耳鼻咽喉副鼻腔炎阿鼻叫喚

7/9(日) 北見・ブルーチッパー 「アコースティックライブ」
 出演順 キクチシノブ、アタクシ、Yuka with Fairyz

約1ヶ月ぶりのライブ、さらに3月以来のブルーチッパー出演となりました。

決まったのが数日前。宣伝もままならず、コチラの調子だけ何とか間に合わせて挑んだような、バタバタした感じで迎えました。

本来ですと別の企画ライブが入っておりまして、ヨメとYukaさんのユニットはソチラに出る手筈だったのですが、共演者に不幸があり、主催の方も知り合いだったのでショックが大きく、残念ながらイベントは中止・・・

お店としても急なキャンセルをただ受け入れるより、出られそうな人がいれば普段のアコギライブのような形でやりたいという意向を受け、アタクシも混ぜ込んでいただいた次第です。

6月初頭から続いてる禁煙ですが、やはり声が出やすくなったり喉の負担が減ったりするのかなあ・・・もしや美声になってたりして~?

・・・なんてコトは一切無く、むしろ1ヶ月以上のブランクで喉は開かない、鼻は詰まって息が続かず、無理矢理に唄って喉がやられ、しまいにゃ鼻水がたらり~の・・・と、これまで以上に負担のかかるライブとなってしまいました。この辺り、煙草とかあんまし関係ないのかしら・・・

・・・・・・

翌朝。声はかすれて、喉も痛い・・・ホラ、扁桃腺が腫れぼったくなってるョ。ツバを飲み込むだけでも痛みが走るし・・・やっぱり急にライブ本番用の声量出そうとするからダメなんじゃないの?

とかなんとか言っているうちに、どうもコイツはライブ云々とかじゃないぞ?な異変だと気づきました。

喉の腫れが発音の邪魔をして喋り辛いったらありゃしない。飲み食いも辛いし・・・こりゃ病院行ってこなきゃ!と近所の耳鼻科へ行ったのが火曜日の朝。

結果は副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)とアレルギー性鼻炎が夏風邪をキッカケに悪化した、とのコト。鼻が良くなれば喉の痛みも引くらしいので、とりあえず薬を貰って呑むコトに。

当初熱は無かったのですが、木曜日になり微熱に頭痛、激しい咳もやってまいりました。解熱鎮痛剤は家にありますが、処方された薬と一緒に飲んでいいやら悪いやらがわからず、とにかく鼻を優先にしていました。

で昨日の朝、目覚めて体温を図ると・・・見事に38℃オーバー!わ~い!北見の気温も暑いが体の中も熱々だぜ~い!サンバ!サンバ!スバル・サンバ~!

高熱にやられフラフラになりながら別の病院へ。症状を伝えますと先生・・・「う~ん、肺炎かもしれませんネ」

・・・ん?ハイエン?ポルシェの4WDのヤツ?あれはカイエンだっけ・・・混乱する頭の中をヨソに、レントゲンに血液採取と検査は進みます。

診断結果、肺炎の可能性はなく、夏風邪が長引いているうちに喉や肺に広がった、とのコトでした。

・・・・・・

北見市街中心地では現在、夏を彩る「ぼんちまつり」なんてが開催されてますが、コチラへ越してからと云うもの、まるでこのぼんちまつりを満足に堪能したコトがございやせん。

毎年、このお祭りから海の日にからむ連休のこの時期・・・

不幸があって札幌へ赴いたり、胃腸炎をこじらせたまま札幌や恵庭へ遠征に行ったり、やはり夏風邪で出歩けないまま花火の音だけを遠く聴いていたり・・・

自分でも驚くぐらいですよ、7月と年末年始と定期的にやってくる「負のバイオリズム」。年越しから正月にかけてもどこかで熱出したりしますから。昨年末はインフルですし・・・

ああ・・・やんなっちゃう。

とか云いつつ、人混みが苦手だから祭りがあってもあんまし行かないけど。

・・・・・・

そして次のライブですが・・・しばらく決まってません。また思いつきでいきなり決まったりするかもですが。

ひとまず、現在決まっているのを宣伝!


8/30(水) 北見・夕焼けまつり (2F)
「松山隆宏(東京)&TANK宮本(旭川) 北海道ツアー2017」
オープニング・・・菊池隼人、CHOAS(チョアス)
詳細未定


もはや伝説になりつつある2月の「はぐれメタル松山」でしたが、その首謀?とも言えるメタルバンド・CHAOS(カオス)が今度はアコースティック編成の「CHOAS(チョアス)」として共演いたします。

2Fで行う予定なので大音量はないでしょうし、「はぐれメタル」の登場はないとは思いますが・・・どうなるかはわかりません。

詳細は決まり次第お知らせする所存でございます。

ハイ。

スポンサーサイト
[ 2017/07/15 16:31 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)