ツアー報告書「関東三番勝負」後編・・・って前編は?

神奈川、暖かったなあ・・・湘南も鎌倉も、良い天気だったなあ・・・北海道は豪雪で大荒れだって?いや~あ・・・

本当に、帰って来たくなかった。
許されるならこのまま居座ってやりたいぐらいだ。


12/7~12、移動その他含め約1週間でわずか3ヶ所という、「ツアー」と呼ぶには実にゆるゆるな日程だった「関東三番勝負」。初日の7日は地震で大歓迎ムード、最終移動日は帰りを惜しむかのような北朝鮮のミサイル発射と、世間は何かと慌ただしかったようで。

で、帰ってきたら大雪と来たもんだ。

前半の10日まではヨメ・Shinobuと同行。その間のコトはヨメがブログで書いているようなので、ソチラを「ツアー報告書・前編」というコトにして割愛させて頂きます。あしからず・・・

10日。先に札幌へ戻るヨメを見送り、ここから初の一人旅が始まる。

この夜は横浜・野毛「Okey-Dokey」。以前にKCさんやヌ永井さんも出ていたらしく、それはそれでどうなんだろう・・・と思っていたら、やはりこの日の共演はなかなかに味わい深い顔触れでした。

1組目は4人組「RED ECHO STANDARD」。本職はキーボードの森下さん(クマさん)がギターを弾きたくて2年前に、ベーシストに至っては本来はギタリストでベースを初めて半年、という「自称・ビギナーズバンド」。4人それぞれボーカルパートを取り、ノリのいい演奏で雰囲気を盛り上げる。

2組目は前のバンドのクマさんが本職・キーボードに戻り、さらにドラム・キタさんとツインボーカルで正統派ロックンロールをぶちかます「クマさんキタさん」(from静岡)。時折見せるスティックさばきや、立ち上がりながら鍵盤をたたき歌い上げるスタイルは見応えも聴き応えも充分でした。

3組目、千葉からお越しの「田中えみり♪」さん。この方がなかなかの曲者加減で、ボクにしてみれば大好物でした。かなりエグイ歌詞をアイドル声で唄い、「いろんな場所を出禁になった」という逸話も頷ける。まあ、少なくともボクが出入りしている札幌のお店なら大丈夫かと・・・L○Gとか161○庫とか・・・佐藤○央を基準にすれば問題ないと思う。

ご自身のブログで映像(歌詞字幕付き)が掲載してあったので、気になったらチェックしといて下さい。

西の静岡、東の千葉と続きまして、北の僻地からやって来たワタクシが4組目。セットリストは忘れたけど、初めての場所用自己紹介的セットリストで。

トリは唯一の地元勢「スカンクちかの」さん。数年前に札幌「才谷屋」でご一緒してから久々の再会。当時より少~~しだけふくよかになったボクに気付かなかったようで・・・ドブロギター、スライドバー、さらに銅線で手作りしたホルダーでカズーを吹きながら、独特の間合いと音色の日本語ブルース。始まる前にマスター・クボさんに「トリですよ」と言われて「また人に呑めっていうのかい?いっつも言われなくても呑むけど」・・・ライブ中にもツマミや酒をがんがん注文してました。

静岡、千葉から日帰りだったみなさんはゆっくりできなかったけど、ちかのさんとマスター・クボさんとでお店で軽い打ち上げ。その後、ちかのさんの紹介で同じビルの地下にある「サムズバー」へ流れ軽く呑み直す。こちらもライブの出来るお店で、マスターは横浜関係のバンドマンやフォークシンガーとも交友があるらしい。本棚の一番目立つところに「高田渡読本」を見つけ、思わずお近づきの印に音源を渡しておきました。

いい加減いい塩梅になったところでお開き。宿は人生初のカプセルホテル。そこに大きなトランク&ギターケース&我が肉体を詰め込む。「おいおい、こんなんで寝れんのか?」という当初の不安をヨソにかなりグッスリ・・・

11日、最後の開場は藤沢市「インディアンサマー」。宿は隣駅・辻堂。前夜のカプセルとは大違いのセミダブルベッド独り占め!ついてすぐ、大の字。

18時くらいに藤沢へ移動、駅を出たら黒山の人だかり・・・どうやら大物政治家さんが演説し終えたところらしく、全然身動きが取れない。流されるように人込みを抜けようとしたら「○○実現党で~す!」とビラ撒いていた。さらに邪魔・・・どけろ、このカス諸派!

