11月ツアースケジュール(一部変更有り)

いよいよ始まる今年のツアー「平成25年秋巡業関西~北陸~関東あちこち唄い歩き」ですが、一部のスケジュールが変更になりました。改めて全日程をお知らせいたします。


11/2(日)京都・昼 13:00~ ¥1000
出演順・・・オイワ、野間義男(東京)、河林陽一、Shinobu、立入かつひろ&平井岳、菊池隼人
ライブレストラン音や(京都府京都市右京区嵯峨柳田町33-1 075-862-1225)

11/2(土)京都・夜 19;00~ ¥1500
出演順・・・菊池隼人、Shinobu、野間義男(東京)、オイワカモリ
スローハンド(京都府京都市中京区烏丸丸太町東南角ノアーズアークビルB1 075-212-8390)

11/3(日)滋賀 14:30open/1500star ¥1200(高校生以下、65歳以上 ¥1000)
共演・・・さとうみつお、大石博臣、Shinobu
太子ホール(滋賀県東近江市八日市町12-12 0748-25-2805)

11/5(火)石川 詳細未定
溜まりBar夕焼け(石川県白山市幸明町134 076-287-5563)

11/6(水)石川 20:30頃~ ¥投げ銭
アコースティックフォーク酒場 ぷかぷか(石川県金沢市片町1-10-15片町ナインビルB1 076-262-3210)

11/8(金)横浜 20:00~ ¥500+投げ銭
共演・・・スカンクちかの
ボーダーライン(神奈川県横浜市中区野毛町3-142 045-242-7774)

11/9(土)藤沢 21:00頃~ ¥投げ銭
インディアンサマー(神奈川県藤沢市南藤沢4-11第五榎本ビル2F 0466-22-1171)


11/6がまだ仮決定だったのですが最終的に石川県金沢市「ぷかぷか」へ急遽お願いし、飛び入り投げ銭ライブのような形になりました。

突然の電話攻撃にびっくりされた様子だったけど、何となく面白そうなお店の雰囲気は電話越しに感じました。「水曜日ねえ・・・お客さん来ないよ~」と申してましたが、今回は初めての北陸・石川なのでご紹介がてら楽器をぶらさげてお邪魔いたします。

その他の日程も勿論楽しみなライブばかりです。

さて、と・・・荷造り。荷造り。


スポンサーサイト
[ 2013/10/30 22:37 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

ちょっと真面目に、野球の話。

さて・・・野球の話題でもしますか。

昨日の楽天vs巨人の日本シリーズ第2戦。楽天が2点目を追加した場面での際どい判定が「誤審ではないか?」と言われている。

中継のスローVTRを見ても、やっぱりあれはアウトである。楽天・藤田のヘッドスライディングより、巨人の一塁手・ロペスの捕球の方がわずかに早い。当然、巨人の抗議にも覆らず、3塁ランナーの得点は認められた。

メジャーリーグでは内野手のファインプレーを引き立てるために審判がアウトを優先する“暗黙の了解”のようなモノがある、と聞いたことがある。それに則れば、昨日のジャッジは藤田の滑り込みを「攻撃側のファインプレー」として優先したのかもしれない。

もしあれがアウトで追加点が無かったとしたら、その後の巨人・寺内のホームランで同点だった・・・という論法は少し次元が違う。1点差と2点差では田中マーくんの投球内容も心境も変わっているだろうし、“誤審?”のプレーでゴロをさばいた寺内にしても「失った1点を取り返すぞ!」という気迫で打席に立っていたのかもしれない。

時間は巻き戻しも早送りも出来ない。

こういう「微妙なジャッジ」は幾度も繰り返されて、そのたびに議論されるのが「ビデオ判定の導入」の是非である。審判だって人間だからミスをする。技術の力を借りて時間を巻き戻し、正しい判定を下すのは公平性を保つためにも賛成はしたい。

ただ、難しい問題がある。野球は「インプレー」と「ボールデッド」を繰り返しながら進行していく競技なので、その「ビデオ判定」でジャッジが覆った場合、その判定の直後のプレーが有効になるか無効になるか、で大きく試合の行方が変わってくるのだ。

