熱狂?蒸狂?ライブin札幌

7/28(日)、中ちゃんオンステージ@札幌LOG。

蒸し蒸しで、雨が降ったり止んだりの不安定な天気だった札幌。ゼウスビル地下はいつもながらに風通しの悪い環境で、店についてセッティングを始めてすぐに汗だく。勿論、本番中も汗が止まらず、ギターもシットリして来て音がバチャバチャになるは、手汗で弦がやられて弾き辛いは・・・

熱狂?そらあもうアンタ・・・函館のGLAYに負けないぐらいに「蒸狂」でしたョ!

この日は函館がGLAY、岩見沢では「JOIN ALIVE」最終日と、道内各地で野外イベントが盛り沢山。どこも大盛況だったが、そのおこぼれは我々にはなかったようで・・・

ホテルはLOGの近く。しかし日曜日なのに随分と忙しそうだった。何故だろうと思っていたら・・・なるほど。函館で宿が取れず札幌に泊まったGLAYファン、だったようです。

札幌~函館の日帰りなんて並みの北海道民なら「のっぴきならない事情が無い限りなるべくなら避けたい行程」。移動手段がJRやバスだったにしても結構な冒険である。そこを平気で予定を組み、しかも大雨の影響でJRが不通、代替バスで5時間以上かけて札幌に戻った人が沢山いたとか・・・

ええ・・・この人達、北海道舐め過ぎです。

こういう人種は知りもしないで「札幌から函館行って、富良野行って、旭川と小樽と・・・稚内も行きたいナ」という無茶な要望を2泊3日で叶えようとしたりする。北海道を知っている人ならまず止めるに違いない。

東京の大荒れで野外コンサートが中止になり救急搬送が多数出た、という「NEWS」もあった。あれもちょっと屋外を舐め過ぎ。順延が決まってパニックで過呼吸になった人もいたが、映像を見たら薄着の人が雨に打たれて低体温症になっちゃったとか・・・救急隊員のみなさん、ご苦労様です。

暑ければ熱中症の予防もしなければならないし、同時に悪天候を考えて防寒・防雨対策も必要なのが野外イベント。ボクも何年か前、小樽で泉谷しげるの野外コンサートがあって行ったのだが、前日から酷い土砂降り。しかし「雨天決行」とあればそれなりの対策をしなければならず、冬用の防寒ジャンバー上下を着こみ、タオルを頭と首に巻きつけて出掛けた思い出がある。

これから夏本番にかけて野外イベントがいろいろ行われる。みなさま、お出掛けの際はあらゆる出来事を想定してしっかりとした準備を心掛けましょう。

野外ライブは観に行くのではなく、やりに行くもの。出演側だったら控え室もステージもしっかり雨対策されてますからネ・・・

やっぱ、屋根があって座れるところが一番さ!


7/31(水)
「松山隆宏 北海道ツアー」
20:00~ ¥2500(ワンドリンク付き)
出演…松山隆宏(from東京) with タンク宮本(旭川、ベース)
オープニング…菊池隼人
ライブハウス 夕焼けまつり
北見市3条西2丁目 AMビル
0157-23-5819


その後の予定ですが、とりあえず8月は札幌お出掛けナシ!さすがにキツイ・・・

9月はプチ道内ツアーとして、28(土)室蘭・ええねん(我が夫婦で共演)、29(日)札幌LOG(中ちゃん)、30(月)同じくLOG(ワンマンライブの予定)が決まってます。

11月は夫婦で関西。1(金)神戸、2(土)京都(昼・夜のダブルヘッダー)、3(日)滋賀、その後ボクだけが残り北陸や関東圏を廻れればいいかなあ・・・と企て中。

どちらもまたバタバタと決まっていくことでしょう。

スポンサーサイト
[ 2013/07/30 12:17 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

今後のライブと物販について

ここんとこずっと高校野球ばっかりだったんで、ちょっとは「本業」の方の告知しなきゃネ。


7/28(日)
「中ちゃんオンステージ」
19:00~ ¥1000(要オーダー)
出演…中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388


7/31(水)
「松山隆宏 北海道ツアー」
20:00~ ¥2500(ワンドリンク付き)
出演…松山隆宏(from東京) with タンク宮本(旭川、ベース)
オープニング…菊池隼人
ライブハウス 夕焼けまつり
北見市3条西2丁目 AMビル
0157-23-5819


