2011の逆襲

おそらく年内最後のブログ、だと思います。

バイトは今日が仕事納め。仕事始めは明日・・・要するに、晦日も元日も有って無い様なモノ。

今年の自分を顧みると、私生活では現在のバイトを始めたり、結婚したりで、ひとつの大きな伏し目・・・じゃなく「節目」だったのかもしれない。

音楽活動としては『オニヒトデの逆襲』って唄がやたら評判が良く、その勢いのまま『菊池隼人の逆襲』というCDまで作っちゃった。溜めていた曲もまだまだ沢山あるし、早くまた次回作を作りたいんだけど、いかんせん、『逆襲』がまだ5枚程度しか売れておらず・・・前作『まあ、気にしないでください。』も若干在庫中なのに・・・

それより、今は中ちゃんのレコーディングがしたい。

長津さんの曲もあるし、こないだボクが書いた『黄昏』と『中ちゃん・愛のテーマ』の2曲もある。あとは中ちゃんのオリジナルも合わせれば1枚分にはなりそうだ。

よし!来年こそは本腰を入れようか!

と、毎年思うんですが・・・ネ?

んなワケで、今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
[ 2011/12/31 15:30 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

今年をぶり返す ~がんばろう!栄村!~

いつからだろう・・・年末年始のテレビの特番ってこんなにつまらなかったかしら?全然興味がわかない。

幼かったのもあるんだろうけど、昔はどの番組を観ようかとテレビ欄にしがみついて、録画する番組と実際に観る番組を振り分けたりしてワクワクしていたっけか。

報道系はほとんどが震災ネタ。仕方ないんだろうけど、「3.11・・・何が起きた?」って言われても、何があったかぐらいみんな知ってるのに・・・

ま、今年は震災に尽きる。3.11、未曽有の大地震が長野県栄村を・・・

え?だから、そっちじゃないって?

バカモンっ!あの日、東北で何事もなかったら栄村大震災が重大ニュースだったんだぞ!

「3.11を、我々は忘れてはならない」とか言いつつ、栄村は3.11当日からすでに忘れられていたんだぞ!

確かに、国家を揺るがす大きな被害という意味では東日本大震災の方が大きな出来事である。

規模だけで比較すればそうなんだけど、その土地で生きている人間の身になれば、どちらも等しいハズなんだけど・・・

ど無視、この上なし。

ボクは僅かばかりだけど、栄村に寄付をした。ちゃんと使ってもらえそうだったから。

どうやら東北の方では、集まった義捐金や支援物資の一部が住民のもとへ届いていないのではないか?という疑惑が浮かび上がってきた。真相はどうなんだかわからないが、「ああ・・・やっぱりな・・・」という印象である。

そんなもんです。国家と役所の仕事なんて。

さて・・・そんなこんなでどんなんだかわからんが、LOG忘年会は始まってるかな?ちょっと行ってきます。

[ 2011/12/29 19:53 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

年末始末

皆さんにとりまして、2011年はどんな年でしたか?

ええ・・・全然、興味ないんスけど・・・

とりあえず今年のライブらしいライブは25日中ちゃん、26日リンラバ忘年会のLOG2連投で終了しました。あとは明日のLOG、明後日のあんだれと、今度は忘年会2連投が待ってます。

連日のバイトでの雪かき作業と連夜の呑み疲れでかなり体力を消耗しているこの年末。昨日と今日なんか、軽く仮眠するつもりが本気で寝入ってしまう始末である。

ああ・・・来年の目標「長生きする」って決めたけど、どうかねぇ~・・・すでに暗礁。

新年唄い始めは1/10、誕生日ソロライブ。毎年無理を言ってやっているような感じだけど、今度こそちゃんとやります。大抵は年末年始の疲労感を引き摺ったまま雪崩のように終わってしまうので、最後まで気を確かにしましょう。

何だかなァ・・・

そうそう。あと、来年は中ちゃんのレコーディングもしたいナ。夏場ぐらいにちょっとしたイベントで遠出するような話もあるので、それまでに売り物として形にしよう。

さて・・・まだまだやることが沢山あります。大晦日、元日とか関係なく、とにかく「日々是口実」ぢゃなくて「好日」な毎日を無事過ごせたらいいのではないでしょうか?