昨日の“誤審”の場面の状況を少し変えて「2アウト、ランナー2・3塁」と仮定してみる。内野ゴロで1塁は微妙なタイミングに・・・塁審は「アウト」と宣告。守備側は3アウト成立だとしてすぐにベンチに引き下がるが、攻撃側はセーフを主張し抗議。それを受けてビデオ判定してみると打者走者の到達の方が早く、審判は3塁走者の得点を認めた。

しかしこのプレーの際、2塁走者が3塁を駆け抜けて本塁へ達していたらどうなるのか?

恐らく現実的に考えれば「1点追加し、2アウト、ランナー1・3塁で再開」となるだろう。でも攻撃側は「相手がベンチに下がったのは3アウト成立と勘違いしただけなのだから2塁走者の得点は有効」と抗議する。無得点で終わるか、1点入るか、はたまた2点入るか・・・この差はかなり大きい。

こういうコトをいろいろ想定していくと「審判が3アウト目を宣告した時点でボールデッドとなり、その後の進塁は認められない」というような「新しい判断基準」を明確化しルールに追加せねばならない。ここでは「アウトかセーフか」の場面での仮定にしたが、これが「フェアかファールか」での判定だったらもっと話はこじれる。

ただでさえ「世界一分厚いルールブック」と呼ばれるほど複雑な野球規則をさらにややこしくする可能性がある。

この特有の「複雑性」がサッカーのように世界中に浸透していかない理由のひとつになっている、と思う。地域ごとのローカルルールもあれば、球場ごと、試合ごとの特別ルールまで存在する。日本でさえセ・リーグとパ・リーグで指名打者制の違いがあるし、高校野球では独自で「臨時代走」というルールを作った。草野球ともなれば投手に加えてもう一人「EDH」という名称で打撃専門の打者を入れて10人で打順を組む試合もある。五輪の正式種目として復活した場合、試合時間短縮のためソフトボールに倣い「7回制」になっているかもしれない。

これだけ競技の根本でさえ「ひとつの基準」になれない。ルールの簡素化は世界的競技への発展を促進するためには必要である。そこにケース・バイ・ケースばかりを増やしていっていいモノなのか?

時間的な「流れ」は野球でも結構重要な部分を占めている。今はホームラン判定の場合のみアピールがあればビデオ判定が認められているのだが、だったら全てのプレーを対象にするべきだと思う。

だけどその弊害として「さらなる複雑化」という側面があるコトも、野球ファンとしては頭に入れておくべきである。


・・・う~ん、しかし・・・昨日のアレは「アウト」だったネ。アンチ巨人だけど、ちょっと可哀想。でも、審判のしてみれば「原監督の方が星野監督より怖くない」という心理も働いたのかナ?

まあ、全てをひっくるめて言うと「審判!日本シリーズなんだし、もっとしっかりしておくれ!」というコトです。

[ 2013/10/28 20:47 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

水槽サスペンス劇場

さてはて・・・ここ最近はライブやツアーに絡んだネタばかりで「ミュージシャンらしいブログ」となってましたが、ちょっと本日は閑話休題、別の話題で。

・・・かと云って、日本シリーズでもドラフトでも無いよ・・・

6/18のブログ以来の、我が家の金魚の飼育状況を。
(そのブログはコチラを参照ください → http://hayape.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

稚魚として迎えた新しい生命は50~60匹ぐらいだったが、成長と共にバタバタと個体数は減った。どうしても限られた環境だから仕方ない。やはり成長の遅い個体から死んでいった。

先週初め。小さな水槽(プラスチック製の虫かごサイズ)に17匹泳いでいた。成長と共に食欲は増し、食べた多分は出るモノで、水がすぐに汚れてアンモニア臭が漂ってはいたのだが、「明日起きたら水替えしよう」と放ったまま寝てしまい、翌朝起きると3匹が鬼籍に・・・