明日、また札幌です。さすがに札幌ドームも円山もスタルヒンも麻生も試合予定はない日。大通のビアガーデンってのもあるけど、明日1泊だから行く時間は無いネ・・・

そして、31日はいよいよ北見で初めてのライブ。夕焼けまつりのマスター・池本さんを上手いコト口車に乗せ、ほぼ強引にこぎつけたこの日。北見をはじめオホーツク圏での「今後の音楽活動」を左右するかもしれない、大事なライブになるかも・・・

まあ、どちらも「いつも通り。今まで通り。」を心掛けて頑張ります。


で、新しい音源「豪華な粗品」(11曲入り・500円)を手売りのみで販売中です。

曲目は次の通り・・・

① だいあぐらむ
② ハイライト・マイルド
③ 街路樹
④ 河川敷のプレーボール
⑤ 帰郷
⑥ 間
⑦ 夢を見る神
⑧ カメムシくん
⑨ オニヒトデの逆襲
⑩ この素晴らしすぎる世界
⑪ シークレットトラック

①~⑤は「伝説の迷作」とごく一部から絶賛される、2004年に発表した50枚限定無料配布CD『粗品』から。本当は6曲入りだったんだけど、6曲目が歌詞ブッ飛んで無茶苦茶だけどライブが思いのほか盛り上がっちゃったからそのまま使おうゼ・・・っていうテイクだったので、今回はボツに。

その他、⑥⑦⑩は2010年のライブ盤『まあ、気にしないで下さい。』、⑧⑨⑪は2011年『菊池隼人の逆襲』と、それぞれ3曲ずつ抜粋。

ほんのごく一部から「『粗品』再発しないの?」と言われ、そのまま焼き直しするにしても当時みたいに無料と言うのは出来ないし、同じ内容で料金を頂くのもなァ・・・

・・・じゃ、他の曲を足して「なんちゃってベストアルバム」ってコトで値段付けちゃえ~・・・エイ!

となった次第です。


是非欲しい!というモノ好きな方は、どうにかしてボクとコンタクトを取って下さい。通販などは今のところ考えてませんが、もし要望があれば何とかします。

決してAmazonで検索しないで下さい。出てませんから。


ついでに初の音源以外の物販品「裏フォーク研究所・ロゴステッカー」も絶賛販売中です。縦約5cm×横約10cm(注意:手作りの為、品によってサイズが微妙にちがいます)で1枚200円、3枚セットなら500円です。

音源CDとステッカー3枚でジャスト1000円!ラーメン屋でラーメンとミニ炒飯に餃子を付けるよりは安いこのお値段!

こいつは買って損は無い!

勿論、得も無い・・・

[ 2013/07/27 22:23 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

高校野球拾い読み

前回のブログがほとんど高校野球ネタだったワケですが、今回もそれで行こうかと。ハイ。

ヨメがいつもながらにセンスの感じない写真を一生懸命ツイッターにアップしてましたが・・・ボクが撮りたかった画像はこういうのです。
高校野球2013
「ちゃんと行ってきたぞ!」という証拠写真。決勝の試合後にすぐ発行される号外と、会場で販売しているパンフレット。パンフレットって要らないかな・・・と思ったけど、北見支部大会の時に買ってみたら観戦のお供に思いのほか役立つことが分かった。

先発メンバーや選手交代の時に参考になるし、ちらほらと見ていれば珍しい名前だとか、意外な出身校だとかが載っていて、暇つぶしに最適!


さて・・・今年の甲子園も各地で出場校が続々と出揃ってきています。北海道は帯広大谷と北照で決まりましたが、高校野球ファンとしてはそれ以外にも「アノ学校はどうなのか?」ってのが気になる時期でもあります。

まず、一番気になる高校は群馬県の高崎健康大学附属高崎(略して、健大高崎)。

一昨年の夏の甲子園、初出場の愛知・至学館の校歌が「校歌らしくなくJ-POPっぽい」と話題になった。しかしだョ・・・開幕式直後の試合に出てきた健大高崎の方が強烈な「校歌でそれはないだろ!」というインパクトを我々に与えてくれた。

前奏なしでいきなり「Be Together~♪」って唄い出したら・・・そらびっくりだわ!

