全ての道は、ロードに道路・・・

またぼけら~っと過ごす毎日・・・ああ・・・やはりあのツアーは幻だったのか・・・

否!ちゃんと行ったハズだ!行った記憶はある!

HOBOけいすけさんの運転で移動はほとんどクルマ。お蔭様で各ステージに臨めた。でも「全く知らない遠くの町に来た」という雰囲気は味わえたものの「初めての本州」という気がしない。「北海道内の初めて行く土地」という感覚のまま・・・それでもやはり飛び込んでくる景色を細かく思い出せば、瓦の屋根や竹や杉が生い茂る山々は北海道にはない光景である。

一応は「曲がりなりのクルマ好き」なので、周囲のクルマや交通事情などを助手席から眺めていた。運転をしないでアッチコッチと見渡してばかり。そこで気づいたコトがいくつかあった。

まず、愛知と言えばトヨタの御膝元。やはりトヨタ車が多いんだろうか・・・と見ていたが、名古屋市内では特別多い印象は無かった。比率的にも札幌近辺と同じぐらいかな?豊田市だったら違ってくるのか・・・

続いて、高速道路を走るクルマたち。ボクら北海道のドライバーからするとずいぶん車間距離が狭く感じるが、合流地点や車線変更でもたつくことも無くス~ッと譲り合う。マナーと言うか、呼吸がいいんだろうネ。

マナーと言えば、高速でも平均的に80キロを守るクルマが多かったのも印象的。勿論莫迦みたいに飛ばすヤカラもいるにはいるが、そんな莫迦は万国共通・・・しかし北海道の感覚からすると時速80キロは一般道の標準、田舎へ行けば遅いぐらいである(違反は違反ですが・・・)。

札幌でよく見かける「背もたれを倒して片腕ピーン」みたいな体勢で運転している人もあまり居なかった。ちゃんと両手でハンドルを握っている。恐らくこれは車道の幅が狭いためだと推測される。北海道は雪対策で広めに道が作ってあるからちょっとぐらい粗いハンドル操作でも余裕あるけど、車線の幅がコチラの国道ぐらいで路肩も1台分も無いような高速道路だと少しのミスが大事故につながる。

あと、名古屋市内で気になったのが「バス停が車道の中央にある」というバスレーン。助手席に乗っているだけであの交差点は違和感を禁じ得なかった。右折用の車線より内側に直進専用のバス車線があるという理不尽さ・・・言葉で書くと、進行方向左から「左折か直進」「直進」「右折」とあり、「バス停」と挟んで「バス用直進」という車線の並び。信号が方向指示式なので矢印に従えば右折車と直進するバスがぶつかることはないんだろうが・・・HOBOけいすけさん曰く、やはり当初は事故が多かったけど、今ではみんな慣れて少なくなっているらしい。路上駐車や渋滞でバスが遅れることも無くなったというのだから、なかなかのものである。

まあ、北海道と愛知県なんて、毎年のように「都道府県別交通事故死者数」のワースト側常連なんですけどネ・・・

そして京都。気になったのが名物「狭い道」。大きな通りから少し路地へ入っただけで軽同士でさえすれ違えないような道ばかり。みんな、譲り合いながらはんなりと交わしていくんだろうなあ・・・

と思ったら、そうでもなかった。周囲を威圧するように入ってきて煽り立てる莫迦ドライバーがやっぱりいた・・・莫迦は万国共通だネ。ちなみにボクらが遭遇したのはアル〇ァード・・・こういうクルマのオーナーって大体が万国側の人が多い。

橋爪功さん主演のドラマ「京都迷宮案内」が好きでよく見ていた。同じような道幅で対面通行と一方通行が入り乱れてるし、条例で定められた同じような景観だから一本道を間違えただけで本当に「迷宮」に入ってしまいそう。

そりゃ1400年も昔に出来た町だもん、馬車か牛車が通れりゃ良かったんだ。自家用車の文化なんて100年も経たないんだから、自動車文化が一歩譲らないとならんわな!

所変われば何トヤラで「ご当地ルール」や「暗黙の了解」があるのだろうけど、その中で際立って「悪しきマナー」みたいものは感じなかった。セッカチはセッカチ、のんびり屋はのんびり屋・・・莫迦は莫迦・・・きっと世界中のドコだろうが同く等しく存在するんだろうなあ・・・

HOBOけいすけさんばかり運転させては申し訳ないから途中で・・・とも思っていたのだが、しなくてよかった。もしかすると側溝に前輪ハメたり、京都の歴史的建造物に体当たりをかましたり、四日市の「飛び出し坊や」の看板ではなく本物の「飛び出し坊や」にぶちかましていたのかもしれない。

慣れない土地での運転は本当に疲れる。また来年、けいすけさんとターフーさんとは北海道を廻るだろうから、その時はボクがまた「北海道迷宮案内」をしようかと。

そして、何よりこれからも「安全運転・ジョン・クレイトン」ですよ。

スポンサーサイト
[ 2012/11/13 17:36 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/104-509cbd2a