雪は降る・・・除雪は来ない~♪

ええっと・・・次の札幌市長選っていつだっけ?ってか前回っていつやった?

ふと気になって調べると、前回の市長選は昨年4月・・・ああそうだ。震災のすぐ後で「自粛選挙」とか言われていたんだ。それであんまり印象に残っていなかったんだネ。

で、確か任期は4年だから、次の選挙は2015年、か。すなわち・・・

向こう3シーズンは除雪・排雪の行き届かない冬を越さねばならんのか。

12月としては異常な降雪量なのはわかるが、このまま降り積もれば雪になれた札幌市民と言えども生活に支障をきたす。いや、既に障害は出ている。市内のあらゆるところで大渋滞が起きている。

「車道の路肩から1メートル残す」というヘンテコリンな除雪方針。その残した1メートルがやがて雪山になり崩れれば1車線分は簡単に塞ぐ。そんなの子供でもわかるよ、雪国に暮らしていれば。

もしかして市長の上田文雄サンって道外出身者だから雪についてよくわかっていらっしゃらないのではないか?と思い調べてみたら・・・幕別町出身?

なんだ、十勝の特産品「ダメな政治家」の一人だったか。

ちなみに他には鈴木宗男サンとか石川知裕クンでしょ、あと若干品種は違うけどゆかりのある中川昭一サンあたりも代表格になりますかねえ・・・

ともかく「特産品の一人」上田サンが市長でいる限り、札幌の冬の交通事情は改善されないような気がしてならない。

ツルツル路面も凸凹路面も百歩譲っていいから、とにかく早く雪持ってけよ!

「排雪量の抑制」とか寝ぼけたコト言ってねえでとっとと堆積場を使えるようにしろ!

予算なんて後回しにしてでも除雪作業を早急に進めろ!

談合や癒着は何かと問題視されるけど、決して悪い側面ばかりじゃない。癒着体質を排除した途端、雪対策が疎かになったのではないか?やっぱり談合してでも慣れている業者に任せるべきじゃないのか?今年みたいな異常な事態でもお抱えの業者に任せてしまえばもっと素早く柔軟に対応できたのでは?

「市民の視点」から「癒着体質からの脱却」って政策を出したのだろうけど、現状はかなり「視点」から逸れている印象だ。予算を出し惜しんだ結果、仕事欲しさで安請負するだけのロクでもない業者に委託したんじゃないの?

今冬はもう「災害」レベルと言っていいと思う。自然現象を操れない限り、何が起こっても耐えうる備えはしておかないと・・・

どうせ「まだまだ先の話だ」とか言って、雪捨て場はおろか除排雪体制の準備・手配すら整っていなかったんだろ?「ちゃちゃっと搔いちまえばどうにかなるべ」としか考えてなかったんだろ?ええ?

だとしたらこの雪による混乱は「人災」と言い切っていいのではないでしょうか。

万全策なんてないのは知ってるけど、もうちょっとマシなやり方もあるだろうに・・・

スポンサーサイト
[ 2012/12/25 18:13 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/109-e2a80f6c