残った14匹はもう体長3㎝程まで育っていたので、そろそろ親と同じ水槽に入れても問題ないと判断し入れてみた。親の2匹だって当初は5㎝ぐらいだったのに今や母親は約10㎝、父親に至っては約15㎝と「テメーら、成長するにもホドがあるべや!」というデカサまですくすく育ったのだ(ちなみに、まだ大きくなりそうな気配はある・・・)。

子供たちも親たちもお互いを警戒していたのだが、そのうちチャレンジングな子供数匹がスキンシップを図ろうと親に近づき、親はちょっとびっくりしながらもそれに付き合うような仕草をしていた。食べられる心配は取りあえずないみたいだ・・・とその日は寝たのだが・・・

翌朝、先に目覚めたヨメが「ぎゃー!」と発狂しながら起こしに来た。

「・・・子供が食べられてる・・・」

水槽の中は正に“地獄絵図”・・・5匹の生首があちらこちらに浮いていたり沈んでいたり・・・(うち1匹が襲われているその場面にヨメは目撃したんだとか)

「兄弟を殺戮する実親」を目の前にした9匹は水草の影で身を潜めている。父親は視界にチビの姿が入るたびに“獲物を狙うハンター”の眼つきになり(ま、魚だから眼つきは基本変わらないんだけどネ)、「わーい!餌だ!餌だ!」と言わんばかりに稚魚の群れに飛び掛かる。そのたびに「お父ちゃんやめてー!」と叫びながら逃げ惑う子供たち・・・(ま、魚だから以下略)

全て食い尽くされるのも時間の問題だ・・・元のプラ水槽に子供たちをひとまず避難させた。それでも「恐怖の一夜」を過ごした記憶からか、水草の影から動こうとしない。

結果的に9匹残った子供たち。それから少しずつ成長はしているものの、やはり狭そうである。これまでと同じように少しの水草と酸素の出る石だけなので、酸素は足りていても水はすぐに濁って臭くなる。2日ずつの水替えペースだと、今度のツアーで不在の間に全滅もあり得る・・・

・・・というワケで、新しい水槽を本日購入、子供たちをソチラへお引っ越しさせた。小さいけど濾過機も付けたので水替えも何とか週1ぐらいは持つはずだ。実際、親の水槽なんて2週間ペースだし・・・

これで成長が早まって大きくなってくれれば、いよいよ「親と同居」も可能だと思う。しばらくは様子を見て「別居生活」。

こちらがお引っ越し前の状態。
子金魚プラ水槽

そしてお引っ越し後。まだ広くなった水槽に馴染めず、物陰に集まってます。
戯れる子金魚

そんな“お隣さん”が気になってしょうがない様子の親。
様子が気になる親金魚
[ 2013/10/26 23:27 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

コーヒー酎に返り討ち・・・

ツイッターでの告知で「返り討ち」とか、また余計なコト書くから・・・

10/20(日) 北見・夕焼けまつり
「百歌繚乱 -Acostic vol.60-」
出演順・・・湊恵行、紺野バラード(釧路)、あゆ、菊池隼人、manabu

リハ終わってビールに始まり、コーヒー酎をmanabuさんとガバガバとやりながら出番を待つ(←こんなトリ前とトリの流れってどうなんだ?)。

しかし1組目の湊さんが始まり、釧路から駆け付けた紺野バラードくん、そしてあゆさん・・・ぐっと空気を引き締めてゆく皆さんのステージが進む・・・

もしかして・・・呑んでる場合でないんでないかい?