んなワケで、本日もホロ酔いブログ更新完了。

[ 2011/12/28 23:28 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

メリー栗栖正伸

世間ではクリスマスイブだそうで。まあ、何ともオメデタイ・・・

今年は震災もあったのに、直後の大げさな「自粛ムード」は何処へ行った?もう、何の遠慮もなくはしゃぎまくっている。だったら最初から「自粛」なんて言わなきゃいいのに。

ボクは震災直後からずっと「通常通り」と唱えてきた。通常通りにしてりゃ次第に復興も進む。もちろん被災者への配慮は必要だけど、余計な気まで遣うのは違うんじゃないか?むしろ失礼だ。大体、余計に被災者の味方になりたがる連中って、裏で何を企んでいるかわからないから気持ち悪い。

そんな、人間のあらゆる汚い部分が浮き彫りにされたような1年だったような気がします。

罪もなく流され、潰され、消えた命が沢山あった。心に大きな傷を負った方々も沢山いる。それはわかる。

それを食い物にして、ちょっくら義理でも立てておけば有名になれるんではないか、ともすれば荒稼ぎできるんじゃねぇの?と考えていた連中こそ、津波に流せれたら良かったのに・・・

そんな今年も暦通り、あとわずか。

明日は中ちゃんLOGクリスマス。

[ 2011/12/24 23:32 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(2)

正義は死せず

まずはコチラのリンクから。

http://www.youtube.com/watch?v=gQ9JOvH-2FI

♪負けるな 負けるな 馬之助
 男の生き様 見せてやれ
 負けるな 負けるな 馬之助
 ついててもしょうがないけど おれがついている

なぎら健壱とコント赤信号『男は馬之助』。日付を見ると、上田馬之助さんが亡くなってからアップされた。ボクはなぎらさんのベストアルバム「中毒」で聴いていた。

残念ながら全盛期の姿はあまりリアルタイムで見ていない。たまに新日本のリングでタイガー・ジェット・シンと共闘しては抗争したり、あとは「オレたちひょうきん族」やゲーム「ぷよぷよ」のCMに出演していたのをおぼろげに記憶しているぐらい。

でも、NOWという小さなインディーズ団体が経営破たんして最後の興行を行った時、試合後に観客達がリングへ殺到。メインを終えたばかりのタイガー・ジェット・シンと上田馬之助が泣きながらファン一人一人に握手したり、肩を抱きあたりしながら団体の終わりを惜しむ姿は「週刊ゴング」で読んだ。

稀代のヒールレスラーであるはずのこの2人が、まさかファンの前で涙するとは・・・私生活はともかく、リングの上では悪人でなきゃいけない宿命なのに・・・

その後移籍したIWAジャパン。自動車で移動中に交通事故に遭い、同乗していた職員は死亡。馬之助さんも車外へ投げ出されたが、現役レスラーとしての本能でとっさに受け身をしたらしく、一命は取り留めた。しかし、脊髄損傷で首から下が麻痺、以降リハビリで何とか車椅子で移動できるまで回復した。その様子も「週刊ゴング」でたびたび取り上げられていた。

「プロレスなんて八百長だろ?」という方もいる。そりゃそうだ。ヒールは嫌われ役を演じて引き立つ。そこには地道な努力で培った技術も必要だし、商売として演じ続ける精神力もいる。プロフェッショナルとしての根性が無ければヒールはおろかプロレスラーにすらなれない。

ファンの怒りを一身に受け止め、ファンの期待を裏切らず、ファンのために嫌われ者に徹する・・・

いちプロレスファンとして、ボクは馬之助さんに美学を感じていた。

この曲に出会ったのが高校時代。ちょうど、全日本は四天王、新日本は闘魂三銃士の時代になりつつあった。大仁田厚のFMWはデスマッチ路線で大成功、前田日明はリングスで世界規模の格闘技ネットワークを模索し、アメリカでは総合格闘技ブームの先駆け・UFC大会が始まろうとしていた。

最強は誰なのか・・・一番強い格闘技は何なのか・・・ファンなら誰もが考える。

だけど、金髪を血に染めながら竹刀や栓抜きを振りかざす馬之助さんの写真を見ると、そんな疑問にいちいち答えを求めなくても良いのではないか?と思える。

♪「正義は死せず」の言葉がニクイ

う~ん・・・当時はなぎらさんもギャグのつもりだったんだろうけど、馬之助さんが数年前に事故に遭い半身不随、リハビリで闘っているというニュースを見てすぐに思い浮かんだ。そして先日亡くなったというニュースが流れて以来、やはりこの唄が頭の中でヘビ廻し状態である。

あ~・・・また昭和が遠退いていく・・・

[ 2011/12/22 23:46 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

北の国から? 2011・冬

朝鮮労働党中央委員会総書記、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長・・・肩書きだけ見るとまるで『寿限無』な金正日さんが亡くなりました。

後継者は本命の三男坊・正恩氏なのか?まさかのウルトラCで長男のマサオちゃん?

