ペテン師と空気男

ツアー準備の買い出しに行ったついでに立ち寄ったブックオフで、しばらくぶりに見かけたCDが売っていたので購入。以前に同級生に貸したまま返って来ず音信不通・・・ま、代わりに借りてるのも返せてないんだけどネ・・・

人間椅子の初期のベストアルバム「ペテン師と空気男」。

世にいう「イカ天ブーム」ってのはまだ小学生の頃。ビデオに録画して見ていたが後追いだったので既に番組も登場バンドもマンネリ化し始めており、程無くブームは終焉、番組も終わった。

総集編でいろんなバンドが取り上げられていた中、ねずみ男の格好をしたベーシストとワウペダルを巧みに操るギタリストのグループが居た。人間椅子・・・曲名『陰獣』・・・当時は江戸川乱歩の存在も知らず、理解できないネーミングとおかしな外見で「面白そうだ」と興味を持ったのが始まり。

本格的な演奏に文学性を全面に出した言葉の世界・・・今思えばかなり独自のスタイルで審査員の評価は高く、ギター担当・和嶋氏も「君のギター、上手いよ!」と褒められていた。

如何せんコチラは小学生・・・興味を持ったのは、あくまでも「イロモノ」として。

ただ、「イロモノ」として「文学ロック」を知らず知らずのうちに聴いていたというコトでもある。

流行り廃りの中、「イカ天」出身バンドも次々と姿を消していった。ソロやプレイヤー、裏方業として音楽界に残った人も沢山いるんだけど、現在まで「バンド」として名前と形を残しているのは人間椅子とビギンぐらいじゃなかろうか。(ただし人間椅子はドラムだけ固定していないんだけど・・・あと、ビギンほど売れてないし・・・)

ジャンルとしてはハードロック、ヘビメタ、プログレ、サイケなどいろんな作法を含んでいる。でも当時呼ばれていた「文学ロック」ってのが一番しっくりくる。

「文学ロック」・・・う~ん、なんて安っぽいキャッチフレーズでしょう。

言葉への依存を重点を置き、ただ言葉だけに依存するのではなく伴奏はちゃんとやる。そういう意味ではボクが自称する「アングラフォーク」に共通項は多いかもしんない。

知らず知らず聴いていた「文学ロック」が現在のボクのスタイルの源流だとしたら・・・

そのうち、ボクもねずみ男の格好をしなければ。

ま、しないけどネ・・・

久し振りに聴いて懐かしさよりも「意外とロック好き」な自分の側面が出てきた。まだまだ現役活動中の人間椅子にも触れたくなった。

結論。

う~ん・・・やっぱり、ワウペダルが欲しいなァ~・・・いつどこでどうやって使うのかは不明だけど、物欲はいつもこうして湧出してくるワケです。

スポンサーサイト
[ 2012/10/27 11:57 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hayape.blog.fc2.com/tb.php/100-e82738fd