と気付いた時にはすでに遅く、もう出番が迫っている。ヘベレケのまま雪崩込み~・・・

この日の出演陣、「ハズレ」が全くなかった。そう・・・いたとしたら他の誰でもなく、このアタクシです。

いえ~い!呑んじまえ~!とハッチャキこきつつ打ち上げでもグァバグァバとやっつけ、解散後も主催・湊さんを捕まえて絡むなど・・・

う~ん・・・もう呼ばれないかな、「百歌」には・・・

ソレが祟ったのか、また風邪ぶり返しました。ヨメにうつして「ざまあみやがれ」と思っていたら、翌日咳が止まらなくなり、一晩中眠れなかった。

まさに「返り討ち」とは、このようなコトなのです。


そして逃げるようにツアーへ。何とかしないとネ、風邪気味の体調と、己の酒癖。



11/2~11/9「平成25年秋巡業 関西~北陸~関東あちこち唄い歩き」

11/2(日) 京都・昼
13:00~ ¥1000
共演・・・ 野間義男(東京), 滋中卓球部&河林陽介, オイワ(京都)、Shinobu
ライブレストラン音や(京都府京都市右京区嵯峨柳田町33-1 075-862-1225)

11/2(土) 京都・夜
19;00~ ¥1500
共演・・・野間義男(東京)、オイワカモリ、Shinobu
スローハンド(京都府京都市中京区烏丸丸太町東南角ノアーズアークビルB1 075-212-8390)

11/3(日)  滋賀・昼
14:30open/1500star ¥1200(高校生以下、65歳以上 ¥1000)
共演・・・さとうみつお、大石博臣、Shinobu
太子ホール(滋賀県東近江市八日市町12-12 0748-25-2805)

11/5(火)  石川
詳細未定
溜まりbar夕焼け(石川県白山市幸明町134 076-287-5563)

11/6(水)  福井(※ 変更の可能性あり)
Bar Jake(福井県福井市順化1丁目10-9ドリームタウン2F 090-4167-2805)

11/8(金) 横浜
20:00~ ¥500+投げ銭
共演・・・スカンクちかの
ボーダーライン(神奈川県横浜市中区野毛町3-142 045-242-7774)

11/9(土) 藤沢
21:00頃~ ¥投げ銭
インディアンサマー(神奈川県藤沢市南藤沢4-11第五榎本ビル2F 0466-22-1171)


日程消化すればまた戻って来ちゃう。そして11/17(日)は北見、今度はオニオンホールの初舞台!あすこのコーヒー酎がこれまた美味いワケでして・・・


[ 2013/10/23 20:24 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

10/20「百歌繚乱」の告知です

明後日です!

10/20(日) 北見
「百歌繚乱 -Acostic vol.60-」
19:30open/20:00staet ¥1200(ワンドリンク付
出演・・・湊恵行、紺野バラード(釧路)、あゆ、菊池隼人、manabu
ライブハウス 夕焼けまつり(北見市3条西2丁目AMビル 0157-23-5819)
「百歌繚乱」ホームページ


(以下、「百歌繚乱」ホームページより転載)

「百歌繚乱 -Acoustic Night-」は北見市「LIVE HOUSE 夕焼けまつり」にて毎月開催中のアコースティックイベント。当サイト管理人でもある湊 恵行が企画・運営させていただいています。
ジャンル・キャリアを問わず1人でも多くのプレイヤーに生演奏をステージで楽しんでいただきたい、観に来て下さったお客様にも従来のアコースティックイベントとは少し違った楽しみを感じていただきたい、そういった気持ちで開催しています。
ライブ中のMCをくじ引き感覚で決める「百歌札」、各アーティストさんの選曲センスや個性が楽しめる「共通テーマ」、本編最後には出演者さん全員での共演、など百歌繚乱ならではな遊び心を盛り込み毎月楽しい時間を音楽好きな皆様と共有しています。
百花繚乱、その言葉の意味のように多くの才能溢れるアーティスト達がステージに歌の花を咲かせてくれるイベントです。
毎月の百歌が楽しみ♪と多くの皆様に感じていただけるようなイベントに育てていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

湊 恵行


・・・というコトらしいので、そういうコトです。

まあ、なんて投げやりなライブ告知でしょう。

[ 2013/10/18 22:58 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

行程の高低

今週末だよ~ん!


