おほっ!オホーツク!

北見へ物件の下見に来た3月初旬、帰りに「丸瀬布から比布まで高速無料だからそれで帰るべ!」と下調べもせず国道39号線を旭川方面へクルマを走らせしまい、猛吹雪後の猛烈悪路&まだ吹雪模様の石北峠及び層雲峡経由という、「道内ドライバーでもなるべく避けたい難関ベスト3」の一つを泣きゲロ吐きながら生きて通り抜けて帰って来た。

(ちなみに「難関ベスト3」、他には真冬の日勝峠と、真冬以外の日勝峠・・・冬は冬で命がけだけど、あすこは夏場でも濃霧が酷い・・・っつ~より、ほとんど雲の中・・・)

本日は来たるドライブシーズンを前にして「丸瀬布ICの乗り口確認」を兼ねて、先週納車したてのカルディナGT-Tを繰り出し出発進行!(ハイオク満タン6600円は痛いけど・・・)

北見~留辺蘂~遠軽~丸瀬布~白滝(折り返し)~丸瀬布~紋別~常呂~北見、の順番。誤って石北峠へ行ったのは留辺蘂から生田原・遠軽方面へ曲がり損ねたから。ICの入り口は確認できたし、近くの丸瀬布の道の駅の蕎麦が美味しいことも確認。折角ならちょいと遠回りしてサロマ湖も眺めながら・・・と、行程にして丸6時間、オホーツクを満喫するドライブとなりました。

後半はファイターズの負け試合をラジオで聴きながら、それでもサロマ湖畔の雄大な景色や広がる原生林を堪能しながら帰って来れた。サロマ湖の道の駅でホタテ乾物&ホタテ燻製&鮭トバを購入・・・ツマミにはいつもソツがない夫婦である。


しかし何故・・・今、後半から振り返ろうとしたのか・・・それはですね・・・


ドライブの前半が・・・そりゃもう・・・気持ち悪かったんだあ。

まず、留辺蘂から国道242号を遠軽へ向かい曲がった道。ここは十勝沖地震で崩れた後から人柱の骨が出たコトで有名な「常紋トンネル」があるのは知っていた。でもトンネルがあるJR石北線は国道と離れてるし・・・とタカをくくっていたら、線路が離れつつある林の中に「廃墟」が見えた。そしたら、そこはまるで「集落まるごと廃墟の塊」・・・で、ちょっと行けば「常紋トンネル殉職者慰霊碑」の看板・・・

どひゃ~あ!何じゃここはッ!

そしてその後、丸瀬布から紋別へ向かう山道へ迷い込む。「わ~い!3S-GTエンジン楽しいぜ~!」とクネクネした山道をしばらく楽しんでいたら、ちょっと森林地帯より開けた場所に出た。小さな川沿いに「〇〇町跡」と書かれた不可思議な看板があり、建物の基礎らしい部分だけが残されている。何だべかあ・・・と走っていると、次々に古い町名の書かれた看板が次々と現れ、壁だけが取り残された建物や、明らかに団地だったような廃墟が6棟ぐらいドカンと現れ出し、「何じゃここは~!」とトワイライトゾーンへ誘われていくような感覚に・・・

「ワシらは何て地域にやって来たんだ~!?」と叫ぶ我が夫婦・・・

たらりらたらりら~♪(※注 「トワイライトゾーン」のテーマ曲)


・・・


帰宅後、気になった廃墟群の正体をパソコンで検索。すると、いろいろオホーツク地方の「歴史の光と闇」が見えてきた。


・・・


紋別にあった「〇〇町跡」の看板は、かつて国内有数の発掘量を誇った「鴻之舞鉱山」で栄えた町の名残だった。全盛期は14000人あまりが住んでいたが、金の暴落と資源枯渇でその後衰退。現在はその繁栄した町の息吹を残そうとする保存会の方々がいて、古い町名の記した看板を立てているんだとか。


・・・


前後して、常紋トンネル付近で見かけた廃墟群は現在でもJRの「金華駅」という無人駅がある集落で、どうやらまだごくわずかに数世帯は暮らしているようだ。「秘境駅マニア」には有名らしく、サイトには駅内と周辺の画像がわんさか出ている。遠軽へ抜ける為の信号機があったり、山を越えず網走へ折り返す路線があったりと、石北線の運航にはなかなか重要な役割を担っているみたい。


・・・


気持ち悪い、と言っては失礼なぐらい、ちゃんとした歴史に裏付けがあった。全く知らないでわあわあ騒いでいたのが恥ずかしいよ・・・

侮れないぜ!オホーツク!