初戦を制したが2回戦で神奈川の強豪・横浜に惜敗。しかし翌年の春の選抜に再度出場し、再びあの「へんちくりんな校歌」を甲子園に鳴り響かせた。

そんな健大高崎、今年は準々決勝で前橋工業に負けてしまった。それでも忘れないぜ、「ビ~トゥギャザ~・・・♪」


続きまして、同じく一昨年の甲子園、2日目の試合で衝撃的なワンシーンを演じた千葉・習志野。

2死満塁で打順は4番と言う絶好のチャンス。普通なら打たせて得点を狙う。「2死から4番でセーフティースクイズ」というのもかなりの奇襲だけど、そんな想像をはるかに上回る「奇襲の中の奇襲」をやってのけた。

満塁からの・・・トリプルスチール!

走者3人が投球と共に一斉に走り出し、次の塁を狙う。っつ~コトは、3塁走者は打者や捕手が待ち受けるホームベースへ走り出す。捕手は投球を取ってそこにいるし、突っ込んだ先で打者がバットを振っていたら危険この上ない。それでも相手の意表を突き、得点に結びつけた。

あの衝撃から2年・・・今年は逆に「残念な意味」で注目されてしまっている。

準々決勝の成田戦。1塁が空いている場面で勝負を避けて敬遠策を取った相手チームに対し、4番バッターがブチ切れて「勝負しろ!」と言い詰めたらしい。

勝つか負けるかの勝負時、作戦として敬遠というのはルール上認められている。自分が打って決めたい気持ちはわかるが、そこで切れたところでどうにもならない。不条理だけど、ルールで認められているコトに対してマナーを破って良い、という理屈は無い。如何なものか・・・

この試合には勝って準決勝には進んだが、何とも応援しがたい・・・そんなに腹が立ったのなら、それこそ「トリプルスチール」でも仕掛けて相手をどん底に突き落とせば良かったのだ。


最後に、熊本・熊本工業。こちらは昨日、甲子園への切符を決めた。

1996年、愛媛・松山商業との決勝。同点で迎えた延長10回裏、犠牲フライでサヨナラで優勝決定か!と誰もが思った大飛球を、ライトが好返球で本塁タッチアウト!ファンの間では伝説の「奇跡のバックホーム」で目の前まで来ていた「甲子園制覇」を取り逃がした。

ただ、伝説と呼ばれてるワリには覚えてないんだよなァ・・・と思っていたら、96年ってボクが高校3年生の頃である。その前年、修学旅行で行った京都で同じホテルに泊まっていたのが熊本工業だった。最初はまあまあ友好的だったが、夜になると態度を一変。中庭を挟んだ向こうからああだこうだ罵声を飛ばし、仕舞いには窓を目掛けて物を投げてくる始末・・・あまりにも腹が立つので何人かが殴り込むぞ!と言わんばかりに部屋を飛び出しては先生が必死に止めるような、そんなとんでもない思い出がある。

向こうも2年生だったとしたら、この「奇跡のバックホーム」で敗れ去った選手の中にあの時の「ならず者」もいたんじゃないのか?

そう思うと・・・素直に応援できないんだよネ・・・後年「奇跡のバックホーム」の話を知った時、正直言って「ザマ見ろ!」と感じました。



・・・少々長くなりましたが、そんなこんなで今年も甲子園から目が離せません。応援したい学校、したくない学校・・・興味を持って観ているといろいろな趣があります。

スポーツですから「勝つ為には手段を択ばない」という戦い方もあります。「負けても悔いが残らないように」という気持ちも大切です。どの学校にも勝たせてあげたい・・・それも本音の中にはあります。ただ、試合毎に勝者と敗者が出てしまいます。多くのファンはきっと「ただ強いだけ」のチームに期待するだけではなく、そうじゃない部分を冷静に見ているのだと信じております。

地元からの応援を強みに・・・そういう意味では、やっぱり北照ってどうなんだろう・・・昔ほどじゃないけどまだまだ大阪出身の選手が多くて、小樽の人も素直に応援できないってのが本音らしいです。