「正男」という文字を見るたびに、ボクの頭の中では所ジョージさんの『正男という名で小学生』という曲を思い出す。

♪正男ちゃんは2階で勉強しなさい!
 正男は2階で勉強シコシコ
 シコシコしてるうちに 正男は2階が好きにな~る~

副題およびサビの部分が『みんな不良少年だった』・・・あ~、確かにヨーロッパを放蕩したり、偽造パスポートで東京ディズニーランドに行こうとするなんて不良ですわなァ。でも諸外国あちこち行くだけあって語学は堪能だし、外からの視点で自分の家(国)を見た経験は貴重なハズなんだけど。

だから三男坊に命を狙われて自国へ帰れない。可哀想に・・・

諸国を漫遊って、まるで「水戸黄門」みたいだ。

「この方をどなたと心得る!先の将軍様の長男坊、金正男候にあらせられるぞ!」

出すのは・・・偽造パスポートだけどネ・・・ドラマが復活したら黄門様役は正男ちゃんに。是非。

「絶対クラスに一人はいたよナ」といった風貌の「ボンボンでいじめられっ子」キャラの正恩クン。まだ20代後半らしいが、いきなり一国を背負う立場になって果たしてどうだろうか。しかも、背負ってる国がアノお国柄ですから。

核開発はど~なんだ・・・貧しい人民への対策は・・・軍をどう指導していくのか・・・何か余計なコトしなきゃいいけど・・・

って思ってたら、さすがは倉本聰作品!ちゃっかり「北の国から」ミサイルが飛んできていた。日本海にボッチョ~ン・・・

「これから北朝鮮はどうなっていくのか?」「何をしでかすかわからない」なんてのは金正日体制でも同じだったし、遡れば金日成時代もそうだった。ただトップが変わったからには、何かしらの変化が起きるのは確かなんだけど、日本、韓国、中国などの近隣国や欧米、世界全体へ与える影響がプラスになるかどうかってのが不明だから、やっぱり不安は拭えない。

今年もあとわずかというタイミングでのビッグニュース・・・北の国の「偉大なる父」黒板五郎さん死去についてでした。

※文中に真面目な文章とクダラナイ冗談が混在しています。ご了承ください。

[ 2011/12/20 15:01 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

年忘れ、我も忘れて、物忘れ・・・2011

タイトル、意味無し。

物欲の秋も過ぎ、すっかり冬。でも、物欲の塊は寒さに負けず。

買っちゃいました、PAミキサー!とは言ってもBEHRINGER XENYC802という8chの小さいヤツ。

さて、何に使うつもりなのか?いよいよ打ち込みとかサンプラーとかループステーションとかで武装するのか?ヴィンセントみたいになるのか?ところでヴィンセントは大阪で元気なのか?

無論、使うアテもなく買ったワケじゃない。今度、25日に使います。

いや〜・・・LOGの卓がですネ、次々と使えるchが減ってるんです。結構年代物のミキサーで、見る人が見れば「いまだにこれだけ使えてたらすごい」と言わせるような代物。これではあまりマイクとかラインとかつなげないなァ・・・と。

あ。決してLOGに贈呈するツモリじゃないですョ!長津さんは長津さんでまたいいミキサー貰ったらしいんで。

ギターを何本か使いわけたい時、なるべく店側PAのch数を使わず手元で制御できればいいなァ・・・という願望で、たまたま島村楽器が「円高還元フェア」でベリンガーが安かったんで、買っちゃった。

欲を言えばパソコンに直結して録音できるUSBミキサーが欲しかったが、なかなか値段や機能性を考えるとガッチリ一致するモノがなかった。別売りの音楽ソフトまで考えたら予算はぶっ飛ぶ。

だったらアナログ出力でもPCつなげりゃ録音出来るし、イザとなれば誰かに頼んで録ってもらってもいいんだから(誰かって、ヌ永井さんぐらいしか頼めそうな人物はいないけど・・・)。ここはひとつ「PA入門編」として8chミキサーから始めてみようか、と。

