用のついたてとしても兼用できる。


防音壁折り畳みの図
使わない時はこのようにコンパクトに折り畳み、すっきり収納。限られたスペースを有効に使えるよう考慮。軽い素材で出来ているので、頑張れば一人で持ち運びも可能である。


こちらの折り畳み式防音壁「裏フォーク研究室」は現在、実用新案並びに特許取得を目指し、盛んにロビー活動中を行っております。また、量産体制が整っておらず、しばらくは受注生産を予定しておりますので、購入を検討している方は是非当研究所まで気軽にご相談ください。


以上、半分以上「嘘っぱち」の商品説明でした。


(本気で受注すんじゃねえぞ・・・作るの、結構大変だったんだからョ・・・)
スポンサーサイト
[ 2013/05/07 18:06 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(2)

うーむ。

とにかくまあ、衝立状の段ボールの板だ、ということは解った。

っつーか、それ以外の物には見えん。

『研究室』の要素はどんな裏コマンドで出現するんだ?
[ 2013/05/07 20:43 ] [ 編集 ]

ええ、まあ、その…

コヤツを設置した部屋が研究室になる、ってコトで。まだまだプロトタイプなんで、今後は超合金製にして操縦できるようにしてみます。
[ 2013/05/07 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/126-b7d45833