[ 2013/07/25 23:38 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(2)

旅の記録 ~札幌遠征ライブと高校野球観戦~

7/19(金)、澄川・モダンタイムでのライブ。出演順・・・門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)

札幌市内ではプロ野球オールスターゲーム第1戦はあるし、他のお店でのライブやイベントも盛りだくさんの日取り。

群馬からやって来たmitiさんの為にも、久々のモダンタイムの為にも何とか集客をがんばりたかったけど・・・ちょっと残念でした。でも共演をお願いした門前さんはモダンタイムはほとんど主戦場だし、初参戦の内藤くんにもお願いして良かった。トリのmitiさんもビシッと締めて頂いたし、これでまた新しい結びつきが繋がったのなら、微力ながらそのお手伝いは出来たのかな、と思っております。

皆さん、お疲れ様でした。


で、時間は前後して19日の昼・・・旭川スタルヒン球場に寄り道。

そして、翌20日、さらに21日と・・・札幌円山球場へ。

今年の夏の甲子園へ出場する北海道代表2校の決定の瞬間に立ち会えた。

北北海道は帯広大谷。旭川南は先制したが、満塁のピンチをしのぎ切れず同点にされ、決勝点も満塁からの押し出し死球・・・春も合わせて初めての甲子園を狙う帯大谷の勢いに押された感じだった。

球場が球場だけに地元・旭南を応援する観客が多かった。ボクは勿論、一応は十勝出身者として帯大谷を贔屓目に見ていた。でも、最後は勝利を称える大きな拍手・・・そうだよな~・・・昔は支部予選敗退組だったもん。当たったチームは「ああ、大谷なら初戦は勝てるね~」ぐらい・・・いや、しっかり強くなりました。

旭南リード、追加点のチャンスでリリーフした帯大谷の佐藤投手が凄かった。ランナーを背負った場面なのに初球でいきなり山なりのスローカーブ!旭南をすっかり翻弄、追加点を与えなかったのが勝利に結びついた。

南大会、準決勝2試合が北照vs函館大有斗、駒大苫小牧vs函館大柏稜という、どちらも「甲子園常連校vs函館大附属」対決。残念ながら函館勢2校が負けて、決勝戦は北照と駒苫、まさに「横綱対決」。

同点に追いつかれ迎えた9回、北照がノーアウトから8連打、さらに押し出しで一挙6点・・・春季大会決勝で敗れた駒苫を豪快に打ち崩し雪辱を晴らした。

ボクは勝敗を分けた点は2つあった、と思う。

まず1つは北照のエース・大串選手。準決勝はリードされた場面からリリーフ登板し後続を抑え、味方の逆転を呼び込んだ。そして先発した決勝。駒苫打線が攻略しつつあったんだけど、絶妙な牽制球で走者を次々とアウトにしていく。牽制で場内を沸かせる投手なんてなかなかいないよ。駒苫が2点先制しさらに1死満塁の場面・・・鋭いライナーをしっかり捕球し併殺、追加点を許さなかったのも大きかった。

もう1つは、守備陣の意表を突く絶妙なタイミングで繰り出されるセーフティーバント。駒苫ナインの心をことごとくへし折っていく・・・

ほぼ満員の円山球場、雰囲気は駒苫応援が優勢だったかなァ・・・優勝時のキャプテン・佐々木くんが監督ってのもあるけど、大音量でビシッと息の合った全校応援の迫力もあったのかな?生徒数の関係で北照はいつも管楽器がなくて太鼓と声援だけだからもっと強調されていただけなのか・・・


こうして3日で計4試合を現地観戦・・・天気も良くてすっかり日焼けで真っ赤になっちゃったけど、それすらも感じさせないような目の離せない試合ばかりでした。


「お前は高校野球を観に行ったのか!ライブじゃないのか!」と怒られそうなぐらい野球ネタばかりでしたが・・・まあ、いいじゃないですか。南北2大会の決勝戦を一気に観る機会なんて今後もなさそうな経験なんですから。そう言えば、札幌で2泊した間にラーメンは1度も食べなかったなァ・・・それもボクにとっちゃ珍しい経験です。


絶妙な日程に「札幌でライブできませんか?」と連絡してくれたmitiさんに感謝です。


ふう・・・1週あけて、また札幌です・・・


7/28(日)
「中ちゃんオンステージ」
19:00~ ¥1000(要オーダー)
出演…中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388


北見移転後初ライブ!