カントリー調に統一された店内。「ご飯食べるかい?チャーハンでいい?」と優しく接してくれるマスター。札幌勢では長津さんの紹介でもあり、大野真虎さんもお世話になっているお店。チャーハンが美味い!と思ったら、フードメニューがほとんど中華!お店やマスター・ハマさんの出で立ちと胡麻油や黒酢が絶妙な不釣り合い。でも他のお料理もとても美味。

一応20時開始、ってコトにしてたんだが、「もう少し経てば常連の人とか集まり出すからもうちょっと待ちましょう」と言ってくれる。客入りはまばら・・・本当に来るのかしら・・・「まあ、呑みながらゆっくりしてて」と次々に酒を注がれる。仕舞いには紹介してくれたトモコさんや数人と中華をツマミつつ呑んでダベるという「打ち上げモード」に。

しかしかしかし・・・21時過ぎ、本当にぞろぞろとお客さんが集まり出した。「すいません、そろそろ唄わないとボク、このまま呑んで帰っちゃいそうなんで・・・」と21時半頃にライブ開始。完全ワンマンだったので休憩挟んでの2部構成、さらにリクエストも頂いて、終わったのは1時過ぎと記憶している。休み休みでも唄いっぱなしでおよそ3時間半・・・その間にもお客さんは入れ代わり立ち代わり、投げ銭もそこそこ増えてゆく・・・気に入ってくれた方もCDを買ってくれた。

別の地で迎えた年内最後のライブ・・・はっきり言って、悔い無し。

そして最終移動日の12日朝、目覚めたらテレビはミサイル祭。穏やかじゃねえなあ・・・コッチはこんなに天気がいいってえのに・・・よし!ちょいと時間もあるから観光しようじゃねえか!ってんで陽気につられ軽く遠回り、鎌倉へ。時間の都合で鶴岡八幡宮しか行けなかったが、ちょっとだけ歴史に触れる。

帰りの飛行機も無事定刻で新千歳へ。晴天に恵まれた関東より寒いのは承知だが、ギャーギャー騒ぐほど雪も無いじゃん。明日は休みだし、バスでゆっくり札幌へ向かおっかしら~ん・・・

と気楽に構えていたら、雪が少なかったのは空港近辺だけだった・・・

高速、事故で大渋滞。36号線、デコボコ路面で大渋滞。札幌ドームの時点で1時間以上遅れ。

ガタガタと激しく揺す振られ、寝るに寝られぬ3時間・・・それだけ遅れたってえのに北24条まで足を延ばして「あんただーれ」で一人打ち上げ。軽く呑むつもりがなんやかんやで終電を乗り過ごしてしまい、「ちょっと呑んでから帰るよ~」と伝えていたヨメに帰ってからこっぴどく叱られたのは言うまでもない・・・

っつ~具合の旅でした。ちゃんちゃん♪


帰宅後、疲れが出たのか、先週末あたりに扁桃腺炎をこじらせてしまった。更新が遅れたのはそのためです。

ツアー用に多めに休みを取ったのに、さらにバイトを休む羽目になった。今月は半月ぐらいしか働いてないんじゃないか?大丈夫か?オレの生活・・・

でも、また行きたいネ。今回行けなかった土地、お店も合わせて、ゆっくり全国行脚してみたい。そうするにはまず・・・

カネ。ですな。


なお、道中に撮った写真は後日改めてアップしますので、今回は活字のみで簡単に?ご報告いたします。

スポンサーサイト
[ 2012/12/18 21:58 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/107-544347f1