10/20(日) 北見
「百歌繚乱 -Acostic vol.60-」
19:30open/20:00staet ¥1200(ワンドリンク付
出演・・・湊恵行、紺野バラード(釧路)、あゆ、菊池隼人、manabu
ライブハウス 夕焼けまつり(北見市3条西2丁目AMビル 0157-23-5819)
「百歌繚乱」ホームページ


これが終われば関西~北陸~関東ツアー。冬の足音ついでに踏んづけられそうな北見を発ち、秋深まる京都・嵐山からスタート。紅葉をじっくり愛でる時間はあるかな?

今回も往復は航空便。北見だと女満別空港発着となるワケだが、この時期になると関空への便が無い(夏季だけ運行)。通年で就航している道外便は羽田かセントレアのみ。なるべく近くまで行きたいので、ツアー初日の京都ライブ前日にセントレアまで向かい、そのまま京都へ前乗りする行程になった。

とは言っても、セントレアでさえ1日1往復。到着予定時刻は17:50。そこから列車を乗り継ぎ3~4時間・・・22時頃には京都のホテルに入りたい。初回が昼からのライブなので、こうしないと間に合わない。あとの移動は比較的余裕はあるんだけど、この11/1~2だけが見事に“弾丸”な流れなので、旅気分をじっくり味わう時間はなさそう。

大量のオオサンショウウオが出迎えてくれる京都水族館・・・本音では行きたいんだけど、おそらく無理だろうなあ・・・


昨年お世話になった名古屋のHOBOけいすけさんに「音楽を届けに行くんだから観光のつもりじゃいかん!」と、ツアーミュージシャンとしての心意気を教わった。確かにそうだ。観光気分で終始ヘラヘラするつもりはない。本来の目的は行く先々でライブを行うため。

しかし、少しはその土地の雰囲気や根付く息吹を感じる時間は欲しい。北海道内だけでは味わえない、その土地に根付いた息吹に少しは触れてみたい。それはいけないコトではない、と思う。


ヌ永井さんが以前に教えてくれた「変な形ですっげ~威厳があるけど気持ち悪い」という福井県・大瀧神社には絶対行ってみたい。

母方の祖先にあたる家系が暮らす富山県南砺市。どういった地域なのか覗いてみたい。

そして何より・・・横浜スタジアムでベイスターズグッズを買い漁りたい!


・・・不純な動機で世話も無い感じだが、この3つは外したくない。移動日前後を上手く利用して“旅”を味わい、次の現場への英気を養う・・・それもまた必要な“心意気”ではないかしら?

まあ、3つ目のハマスタってのはただ単純に「隠れベイファン」の血が騒いでいるだけなんだけでして、買い漁れるほど費用に余裕があるかどうか・・・


うん!やっぱり、ちゃんと「ライブ」に専念しないとダメだネ!

「当然じゃいボケ!」と、けいすけさんに怒られそうです。
[ 2013/10/16 11:10 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

10月~11月~12月のライブ情報(テレパシーも発信中)

まず、来週の北見ライブのお知らせを・・・


10/20(日) 北見
「百歌繚乱 -Acostic vol.60-」
19:30open/20:00staet ¥1200(ワンドリンク付
出演・・・湊恵行、紺野バラード(釧路)、あゆ、菊池隼人、manabu
ライブハウス 夕焼けまつり(北見市3条西2丁目AMビル 0157-23-5819)
「百歌繚乱」ホームページ


夕焼けまつりは3度目の登場。これまではビル2階のバーでのライブだったが、今回は3階にあるホールのステージに上がることに。

『百歌繚乱』は毎月北見で行われ、たまに札幌や他の街へ出張するというイベント。8月には女性シンガーを集めた際にヨメ・Shinobuが初参戦。その日以来、主催する湊氏の住む網走の方角へ「オレも出さんかい!」というテレパシーを5分おきに発信し続けていたのだが、今回はやっとその気持ちが通じたようです。

11月の本州ツアーを前に、すっかり怠けっぱなしの姿勢を正す意味でもちょうど具合の良い日取り。コチラも気合を入れて呑む姿勢に・・・ってか?