7/31(水)
「松山隆宏 北海道ツアー」
20:00~ ¥2500(ワンドリンク付き
出演…松山隆宏 with タンク宮本(ベース)
オープニング…菊池隼人
ライブハウス 夕焼けまつり
北見市3条西2丁目 AMビル
0157-23-5819


高校球児に負けないぐらいの熱いステージ!・・・ってのは無理なので、自分なりに、それなりに頑張ります。

[ 2013/07/22 22:13 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

遠征行くぜ!&北見初ライブ決定!

今月は札幌遠征が2本。

まず1発目は、明日!

7/19(金)
20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
出演順…門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)
Music&Bar モダンタイム
札幌市南区澄川3-2 ハイツリービル3F
011-832-0235

mitiさんは群馬在住。毎年LOGだったんだけど今回は日程が合わず、モダンタイムにお願いしてのライブ。昨年のツアー「関東3番勝負」初日の前橋「虫の音」でも共演していただいたし、少しは札幌にも洒落た店があることを教えないと・・・

2発目は最終日曜日!

7/28(日)
「中ちゃんオンステージ」
19:00~ ¥1000(要オーダー)
出演…中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388

毎月は無理なので奇数月だけになった「遠距離ユニット」中ちゃん&隼人。さて、今回の打ち上げは何だろうなあ・・・

そして、ついに決定!北見移転後初ライブ!

7/31(水)
「松山隆宏 北海道ツアー」
20:00~ ¥2500(ワンドリンク付き
出演…松山隆宏 with タンク宮本(ベース)
オープニング…菊池隼人
ライブハウス 夕焼けまつり
北見市3条西2丁目 AMビル
0157-23-5819

松山さん及びタンクさんより承諾を得て前座として夕焼けまつりに殴り込み。前回札幌でお会いした時は引っ越しが決まって「北見で一緒にやろうよ」と言って頂いたコトをふと思い出し、無理矢理にねじ込んだようなモノ。


今日の一句・・・

「何事も
  やってしまえば
    こっちのもん!」

そんな所存でやり抜きます。


さて・・・


そんなワケで明日は札幌へ移動するワケですが、ちょうど北見と札幌の真ん中ぐらいに旭川ってのがあるんですネ。で、旭川スタルヒン球場では第95回全国高等学校野球大会・北北海道大会の決勝戦・帯広大谷vs旭川南が13時から行われます。決勝ですから、勝った方が今年の甲子園へ行くんです。

・・・見ない術は無い。

ついでに明後日20日も昼間は暇なんです・・・札幌円山球場では南北海道大会の準決勝2試合なんです。21日は決勝だし・・・

まさかの・・・南北代表決定の瞬間に立ち会えるか?

[ 2013/07/18 22:50 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

3連休のまとめ

・・・ッつ~ワケで、ライブ鑑賞、高校野球観戦に明け暮れた3連休の土日。最終日ぐらいは家でのんびりしようじゃないか!

ところがやはりただゴロゴロするような柄ではない。19日のライブに向けて準備を進める。


まずは物販品の充実を図る。


先日、当ブログで発表した「裏フォーク研究所」ロゴ。さらに2つを考案し、計3種類のデザインを作ってみた。

まずは先日お知らせした「ト〇タのレーシングパーツっぽいヤツ」。
裏フォークTRD風

続きまして、「ス〇キのバイクっぽいヤツ」。
隼ロゴ

そしてつい先ほど完成した「イギリスのオイルーっぽいヤツ」。
裏フォークカストロール

この3種類をステッカーにして売り捌こう。

音源の方は「自宅録音作戦」が思いのほか進まず、それでも何か新しいCDがあるといいナ・・・と思案した結果、「なんちゃってベスト盤」を作ってみた。

タイトルは「豪華な粗品」

2004年、50枚限定無料配布用として制作し一部マニアから『幻の迷作』として伝説化されつつあった「粗品」を甦らせ5曲、さらに「まあ、気にしないで下さい。」「菊池隼人の逆襲」から3曲ずつを厳選し、計11曲収録。