しかし、驚くのも当然だと思いませんか?何も知らずに数時間クルマを走らせただけで、本当に次から次と廃墟群に出くわすんですぞ?

「廃墟」にいとまがないってのはこういうコトなんですネ・・・はい、失礼。

スポンサーサイト
[ 2013/04/21 23:29 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

物欲、徒然なるまままに・・・

北見暮らし第3週目も終え、順調に主夫業に勤しんでおります。

さて、新しい生活のためには何かとモノを買い揃えたり買い替えたりする必要がありまして、ボクがその買い出しや価格調査の担当だったワケですが、家具類も大体揃いつつあり、要らない物を捨てたりして、やっと新しい我が家に慣れつつある今日この頃です。

ついでと言ってはナンですが「価格調査」の名目でありとあらゆる類のお店に出入りしていると、やはり『物欲』って~のは沸々と湧き出てくるモノでございます。


物欲、徒然なるままに・・・金魚を飼い始めました。

小赤を5匹。今週に入って残念ながら2匹が立て続けに天国へ召されてしまいましたが、残る3匹は元気に泳いでおります。


物欲、徒然なるままに・・・クルマも買っちゃいました。

公共交通があまり充実していない街なので、夫婦で1台共用だと何かと不具合が出るんです。ヨメを説得し、中古車購入にこじつけました。平成9年式トヨタ・カルディナGT-T。田舎で眠っているダイハツ・ストーリアX4以来、久々のターボ4WD・・・ついつい無駄に加速してしまいます。


物欲、つ(以下略)・・・買った本は2冊。

ベースボールマガジン社『保存版プロ野球助っ人外国人大図鑑』と、洋泉社『秘蔵写真でよみがえる!近鉄バファローズ』。もともとパ・リーグ派で、怪しい助っ人選手が大好きだったボクにしてみればどちらも感涙せざるを得ない秘蔵版です。


物よ(略)・・・更に野球グッズが増えました。

スポーツニュースのサイトで見つけ、「欲しい!」と以前ツイッターで叫んだベイスターズ誕生20周年グッズ『ホエールズ・ベイスターズ・コレクション(WBC)』のポンセTシャツ2種類。当然ヨメは呆れてましたが、届いた実物を見て「私も欲しい!」とほざいております。


ぶ(ry)・・・そのTシャツのデビュー戦が決まりました。

今年から旭川スタルヒン球場に照明が整備され、そのこけら落としとなる6/2(日)の交流戦・日本ハムvs横浜DeNA戦のチケットを申し込みました。道内初の屋外ナイター・・・さすがに人気のようで、内野指定席が3塁側しか空いてなかったのですが、そんなに北海道にベイファンなんて居ないだろうし、日ハムのベンチも良く見えるからいいんでない?と、残り少ない指定席をゲットしました。一応は「ポンセTシャツを着ながら日ハムの応援」という建前のつもりです。ただ、展開によっては「隠れベイファン」の血が騒いで寝返るかも・・・


ちなみに買った2種類のポンセはこちらです。(横浜DeNA公式サイトより)
wheelsponce.jpg
8bitponce.jpg


さて、ボクの『物欲』と言えば「怪しい中古ギター」に向きそうなモノなのですが、北見市内の大手系リサイクルショップを隈なく眺めていてもあまり「美味しそうなタマ」が見当たりません。中途半端な楽器類しか並んでなくて、しかもそこそこいい値段が付いていて、ボクの喉元で今すぐにでも飛び出さんと待ち構える「手」の出番がなかなか無くて困っちゃいます。

でも、個人経営の中古品店、しかも「店の佇まいからして既に中古だろ!」というようなお店は幾つか発見したので、そこで「物欲弾道ミサイル・喉手1号」が勢いよく発射される事態はあるのかどうか・・・


