黄昏の牛

先にヨメがブログで書いておりますが・・・ http://shinobuworld.blog12.fc2.com/blog-entry-933.html

第2回目の開催となりました「野良牛たちが野付牛」(5/29、北見・オニオンホール)、ご来場くださった皆様、共演の方々、その他関係者各位の皆々様には心から御礼申し上げます。

その前日の「黄昏フォークジャンボリー」(28、北見・夕焼けまつり)を合わせれば2連投。そんなに曲数も多くないのに、何だか喉が痛いのは・・・喋り過ぎ。笑い過ぎ。

ライブの本編は勿論、ステージの外でも面白い方々に恵まれ、ついついハッチャキこいてしまったまま過ぎ去った2日間・・・

ええ・・・どっと疲れてます。

・・・・・・

セットリストでも書いておきますか。

5/28(土) 黄昏フォークジャンボリー
 ① サルビアの花 (早川義夫)
 ② すかんぽ (高田渡)
 ③ 向日葵 (高田渡)
 ④ 私の花 (友川カズキ/永山則夫)
 アンコール スキンシップブルース (高田渡)

テーマとしては「花や植物に因んでいるけど、ちょっとドンヨリした唄」特集でした。

5/29(日) 野良牛たちが野付牛vol.2
 ① 酒と泪とダメおやじ
 ② ヌ印良品
 ③ カメムシくん
 ④ ありんこ

改めて文字で並べると、何が何だかよく分かんない曲名ばっかり・・・

・・・・・・

チバ大三さんに「11月に関東行きたい」と伝えると、早速東京でのライブを組んでいただきました。

しかも、アレです・・・「独唱パンク」ですって。

・・・・・・

ひえ~~・・・お疲れ様でした。

スポンサーサイト
[ 2016/05/30 23:50 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

週末、そして明後日の予定。

いよいよ今週末に迫って参りました。


20160529チラシ

5月29日(日) 「野良牛たちが野付牛 vol.2」
出演(順):MANABU/ヨメ/アタクシ/ayu/田川憲/高橋小一/チバ大三/NIGHT SCENE
17:30/18:00~ 前売2000/当日2500(1D付)
Onion Holl (北見市川東37番地 0157-24-0281)


昨年の出演陣に加え今回は田川憲さん、そしてNIGHT SCENEと強力なメンバー?も参戦、チバさん&小一さんの遠征組を迎え撃つ体制を整えた次第でございます。

日曜の夜ですがお誘い合わせの上、震えての・・・じゃなくて奮ってのご来場を出演者一同、首をちょっくら長めにしながらお待ち申し上げます。

・・・・・・

さあ・・・そんな具合で次のライブが控えておりますが、極々私的な出来事がその前に待ち構えておりまして。

北見に来てからの3年間、アタクシの移動手段として生活を支え続けてきたカルディナ号・・・この度、お別れするコトと相成りました。

次の車検まであと1年ほど残っていたのですが、ショックアブソーバー完抜け・オイル漏れ・下廻りの金属カバーが外れかかりだらりんこんと垂れていたりなど、そんな状態でこの一冬をなんとか乗り切りました。

平成9年式・走行距離約16万キロのご老体・・・歌丸師匠も「笑点」の司会を勇退するコトですし、この機会にカルディナ師匠にも勇退していただこうかと。

ただ心残りなのは、エンジンはまだまだ元気モリモリなんです。さすがはトヨタの名機・3S-Gの2000ccターボです。ブースト掛ければなかなかの加速をしますし、ゆっくり乗ってあげれば年式と排気量の割にそこそこの燃費も叩き出します。

次のクルマは勿論決まってます。エンジンだけ載せ替える手もありますがポン付けでは無理っぽいですし、恐らく小型の新車買えるぐらいの費用になりそうですし。

次なる愛車は・・・こんなヤツです。

https://www.youtube.com/watch?v=3Jy6glDTMeg

こんな走りはできませんが、これと同じ型です。納車は明後日になる予定です。

[ 2016/05/23 23:05 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

旅の手錠2016 ~札幌・旭川・当麻編~

あ・・・どうも。自称「ここんとこすっかり真面目な仕事人間」こと、自称「アングラフォークシンガー」であり、かつ自称「裏フォーク研究所・所長」・・・な、ここんとこのアタクシでございます。

ブログどころかSNSすら放ったらかしの毎日でしたが、どっこい何とか生きてます。

現在、世間がお休みモードに入ると忙しくなる業種で働いているため、この度の大型連休はほぼ出勤。

ただ働いてばかりってのもシャクなんで、「ヨメの実家で七回忌」というこの上なく一身上の都合の付けやすい事由の為に連休終盤の5/7(土)から3連休を申し出ました。

法要は8(日)のお昼。当日移動、終わって当日帰るのも出来なくはないですが、やりたくはないです。前日に札幌へ向かい、折角ならもう1泊どこかで・・・ってのが人情ってやつです。

で、7日の朝に出発。昼過ぎに札幌へ入り、まずラーメンを食し、そのまま道立近代美術館で「横山大観展」を観覧。

終盤とは言え連休真っ只中、暦通りだとしても世は週末です。それはそれは混雑しておりました。向かいで同時開催中のガレの展示が可哀想なぐらい・・・

その夜はヨメの実家で1泊。呑んで喰ってそのまま就寝・・・

翌日は本来のメインイベント・法要でございます。墓参りまで恙無く済ませ、直接帰ろうと思えば帰れる時間ではありましたが、あまり連休らしい連休も過ごせなそうだったので、帰りがてらもう1泊出来そうな場所と言うコトで旭川に泊まることにしました。

何故旭川か・・・それは・・・串鳥があるから。札幌にいる頃はよくお世話になったんだけど、北見には串鳥がない。

もうさ~・・・イ●ンとかトラ●アルとか、ありがたみが薄いヤツはいらね~んだョ・・・私たちの望むものは・・・ズバリ!串鳥とみよしの!コレがあれば札幌からの転勤組も大喜びコト間違いナシ!・・・なハズ。

旭川の宿を出て向かった先は、前日までの人混みも過ぎてグダ~っとしているであろう動物たちに会いに旭山。以前、連休終わりに行った時よりは人も多かったが、繁忙期よりはゆっくり見られてよかったです。

途中こども牧場の近くでソフトクリームなんざ貪っていると、周囲がざわめき出した。何だろうと思うと、ウサギが1匹夢中で駆けていました。どこかの檻から逃げ出したのか、野生のが紛れ込んだのかはわかりませんが、明らかに近くにいた係員さんが慌てて無線で連絡を取り合っていました。

北見へ帰ろうと動物園を後にしたが、つい最近「当麻町のカントリーサインが鍾乳洞からでんすけすいかに変わったらしい」という話を耳にしたので、その「変えられてしまった可哀想な方」鍾乳洞へ行ってみました。

山中に漂うB級感・・・しかし、入ってみるとそこに広がっているのは(洞窟自体はかなり狭いんだけど)見事なまでに乳白色に彩られた鍾乳石の、気持ち悪いまでの造形美!

帰りの時間も考えて軽く一通り見るだけだったが、これはもう一度時間をかけてゆっくり見る価値がありそうです。

20160509-touma-02.jpg
20160509-touma-04.jpg
20160509-touma-05.jpg
(画像:ガラになくハッチャキこいたアタクシ。表情にハッチャキ感が無いのは悪しからず。)

・・・・・・

たまにはギターを持たず、ライブとかじゃなく、こうした遠出も悪くないモンですね。

・・・・・・

20160529チラシ
[ 2016/05/13 23:18 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)