元は無料だったけど直近2作からの曲も合わせたので金を取る。¥500の予定。


新音源「豪華な粗品」、ステッカーも合わせて19日のライブより持ち歩くつもり。買ってくれたら旅費も助かります。


7/19(金)
20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
出演順…門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)
Music&Bar モダンタイム
札幌市南区澄川3-2 ハイツイービル3F
011-832-0235

[ 2013/07/16 22:02 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

2013年7月14日の菊池家の動き

3連休2日目(日頃から・・・ry)。

朝8時半起床。前日の夜更かしをもろともせず、準備を済ませ我々夫婦は旭川へ向かう。

前日に開幕した第95回全国高等学校野球大会・北北海道大会第2日目を観るため。

この日は現在の地元・北見代表と元々の地元・十勝代表の対決が2試合という、個人的には絶好の日。第1試合(標津vs旭川龍谷)はラジオで聴きながら移動し、第2試合(遠軽vs帯広三条)の途中で到着、第2試合(女満別vs帯広柏葉)は最後まで観戦。

今年のセンバツ21世紀枠で念願の甲子園の土を踏んだ遠軽が逆転で敗退、昨年のセンバツ21世紀枠だった女満別も負け、初日の北見北斗を含めた北見3代表が初戦敗退。逆に帯広大谷が開幕試合を制したので十勝代表の帯広3校が初戦を勝ち進んだ。

春、夏と北見支部の数試合を観たのだが、遠軽も女満別も持ち前の攻撃力がなかなか発揮できず、どちらかというと「突き離せそうで突き離せない展開」が目立った。勝敗を分けたのは「経験の差」ぐらいである。

しかし、その「経験値」すらもアテにならないのがよくわかった。

遠軽は相手のエラーや四球で序盤に点を挙げるがヒットは単発ばかりでそれ以上の点が入らない。中盤からは帯広三条が押せ押せムード。あれよあれよと思う間に試合をひっくり返した、5-4で逆転勝利。

女満別に至っては初回に幸先よく1点を先制したが、そこまでだった。その後やはり帯広柏葉に逆転を許し3-1。

経験だけなら遠軽・女満別の2校が絶対に上だった。帯広の2校は強豪へ挑む気持ちだったのだろう。その「チャレンジャー精神」が試合を優勢にさせたような気がした。


本音なら昨日も行きたかったけどさすがに2日連続の旭川日帰りは無理。来春閉校の「最後のヒグマ打線」駒大岩見沢が観たかったが、第1試合だもん・・・9時に試合開始って、何時に起きればいいの?


行けない分はラジオで応援。駒岩は1回戦に勝ったが、先ほど敗退した。

「駒大附属」と言えば2連覇・3年連続決勝進出で「苫小牧」ってなっちゃったけど、それまでは「岩見沢」の方が「甲子園常連」というイメージだった。南大会での「駒大対決」はひとつの風物詩。参加校の減少で空知が北北海道に編成されて間もなかったけど、結局「駒大2校揃って甲子園出場」の夢も無くなってしまった。


そんなこんなで取り敢えず北北海道大会はベスト4が決まった。これまたどちらも帯広勢が勝ち進み、今度は旭川勢と対決する組み合わせ(帯広大谷vs旭川工業、帯広柏葉vs旭川南)。

順調にいけば明後日19日が決勝戦。札幌へ向かうついでにプラ~ッとスタルヒン立ち寄って行こうかどうしようか思案中。

7/19(金)
20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
出演順…門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)
Music&Bar モダンタイム
札幌市南区澄川3-2 ハイツリービル3F
011-832-0235

ついでに20日の昼間に円山球場で南大会も観ようかしら・・・

[ 2013/07/16 16:32 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

2013年7月13日の菊池家の動き

3連休初日(アタシは日頃から連休中だけどネ・・・)。


1週間で3度目のオニオンホールへ。この日の出演は、MANABUさん、湊恵行さん、なつきさん、細野篤さんの北見勢、そして金沢を拠点に全国を廻っているソーセージ(晴志さん&平野壮さん)。

ソーセージのお二人とは昨年8月、札幌LOGでの「プロジェクトFUKUSHIMA!」以来。会場についたら入り口前の喫煙所で後ろ姿が見えたのでそ~・・・っと近付き「こんばんわ~!」といきなり声を掛ける。