なので、25日はマーチンOOO-1(マイク取り)と12弦ミニギター(ライン取り)の2本をつなぎ、曲によって使い分けるという、まるでプロのギタリスト気取りで挑もうか、という次第です。

12/25(日)
「中ちゃんオンステージ X’masの夜」
19:00〜 ¥1000
出演…中ちゃん、長津宏文、Shinobu、菊池隼人、他
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388

打ち上げメニューは「中ちゃん特製キムチ鍋」の予定です。クリスマスにキムチ鍋ってど〜なのか?とも思いますが・・・ま、韓国はクリスチャンが多いからいいんじゃないでせうか。

[ 2011/12/19 20:35 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

2次会的な何か

13日(火)、LOGにて。ShinobuマンスリーSP企画「オレ天国vol.1」。出演順・・・Shinobu、伊藤義彦、須藤ともえ、菊池隼人、長津宏文。

顔触れとしては先日のお祝い大会の続きのようなモノ。早く言えば「2次会」ですかネ?伊藤さんの奥さんや、ノリコさんの旦那さんなどその時は来られなかった方々も夫婦でお越しくださったり、いつもマンスリーに来るShinobu師匠の同級生さんからはまた「酒」もらっちまいましたし・・・

祝いネタは封印したはずなのに・・・大変、ありがとうございます。

中には「あの日失敗した曲をリベンジする!」と意気込む者が・・・特に主催者であるはずのウチの師匠が一番意気込んでいた。コチラはあの日、高田渡さんの『アイスクリーム』(フルコーラスで約30秒)しか唄っていないので、リベンジするにもしようがない。

強いて言うなら、中ちゃんから貰ったギターを初めて実戦投入したけど、いくらマーチンとは言え、やっぱり弦は張り替えた法が良い!ってコトだナ。貰った翌日に張り替えたままで、10日間ぐらい家で鳴らしていた状態だったので、結構音がバチャついていた。今度こそ張り替えて、リベンヂ!

「いくら親戚筋でもここ1ヶ月で何回顔を合わせれば気が済むんだ?」ってぐらいよく遭遇する仔羊亭たいよう兄さんも客として来てくれて、その場で1月のマンスリーも企画ネタでお送りする次第となりました。

『シンシュンシンゾクシャンソンショウ』

シャンソンは唄わないけど、言いにくい感じでタイトルを決めた。本当、無責任な親戚筋ですコト・・・

んなワケで、1月は10日から21日までの11日間強行日程の中に1本増えました。


1/10(火) 独宴会ライブ 於:LOG
1/13(金) リンラバ企画 於:mole
1/16(月) ブートキャンプ 於:才谷屋
1/17(火) シンゾクショウ 於:LOG
1/21(土) 某所にて


どうしてくれるんだい?ええ~ッ?

[ 2011/12/15 16:23 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(2)

明日のライブ

明日、ライブです。

12/13(火)
Shinobu マンスリーライブ年末スペシャル企画
「オレ天国 vol.1」
20:00~ ¥1000
出演順・・・Shinobu、伊藤義彦、須藤智恵、菊池隼人、長津宏文
ライブハウス 札幌LOG
(北区北14条西3 ゼウスビルB1 011-737-5388)

【※ ご注意を!】PCリニューアルしたため、以前使っていたHP制作ソフトがまだ使えないので、しばらく最新のライブ告知はこちらでやります。ちゃんと更新しますんで。

先日、中ちゃんから頂戴したマーチンOOO-1、ライブ初投入する予定。果たして上手く弾けるのか・・・

で、中ちゃん用に新曲が2曲出来たので、早めに店でデモ録音しちゃおうかと。1個は結構クソ真面目な唄、もう1曲は中ちゃんのお店「あんただ~れ!」のPRソングっぽくもあり実は半分バカにしたような感じ。はて・・・中ちゃんのOKは頂けるのか・・・若干、心配。

12/25、クリスマスの当日が中ちゃんの日なので、なるべく早めにデモを渡して練習してもらわなくちゃ。カバー曲でも何曲か増えそうだし、コチラの練習もせねば。

そう言えば、明日終われば自分のライブは25日まで無いんだよなァ・・・師走はいろいろみんな忙しいだろうから、まいっか。

来年は突っ走るゼ!

1/10(火) 独宴会ライブ 於:LOG
1/13(金) リンラバ企画 於:mole
1/16(月) ブートキャンプ 於:才谷屋
1/21(土) 某所にて慰問演奏会

誕生日恒例ソロライブに始まり、10日間で計4本・・・最近、本当に疲れの抜けが悪くなった。間もなく33歳・・・一気に老け込むか?