まあ、呑むんでしょうけど・・・出入り禁止にならない程度にせねば。ははは。


っつ~ワケで、11月の本州並びに戻ってきてからのスケジュールを。


11/2~11/9「平成25年秋巡業 関西~北陸~関東あちこち唄い歩き」

11/2(日) 京都・昼
13:00~ ¥1000
共演・・・ 野間義男(東京), 滋中卓球部&河林陽介, オイワ(京都)、Shinobu
ライブレストラン音や(京都府京都市右京区嵯峨柳田町33-1 075-862-1225)

11/2(土) 京都・夜
19;00~ ¥1500
共演・・・野間義男(東京)、オイワカモリ、Shinobu
スローハンド(京都府京都市中京区烏丸丸太町東南角ノアーズアークビルB1 075-212-8390)

11/3(日)  滋賀・昼
14:30open/1500star ¥1200(高校生以下、65歳以上 ¥1000)
共演・・・さとうみつお、大石博臣、Shinobu
太子ホール(滋賀県東近江市八日市町12-12 0748-25-2805)

11/5(火)  石川
詳細未定
溜まりbar夕焼け(石川県白山市幸明町134 076-287-5563)

11/6(水)  福井(※ 変更の可能性あり)
Bar Jake(福井県福井市順化1丁目10-9ドリームタウン2F 090-4167-2805)

11/8(金) 横浜
共演・・・スカンクちかの、他
その他詳細未定
ボーダーライン(神奈川県横浜市中区野毛町3-142 045-242-7774)

11/9(土) 藤沢
21:00頃~ ¥投げ銭
インディアンサマー(神奈川県藤沢市南藤沢4-11第五榎本ビル2F 0466-22-1171)



11/17(日) 北見
詳細未定
オニオンホール(北見市川東37 0157-24-0281)

11/23(土) 恵庭
詳細未定
Mojo Hand Craft&Cafe(恵庭市相生町142 0123-33-4447)

11/24(日) 札幌
「中ちゃんオンステージ」
19:00~ ¥1000
出演・・・中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG(札幌市北区北14西3ゼウスビル地下 011-737-5388)

12/21(土) 札幌
※現在調整中

12/22(日) 札幌
「私は独り言」
出演・・・長津宏文、中ちゃん&隼人、他
詳細未定
KRAPS HALL(札幌市中央区南4西6タイムズステーション札幌1F 011-518-5522)


ツアーで戻ってからは、今度は北見・オニオンホールに初登場。そして札幌LOGでのレギュラーとしては年内最後の「中ちゃんオンステージ」、さらに年末は札幌・クラップスホールのイベントにも出征。

札幌遠征ついでのライブ、11月は前日に恵庭・MojoHandが決まってます。12月も札幌市内のお店で考えているところです。

来年の話をすると鬼に笑われますが、1/10前後に行っていたバースデーライブ「独宴会」のコトもそろそろ思案しなければなりませんし・・・

ああ、忙しい忙しい・・・


最後に。北見市近郊で毎月発行されている「カムキタ」という情報誌があります。前述した『百歌繚乱』の記事が毎号掲載れており、今月号はヨメが出演した時の写真や記事が載っているというコトで買ってみたのですが・・・

カムキタ10月号
う~ん・・・北見に住んで半年・・・

この街って・・・やっぱり「雑」だ。
[ 2013/10/11 20:46 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

がらぱごすッ!(レッド吉田風に)

先日、ブログで「携帯電話の液晶画面が不具合に」と嘆いた。

以来、ずっと誤魔化しながら使っていたのだが、どんどん液晶が映る開き角度が狭まり、ついにはきっちり90°じゃないと映らなくなった。

本体に左手に載せて人差し指で直角に固定し、目線と同じ高さにして画面を覗きこみながら右人差し指でキーを操作・・・

へなちょこスナイパーみたいでとっても嫌でした・・・

しかし本日、新しい携帯が手元に届いた。109SH・・・そう、「ガラケー」です。

「いつ入荷かわからない」と言われ、オンラインショップを見てもピンクか赤しかなかったので躊躇していた。でも「シャープが冬に向けて新しいモデルのガラケーを出す」という情報を知り、もしかすると在庫あるかも・・・と、改めてオンラインショップを覗くと、希望色のブルー(ワタシの中では“ベイスターズカラー”)が出てる!