「わー!え?え?何でここにいるの?ここ、どこ?」とやたら驚くお二人。

数日前にLOGだったから、そこで我々夫婦が北見にいることは教えてもらっていると思っていたが、全く知らなかったご様子。むしろボクが居ないのを誰も口にしないからLOGでも聞き辛かったらしい。

昨年は春に結成したばかりだったけど息の合わせ方が絶妙だった。今年はさらに磨きがかかっていた。二人とも弦をブチブチ切りながら、しかし決して飽きさせず、次から次に繰り出されるロッケンロール!そして、笑い!

我々は打上げまでは予定していなかったんだけどMANABUさんのご厚意で参加。オニオンホール自家焙煎コーヒー豆を使った「コーヒー酎」が最高に美味かった。水割りにしてもしっかり香りが立っていて、ついつい長居してしまった。話題と言えば共通の知り合いミュージシャンの陰口?とか・・・

結局、帰宅したのは午前2時。そそくさと夜食を済ませ、床に就く我々であった。

[ 2013/07/16 16:22 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

ここ最近のコト

先週13日(土)、北見・オニオンホールへ初めて行く。札幌より御曼けゑ志さん、東京より加藤MAAさん、そしてヨメ・Shinobuは移住後初ライブ。地元勢からは中原くん、おちゃぴい、サキンヌさんを交えての計6組。

北見で活動する方々と触れ合えたのも良かったし、さらにMAAさんのカッコ良さ・・・収穫盛り沢山だった。ヨメも評判が良かったし、何より「たまにしか観れない生KC」で北見工大生チームが物凄く盛り上がっていて、概ね軽く殺意。


17(水)、再びオニオンホールへ赴く。今度はロックバンドのライブ。結成30年のザ・プライベーツをメインに、帯広のステラ、北見からはドクトルGと野良犬の計4組。

久々に大音量・大音圧のロック。後ろの方で観てはいたんだけど、やはり耳がやられた。慣れてる人はあの残響がいいんだろうけど、日頃から地味な音しか聞いていないフォーク人間にとってはなかなか辛い。やっぱり歌詞が潰れるのは勿体ないような気もする。

耳がキーンとなったまま丸2日間、軽くめまいと殺意。


(・・・殺意しかないのか?)


で、本日はまたオニオンホールへ行く予定。今日はソーセージの北海道ツアー。せっかく北見で知り合ったけどまだステージを観ていない方々も出る。

1週間で3回も行くなんて・・・LOGか?


で、来週はまた札幌へ遠征です。


7/19(金)
20:00~ ¥1500(ワンドリンク付)
出演順…門前浩一郎、内藤篤、菊池隼人、miti(群馬)
Music&Bar モダンタイム
札幌市南区澄川3-2 ハイツイービル3F
011-832-0235


引っ越す前日にライブ、という暴挙をやったモダンタイムへ久々に行く。群馬のmitiさんは勿論、内藤くんも確か初めて出るハズ。

当日は札幌ドームでオールスター戦なので道混みそうだナ・・・オールスター戦に負けないぐらい、こちらもオールスターキャスト?




「ピンポーン・・・」


<<裏フォーク研究所からのお知らせ>>


日頃より当研究所をご愛顧下さり、誠に有難う御座います。

この度、ついに当研究所のロゴマークが出来ました。

裏フォークTRD風

クルマ好きの方なら元ネタは明らかだとは思います。

今後はロゴを配したTシャツなどアパレル、はたまたステッカーなどなど、オリジナルグッズを充実させ、CD以外の物販品を展開していこうかと企てております。

これからも裏フォーク研究所、何卒御贔屓に。


自称・所長より

[ 2013/07/13 13:31 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

目論み、絶賛崩壊中!