元々「若年寄り」みたいな様子だったので、気にしてませんが・・・

今年の抱負は「金に汚く」だった。

来年は・・・

「長生きする」

にしよう。

[ 2011/12/12 20:24 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

やらない・・・と言っていたのに。

あれだけ批判的だったのだけど・・・背に腹は代えられず。だけど、時代なんだし、便利な道具は使わにゃ損ですからネ・・・

ええ。ついにツイッター、始めました。

きっと、誰も寄ってはこないと思います。みんな忙しいもんネ・・・

しばらくは最低限の告知ぐらいしか使いません。「バカ発見器」の罠にはなるべく引っかからないよう、細心の注意をはらってやっていきます。

「urofolk_hayato」で探してみてください。

以上、告知でした。

[ 2011/12/11 22:07 ] 言いっ放し | TB(0) | CM(0)

三流ギタリストのワッハッハ!

中ちゃんより「結婚祝い」として、1999年製のマーチンOOO-1を貰っちまいました。

豚に真珠?・・・いやいや。アタクシぐらいの格のギタリストになりますと、もうギターは買うものでなく、貰うものなんですネ。ワッハッハ!

マーチンって、何故かあまり良い印象がなかった。それこそ、大して弾けもしない成金オヤジも悪趣味道具のような感覚だった。

でも・・・

やっぱ、良いですネ。特に、貰いモノは!

実は同じ型のOOO-1、既にShinobu師匠が数年前に購入したのがあったのだが、たまに借りて弾いたけどどうにもシックリ来なかった。「オレ、マーチン似合わないのかなァ・・・弾いちゃいけないんだ・・・」とスネていた。

前に購入したバックパッカーは、もうバッキバキのグッチャグチャに弾き倒し、ついにボディーは傷どころかクラックだらけ。ガムテープでグルグル巻きにしたら鳴りが悪くなったので、自分でピエゾPUを埋め込むという暴挙に出た。「マーチンなんて脆くて使ってらんね~や!」と強がっていた。

でも・・・

やっぱ、貰いモノは違いますョ!

ほとんど使った形跡がなく、ずっとケースにしまわれていた「ナチュラルミント」状態。ただ保存は良くなく、ケース内の湿気でベタ~っとした感触だった。でも、弾いていなかった分、木が締まっていて湿気をそんなに吸っていなかった模様で、ケースから出して磨いてポロロ~ンと鳴らしているうちに木が開いて湿気も抜け、アッという間に良い鳴りに。

さて・・・いや・・・どうしようか・・・2台のダイナミックギターに、先日買ったばかりの12弦ミニギターまであるのに・・・ああ・・・それより、弾けなくなったギブソンやモ-リスもあるし・・・

次第にまたギターに居場所を奪われつつある今日この頃・・・嬉しい苦悩と言われればそうなんですけど。三流ミュージシャンにしては、楽器、多過ぎですナ。

ワッハッハ!


[ 2011/12/10 22:34 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

三流自動車評論家気取りのクズレ

今日はクルマ的時事ネタをひとつ(ちょっと前のニュースだけど)。

クルマ好きとして見逃せなかったのは、フェラーリやランボルギーニなど14台が巻き込まれた多重事故。

先頭のフェラーリが車線変更しようとしてスリップし、そこへ後続車が続々と衝突・・・

乗ってるクルマは一流でも、乗ってた人間が三流だった・・・ってコトです。

結局、フェラーリだとかポルシェだとかっていうクルマは、ヨーロッパの金持ちが、だだっ広く平坦なヨーロッパを走らせるためのクルマなんです。日本のような狭い土地では高速道路だってけっこう曲がっているし勾配も多い。

昔、CATVのスポーツ専門chで、ランボルギーニ・カウンタックのワンメイクレースってのをやっていた。完全に富裕層の道楽である。自分が所有するスーパーカーを、プロドライバーを雇って走らせたり、あるいは自分で操ったりと、とにかく「クルマは走ってナンボ!」という道楽。