発見するやいなやすぐに発注したのが一昨日・・・で、本日、もう届いた。びっくり。

正直言って、時代の流れに乗ってスマホになびくコトも頭にはあった。「言うほど便利じゃないし意外と使いにくい」と噂されるスマホでも、「直角でしか使えないガラケー」よりは良いに決まっている。

どうやら「スマホからガラケーに回帰している」というのは単なる噂ではないらしい。メーカーも需要が無ければ新モデルなんて作らないハズだ。しぶとくガラケーにこだわる「アンチ・スマホ派」も数多い・・・という記事も見た。

だったら乗っかろう!反・スマホ!スマホ、ダメ!絶対!

長年使い慣れたガラケーのスタイル・・・同じシャープ製だからキーの配列や操作もほとんど一緒だし、新モデルが出るから型遅れにはなるけど、スマホみたいに画面タッチで操作もできるし、ワンセグだって付いてるし、1310万画素のいいカメラが使えるし・・・

今更自慢にならないか?いやいや、「ちゃんとカメラが使える携帯」ってのは久しぶりなんですョ。さっきまで遣ってたヤツ、もう何年も前にレンズが曇ってマトモに撮影できなかったんだから。ワンセグも無かった。


しかしたった数週間なのに「慣れ」ってのは怖いネ・・・
普通に使えるのに、思わずへなちょこスナイパーの体勢をとっちゃうワケです・・・

[ 2013/10/09 13:55 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

クサイのは大嫌いです!

先週、中ちゃんから頂いた、ありがた~い「風邪」。翌日のソロライブは何とか持ちこたえたものの、北見へ帰ってきてから順調に悪化の一途。

ツアー費用工面の為に10月中だけの短期の仕事を申し込み、北見へ戻った翌日に説明会へ出席したのだが、その時点で喉はイガイガ、微熱に咳も出始めていた。葛根湯では抑えきれないと思い市販薬へシフト。

ところがやはり重症化・・・ついに移住以来初めての病院へ。

お薬を4種類。咳、痰、鼻づまり、そして抗生物質・・・とにかくそう長引かせてもいられないので、現在酒を断ち投薬中。

この土日どちらかで田舎へ行く野暮用があり、何とか本日間に合わせた。滞在約1時間でとんぼ返り。

実は鼻づまりは年中行事で、必ずどちらかの穴が詰まってる。普段は気にならないのに、風邪が伴うと明らかな鼻声になってしまう。似せたくもないのに瀬川瑛子のモノマネ状態。

喉と咳の重症化は毎度毎度、結構きつい状況に。扁桃腺はすぐ腫れ上がり発熱、気管支もヒューヒュー笛を吹き始める。つらい呼吸を押し堪えながら、煙草はそれでもやめない。闘う愛煙家バンザイ!

唄う予定が無かったからいいものの、これでライブなんて出来やしない。鼻水垂らすは、口から痰が飛び出るは、ブレスのたびに咳込んで、歌声は瀬川瑛子・・・

嫌だろう?そんなの。(別に瀬川瑛子さんが嫌だってことじゃありませんので・・・)

よって、本州ツアー、上手くいけば10/20の北見ライブまでに間に合わせたかったニューアルバム録音大作戦も全く前進無し。その前に収録曲すら決まってないんだけど・・・

あ。毎度のコト、タイトルとジャケットの素案だけは固まってます。

そんなボクの1週間の体調。処方薬のお蔭で快方には向かっている。でもまだ油断ならない。またいつぶり返すやら・・・冷や冷やしながら、煙草をくわえてブログ更新中です。

ところで・・・処方薬を飲み出したここ数日、もの凄く短いスパンで「おなら」が出ます。数えてはいないけど、恐らく10分間隔で肛門からチューバの音色を奏でています。ヨメは「ちょっと!」と言いながら、酒を断っているワタシに見せつけるかのようにビールを呑んでいます。その腹いせにわざと大きめにチューバ音を出す毎日です。


お母さん・・・今朝からおならが止まらないんですお母さん!