6/28(金) ①門前浩一郎 ②隼人 ③リンダ ④長津宏文

6/29(土) ①長津宏文 ②ハシモニュウ ③Shinobu ④ラスタ ⑤宿畑(宿無ノ以蔵+ゲスト・高畑まゆこ) ⑥泥屋 ⑦隼人


LOG2夜連続、お疲れ様でした。誰よりも疲れていたのは間違いなく、ボクだと思います。

28日の昼は薄野のホテルでひとりきり。前夜に呑んだ酒で頭も内臓もやられた状態で寝ていたが、これは少し酒を抜かねば夜まで持たないナ・・・と、暇潰しと遅めの昼食も兼ねて大通の焼きそば屋で食事し、狸小路~薄野界隈をぶ~らぶら。住んでいた間は「いつもの風景」だけど、少し離れただけなのに「オノボリさん」気分でお散歩。

ホテルへ戻る前に、久し振りにバットでも振ろうかと「スラッガーズ」へ。2000円分のカードを購入。1回につき30球、それが7回分。明日も時間があれば・・・と、軽く汗を流して日頃の運動不足と宿酔を一気に解消じゃー!と打席に立つ。これが思い通りに打てないモンで、ボテボテのゴロばかり。やっと当たりが戻ってきた所で30球終了。ならばもう30球・・・う~ん、もう一度・・・とやっているうちに、カードを使い切る。210球をほぼ連続で打ち続けた。

軽く汗を流すつもりが、すっかり汗だく・・・しかも両腕はパンパンで握力は低下。ギター弾けんのか?取り敢えず体を休めるべく、ホテルのお風呂に入り仮眠。

夜、LOGへ。リハで何とかギターは弾けることを確認。出番は2番目だったのでゆっくり呑み、早めに上がって明日に備えよう・・・という目論みも九州の麦焼酎にすっかりはまり、ホテルへ戻ってみれば午前3時。ま、こんなもんですね。

翌朝、しかも8時前に目覚めて朝食を食べ(なんだ!この食い意地は!)、10時に一旦チェックアウト。連泊で部屋が取れずこの夜だけ別のホテル。次のチェックインまでの時間をどう潰すか・・・ヨメと藤野で墓参りし、そのまま手稲の「アジャンタ」へカレーを食べに行く(だからこの食い意地はなんなんだ!)。この頃、前日痛め付けた筋肉の疲労度はさらにエスカレート。特に左肘が曲がらない・・・

この日のホテルは北大前、LOGのすぐそば。だったらギリギリまで寝られる。でも早めにリハやってから飯でも行こうか・・・という目論みは、やはり意外な形で崩れ去る。6時半頃に店に行くと、ビルの前に人だかりが・・・学生がタムロしてるのか?と思ったが、見覚えるのある顔触れが・・・あ。共演者・・・先に店を開けておく手順だったケイくんが見事に寝坊。行く宛てのない先乗りリハ希望組が溢れ返っていた。念のため店のカギを持ち歩いて良かった・・・何故かボクが店を開け、ケイくんが来るまでリハにお付き合い。どうなってんだョ、全く!

翌朝もチェックアウトだし早めにお開きを・・・という目論みもやはり崩壊。麦焼酎を煽りながら残った方々とクダラナイ莫迦話に花を咲かせ、この日も2時まで。もう、これだから嫌になっちゃう・・・

30日は最終移動日。折角だから、と札幌ドームでプロ野球初観戦。連勝で5割復帰、勢いに乗っていたはずの日本ハムがさらに連勝を延ばし、喜び勇んで北見へ帰ろう!という「最後の最後の」目論みすらも完膚なきまでに大崩壊・・・これで今年の観戦は旭川とで2連敗、昨年の帯広2連戦からだと4戦3敗・・・

そして、肉体はついに悲鳴を上げた。寝違えたのか、遅い筋肉痛なのか、駐車場から出ようと右を向いた瞬間に首筋を激痛が!・・・北見まで約4時間の行程、顔はほぼ正面を向いたままの運転。これはこれでまた辛い。


そんな珍道中でした。ははは。


7月も2週に分けて札幌へ。本当、体と心は持つのか?


7/19(金) モダンタイム(南区澄川3-2 ハイツリービル3F)
共演・・・miti(群馬)、内藤篤、他(詳細未定)

7/28(日) 札幌LOG(北区北14西3 ゼウスビル地下)
出演・・・中ちゃん&隼人(19時~ ¥1000)


そして、次のプロ野球観戦は8月の帯広です。


ふう・・・いろんな意味で首が回らなくなりそうです・・・

[ 2013/07/01 12:43 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)