日本のクルマ社会にスーパーカーは不適合。ただの迷惑。偉そうな顔したいだけの成金の悪趣味にしか見えない。

だって、日本のクルマ社会自体が三流だからネ・・・

「ディーゼル=排ガスが汚い」
「ターボ=燃費が悪い」

というのが、現在の日本の常識になっている。

しかし、

「整備さえしていればディーゼルは環境に優しい」
「ターボで出力を補えば小排気量で低燃費に出来る」

というのが、ヨーロッパ業界の考え方。

日本の「モノ作り」の精神を上手く利用できれば環境性能に優れたディーゼルエンジンや低燃費ターボエンジンの開発で世界をリードできたハズなのに、政治力や購買層の頭の悪さで遅れを取ったのは間違いない。

ただ「世界初の量産型ハイブリッド(トヨタ・プリウス)」「世界初の量産型EV(日産・リーフ)」という技術力はあるが、それは単に「世界初の量産型」の称号が欲したかっただけ。

大体、今の日本車のデザインには限界が見て取れる。燃費向上のために空気抵抗を減らしたいのはわかるが、どれもこれもヘンテコリンな形ばかり。リーフなんて、あんな形で普通のレシプロエンジンだったら、誰も見向きもしないョ。

悲しいかな、やはり自動車先進国はヨーロッパだナ。日本は後進国。技術力だけなら争えるのだけど、それを育む土壌がイマイチ。

そう言った意味では、確かにスーパーカーはデザイン、コンセプト、性能など様々な魅力的要素が詰め込まれた「夢のクルマ」だった。ついでに価格も夢のまた夢・・・

ま~・・・高級スポーツカー14台が鉄クズと化したワケだが、そんなんでヘコタレないほどの財力・精神力を持っているのが本物のセレブリティーという人達なんでしょうナ。「クルマ1台、潰しちゃった。エヘヘ・・・お父ちゃんに叱られちゃう!」ってのが、本物です。

多分、あの人達の多くは、人生を賭けての一世一代の一台だったハズ。死者が出なかったのは幸いだったが、「よっぽどのコトならオレはフェラーリと一緒に散りたかった!」と思っている人も居たかもしんない。

人の不幸を笑いたくはない。同情はするが、同乗はしたくないし。心の中で「モッタイナイ」という気持ちと、そのすぐ横で「ザマミロ!」という気持ちがニアミスしています。

しかし何でだろう・・・クルマの話題になると、文章が長くなるのは・・・

[ 2011/12/08 22:24 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(0)

大丸の紙袋

先日の12/2、LOGにお集まり頂いた皆様へ。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

別に秘密にしていたワケでもなく、そのうち話は拡がるだろうと思い、これまでおおっぴろげに報告するコトもないと判断していたのですが・・・この度、縁がありまして・・・




仔羊亭たいようさんの親戚になりました。




要するにですネ・・・



Shinobuさんと結婚したんです。ありゃま。




せっかくだからと祝いの席を長津さんが用意してくれてのイベント。まあまあ、気恥ずかしいコトこの上無し・・・

門前浩一郎さん、伊藤義彦さん、須藤ともえさん、ラスタのお二人、佐藤礼央くん、MARUさん(KATSUOの皆さん)、TAMZOさん(泥屋)、たかしなひろゆきさん、内藤篤くん、ヌ永井さん、リンラバ・ケイくん、中ちゃん、そして長津さんがそれぞれライブでお祝いしてくれた。他にもあんじー、なっちゃん、竹内さん、ノリコさん、マルちゃんなどが駆けつけてくれて。

本当にお疲れ様です。こんな我々のために・・・

当日来れなかったけどメールなどでメッセージをくれた方々。そのお心、頂きました。

一応トリで締めなければならず、時間も深かったので「1曲だけやります」と選んだのは高田渡『アイスクリーム』。もう、これだけで充分感謝の気持ちは伝わったハズ・・・と思う・・・多分。

で「2人で何かやれ!」の声で選んだのが戸川純『諦念プシカンガ』。この選曲、かなり寝違えてます。

そんな、我々でした。

いろいろ気を遣い、金も使って頂き、大量に品々を頂きました。8割近くが大丸の紙袋・・・

「行くのに何か買わないと・・・ああ、LOGなら札幌駅近いし、大丸でいいんじゃネ?」

という光景が手を取るように見えます。

いずれにせよ、本当にありがとうございました。

特に、酒。美味しく呑ませて頂きます。

さらに特に、現金。大切に使わせて頂きます。

さらにさらに、手ぶらで来たヌ〇井さん。祝い品とかはいいので、早く三上寛さんのCD返して・・・


は~・・・ま、これで堂々と夫婦を名乗れます。

しつこいようですが、有難う御座いました。

[ 2011/12/04 22:18 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(3)