お母さん!

お母さん!

お母さん!

・・・

・・・

↑ (タイトルへ戻る)
[ 2013/10/06 23:00 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

9月遠征終了&結成4周年!

平成25年9月の室蘭~札幌遠征、無事帰宅いたしました。

9/28(土) 室蘭・ロック居酒屋ええねん

相変わらず熱い店主・ウッシー氏、そしてこれまた熱い歌声を披露していただいた井上さん(ex.ニワトリ番長)、共演ありがとうございました。特に井上さんのライブ前後を問わず繰り出されるトーク(ご当地の変なお店の話とか、某町の変な集落の話とか・・・基本、変な方々の話)、いろいろ勉強になります。

打上げの後は週末というコトで通常営業。我々はウッシー夫妻の自宅に泊まる手配だったので閉店までお付き合い。室蘭で開店し9年目・・・遅い時間でも若いお客さんが呑みに来ていた。すっかり「兄貴的存在」になったのかしら・・・

29(日) 札幌LOG「中ちゃんオンステージ」

前日に風邪をこじらせちゃったらしく「ちゃんと唄えるか?」と心配していた中ちゃん。コチラも唄い易いように普段よりリズム遅め、音量も控えめに弾いたのもあるが、喉を気にして力を抜いた唄い方もあってさほど気になるような声ではなかった。

打上げは中ちゃん特製ラムしゃぶ、シメはそのまま鍋に味を付けてラーメン投入。みんなで舌鼓を打ちながら箸で突きあうワケだが・・・

30(月) 札幌LOG「菊池隼人ソロライブ(ゲスト・Shinobu)」

風邪ひきが作った鍋を突いたためか、朝起きると喉に異変・・・うつされた可能性あるなあ・・・念のため持ち合わせていた葛根湯を飲んでおいたのが効きそれ以上の悪化を食い止めた我々だが・・・

夕方、長津さんから「風邪ひいたので欠席します」というメールが・・・ああ。やられたネ、中ちゃんに。

久々のソロライブ。張り切って少し長めにやるつもりだったんだけど、リハの段階で喉が怪しくなり、本番ですぐに本調子じゃないコトに気付いた。10曲前後で考えていたセットリストから数曲をその場で飛ばし、声を貼りそうな唄は後回し。

そんな3日間のライブ・・・ご来場下さった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。


次回遠征は11月。「中ちゃんオンステージ」に合わせ、今度は前日に恵庭・MojoHandでライブです。


そして12月も札幌遠征決まりました。長津さんが主宰する恒例のクラップスホール「私は独り言」、今年は中ちゃんが共演。そうすると自動的にアタシも出るワケです。

思えば2009年・・・長津さんと中ちゃんのユニット「N☆112」としてクラップスホールに挑む予定だったのだが、長津さんが大病を患い入院生活に入るため、ギタリストとしてアタシが指名された。その時はあくまでも臨時・代役のようなつもりだったけど「折角なら毎月LOGでやろう」と話が進み始まったのが「中ちゃんオンステージ」である。回数を重ねるうちに順調に持ち歌も増え、すっかり長津さんの入る隙もないぐらい息の合った?「中ちゃん&隼人」が出来上がった。

結成4周年・・・初めは「中原さん」と呼んでいたのに、今はもう「中ちゃん」と呼び、さらに「何言ってんだじじい!」とツッコミをするまでに。うん、失礼だよネ・・・

もしかすると往年の?「N☆112」復活もあるかもしれない。そうなればバッキングで我々も参加するのか?

そう考えると、時間が経つのは早いもんだなあ・・・と改めて実感します。


年内最後の予定はこれで決まりそうです。日程は12/22(日・3連休中日)。もしかするともう1組出演者が増えるかも、というところまでしか決まってません。

ついでだからまた前後の日程で札幌近郊遠征ライブ入れるつもり。

冬の遠征はかなり大変になるが、まあ何とかなるでしょう。

[ 2013/10/01 21:20 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)