徒然なるままに・・・金使うことばかり考えてますなあ・・・ダメな主夫の典型ですネ・・・

[ 2013/04/19 12:51 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

ここが「雑」だよ?北見市内

北見での暮らしも早2週間が経過。ヨメは作業着で芝刈りへ、ダンナは川で洗濯を・・・ってな具合で「専業主夫」街道まっしぐらのアタクシでございます。

買い出しやらでクルマに乗る機会も多く、ついでに町を知ろうと遠回りしてみたり知らない道へ入ってみたりしているんだが、これがまた不思議な風土でして・・・

ツイッター並びにフェイスブックで北見の印象を「雑」の一言で括ってみたのだが、どうやら一部より「雑ってどういうコト?」と疑問符がぷかりぷかり浮かんでいるみたいなので、具体的にどういうところが「雑」なのか、ちょいと書き並べてみたいと思うわけです。


まず、気候。

春先なので当然かと思うが、最低・最高気温の差が結構激しい。朝方は0℃前後で、最高は10℃前後。それだけなら季節的にありあえるけど、最高気温は大抵午前中に記録しているようだ。朝はすんごい快晴であたたかくなりそうだなァ~・・・と油断していると、昼過ぎに急に曇り出しググンと冷え込む。家で窓を開けっぱなしにしていたり、薄着のまま外へ出たりすると、切ない昼下がりを味わう羽目になる。


そして、地理。

住処のある西北見地区はもともと農地で、そこに近年大型ショッピングセンターが立ち並び、住宅街も出来上がってきたらしい。なので、大きい通りは整備されているが、一本入ると砂利道である。しかもほとんどが袋小路。抜け道かと思い入ってみると住宅しかない行き止まりで、近隣住民の不審げな視線を浴びてUターンするのみである。

実際、我が家の前は砂利道、しかもかなりのぬかるみに砂利を敷き詰めただけなので、うっかりすると泥にハマる。クルマも、人間も。


続きまして、交通。

はっきり言うけど、北見のドライバーは「下手くそ」が多い。みんなあまり飛ばさない。勿論「安全運転」の観点では歓迎なのだが、「ひとり安全運転」ばかり。要するに、交通の流れだったり、周囲への気配りの為のゆっくり運転ではなく、自分さえ良ければオーライ!とでも言わんばかりの身勝手さ。ある程度固まって走ってくれた方が右折待ちの時なんか曲がりやすいのだが、飛ばすわけでもなく、車間を詰めるわけでもなく、ちんたらちんたらと微妙な間隔で直進車が来るのでなかなか曲がれない。で、そのクセに大型店の駐車場は我が物顔ですっ飛んで来るんだよ・・・

あと、「片側2車線のどちらかだけがやたら混む」ってのもある。例えば直進したいが前方に左折車がいて混んでいたなら右車線に移ればいいのに、ひたすら左車線をキープしたがる。車線変更があまり得意ではないようなのだが、目的の交差点の近くになって急にアイルトン・セナばりの幅寄せをしてくるから、都会の忙しなさに慣れた札幌ドライバーはナイジェル・マンセルにならざるを得ない。

多分、道の作りと交通量が釣り合ってない。だから、横やバックミラーをあまり気にせず、前しか見てないんじゃないか?と、思う。


さて最後に、買い物に行くと気になる点。

何故か「特定の品物だけが切れている」。特に安売りしてるってコトでもなく、ごま塩だけ、とか、芳香剤の特定の香りだけ、といった具合に棚が空になっている。「よく売れるから多めに仕入れよう」とか、「棚が空きそうだから在庫を出そう」という姿勢が感じられない。「売り切れたモンは売り切れ!」「そもそも在庫なんてないんだよ!」「隣の別のヤツ買って!似てるでしょ?」とでも言いたいのか・・・


・・・と、ま~そんなワケでして、一応生まれは同じ道東の十勝、しかも旧・ふるさと銀河線沿線だというのに、これほどまで何かと違うものか!と面喰っている状態です。

札幌とも違うし、帯広ともまた一味違う、ちょっと独特の雰囲気を持った街・・・

本当にもう、毎日が「超・北見」です。


・・・いろいろグチグチ言わしてもらいましたが、それでも何かとそれなりには楽しんではいますがネ・・・
[ 2013/04/13 22:54 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)