ここが「雑」だよ?北見市内

北見での暮らしも早2週間が経過。ヨメは作業着で芝刈りへ、ダンナは川で洗濯を・・・ってな具合で「専業主夫」街道まっしぐらのアタクシでございます。

買い出しやらでクルマに乗る機会も多く、ついでに町を知ろうと遠回りしてみたり知らない道へ入ってみたりしているんだが、これがまた不思議な風土でして・・・

ツイッター並びにフェイスブックで北見の印象を「雑」の一言で括ってみたのだが、どうやら一部より「雑ってどういうコト?」と疑問符がぷかりぷかり浮かんでいるみたいなので、具体的にどういうところが「雑」なのか、ちょいと書き並べてみたいと思うわけです。


まず、気候。

春先なので当然かと思うが、最低・最高気温の差が結構激しい。朝方は0℃前後で、最高は10℃前後。それだけなら季節的にありあえるけど、最高気温は大抵午前中に記録しているようだ。朝はすんごい快晴であたたかくなりそうだなァ~・・・と油断していると、昼過ぎに急に曇り出しググンと冷え込む。家で窓を開けっぱなしにしていたり、薄着のまま外へ出たりすると、切ない昼下がりを味わう羽目になる。


そして、地理。

住処のある西北見地区はもともと農地で、そこに近年大型ショッピングセンターが立ち並び、住宅街も出来上がってきたらしい。なので、大きい通りは整備されているが、一本入ると砂利道である。しかもほとんどが袋小路。抜け道かと思い入ってみると住宅しかない行き止まりで、近隣住民の不審げな視線を浴びてUターンするのみである。

実際、我が家の前は砂利道、しかもかなりのぬかるみに砂利を敷き詰めただけなので、うっかりすると泥にハマる。クルマも、人間も。


続きまして、交通。

はっきり言うけど、北見のドライバーは「下手くそ」が多い。みんなあまり飛ばさない。勿論「安全運転」の観点では歓迎なのだが、「ひとり安全運転」ばかり。要するに、交通の流れだったり、周囲への気配りの為のゆっくり運転ではなく、自分さえ良ければオーライ!とでも言わんばかりの身勝手さ。ある程度固まって走ってくれた方が右折待ちの時なんか曲がりやすいのだが、飛ばすわけでもなく、車間を詰めるわけでもなく、ちんたらちんたらと微妙な間隔で直進車が来るのでなかなか曲がれない。で、そのクセに大型店の駐車場は我が物顔ですっ飛んで来るんだよ・・・

あと、「片側2車線のどちらかだけがやたら混む」ってのもある。例えば直進したいが前方に左折車がいて混んでいたなら右車線に移ればいいのに、ひたすら左車線をキープしたがる。車線変更があまり得意ではないようなのだが、目的の交差点の近くになって急にアイルトン・セナばりの幅寄せをしてくるから、都会の忙しなさに慣れた札幌ドライバーはナイジェル・マンセルにならざるを得ない。

多分、道の作りと交通量が釣り合ってない。だから、横やバックミラーをあまり気にせず、前しか見てないんじゃないか?と、思う。


さて最後に、買い物に行くと気になる点。

何故か「特定の品物だけが切れている」。特に安売りしてるってコトでもなく、ごま塩だけ、とか、芳香剤の特定の香りだけ、といった具合に棚が空になっている。「よく売れるから多めに仕入れよう」とか、「棚が空きそうだから在庫を出そう」という姿勢が感じられない。「売り切れたモンは売り切れ!」「そもそも在庫なんてないんだよ!」「隣の別のヤツ買って!似てるでしょ?」とでも言いたいのか・・・


・・・と、ま~そんなワケでして、一応生まれは同じ道東の十勝、しかも旧・ふるさと銀河線沿線だというのに、これほどまで何かと違うものか!と面喰っている状態です。

札幌とも違うし、帯広ともまた一味違う、ちょっと独特の雰囲気を持った街・・・

本当にもう、毎日が「超・北見」です。


・・・いろいろグチグチ言わしてもらいましたが、それでも何かとそれなりには楽しんではいますがネ・・・
スポンサーサイト
[ 2013/04/13 22:54 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/121-96b63419