トヨタ・シルビア(S86型)

本日2本目。更新サボってたから・・・

新しいコチラのブログで初めての、クルマの話題。興味ない人は素通りで。

結構遡るけど、マツダがロータリーエンジン搭載車の販売を諦めた。ロータリーの無いマツダなんてほとんど魅力も無いに等しい。売れる、売れないで言えば明らかに売れないのだろうし、原油高騰、温暖化の問題などで低燃費ばかりが持てはやされるご時勢にリッター2~3キロというバカ食いエンジンでは確かに採算は見込めない。

それでも何より、モーターのように上まで吹き上げパワーを生み出すロータリーに魅了されたファンは多いハズ。これからも開発・研究は続けていくらしい。将来的に注目されるであろう「水素燃料」への応用も期待される。「スポーツ性と低燃費を実現したスカイなんちゃら」もいいけど、「おにぎりグルグル」あってのマツダだってのも忘れないで欲しいッス。

そんなスポーツカー受難の時代でやってくれたのが、マツダと並び変態趣味的マニアが多いスバル。スバルと言えば水平対向エンジンだが、それを搭載した低重心のFRスポーツクーペ「BRZ」を東京モーターショーに出展。

コンパクトでスポーツ性の高い後輪駆動・・・まるでかつての「AE86」みたいじゃないか?

って思ってたら、トヨタと共同開発だって・・・しかも、トヨタは「ハチロク」の名前で売り出すんだとか。

出ました!トヨタの必殺技!「共同開発名目で販売台数カッさらい作戦」!

提携関係にあるんだし、トヨタの企業ブランド力の違いもあるのは事実なんだろうが、この必殺技に常にやられっぱなしだったダイハツ。

ダイハツ「ストーリア」が、トヨタでは「デュエット」。

後継車「ブーン」は、「パッソ」。

「テリオス」が、「キャミ」。

その後継車「ビーゴ」は、「ラッシュ」・・・

知名度的に言えば完全にトヨタに軍配。かつてストーリアX4に乗っていた時も、何故かほとんどダイハツが造ったハズなのに「ディエットのダイハツ版」という本末転倒な説明をしていた。

その代わり、ダイハツだってトヨタの提供を受けていた。でも、例えばハイエースが「デルタ」、カムリが「アルティス」という名前でダイハツから販売されたが、全く以って誰も知らない。特にアルティスなんて、本家のカムリ自体が大して売れてないんだから。

で、その「ハチロク」とやらだが、見た目はほとんど日産のS15シルビアにそっくり・・・そうだ、トヨタと提携する前は日産と提携関係にあったんだ。何となく、トヨタに対するスバルの最後の抵抗のような・・・

これでは「ハチロク復活!」って言うより、「トヨタ版シルビア」と言われた方が、何故かしっくり。

ハイブリッドやらEVやら低燃費やらも環境問題や消費者ニーズを考えれば良いんだろうけど、デザインをやたら未来的(笑)にする感覚はつまらない。空気抵抗を減らせば燃費は良くなる。でも、一瞬見ただけでウットリするようなデザインが著しく欠如している。

だから、トヨタもAE86のデザインをそのまま使い、スバルの水平対向エンジンを積むようにすりゃ~もっとグッと来るハズなのに。う~ん・・・出来なかったのかなァ・・・ちょっと残念。

復刻ブームの欧米に倣ったのかもしれないが、やっぱりミニはゲルマン車じゃなくブリテン車だし、VWビートルはリアエンジンじゃなきゃビートルじゃない。

外形やコンセプトだけを受け継いだフリをして中身は全くの別物、というのを復刻だなんて・・・あまりに安直過ぎやしないか?

スポンサーサイト
[ 2011/11/30 23:10 ] 社会の小窓 | TB(0) | CM(2)

うわわのわッ!

雪!要らん!でも降ってくる!黙ってても!

で、先週末は土日連続ライブでした。

11/26(土)、澄川・モダンタイム。共演…RYO TERASAWA、うけ丸

だら~っとした…と言ったら失礼だけど、そんな具合に流れる時間がモダンタイムにはある。ピリッと張りつめた緊張感も大切だけど、開演までマスターや奥さんと話をして呑んでいる時間が好き。この日は最初の出順だというのに、開始前に既に酔っ払っていた。店内の誰よりも・・・いつものコトですが、ネ。

出来立てホヤホヤの新曲『現代人だもの』をお披露目。また馬鹿な唄、出来ちゃった・・・コチラも、いつものコトですが、ネ。

打込みでギブソン・レスポールを弾くRYOさん。いいなァ・・・ワウペダルが欲しくなってきちゃった。

トリはうけ丸さん。初めてベーシストの旦那さんにお会いした。いいなァ・・・今度はフレットレスベースも欲しくなる。

物欲まみれ・・・ま、いつものコトですョ。

11/27(日)、いつものLOG。出演…中ちゃん&隼人

直前まで中ちゃんと連絡が取れず、まさか何事か?・・・なんて心配しながらLOGに着いた途端に電話が入った。ちょっと遠出をしていたら携帯の充電が切れたらしい・・・良かった。年も年だし心配するじゃん!

前回とは違う曲目で構成。前日の呑み過ぎだったので、珍しくシラフで演奏した。結論・・・やっぱ、呑まない方が良い。特にギターだけ弾く場合は。ちゃんと自分の音が聴こえるし、ちゃんと弾こうとするし、中ちゃんのボーカルとの合わせ具合もちゃんとわかる。今までは良かったり悪かったりのムラがあったけど、この日はしっかり「ギタリスト」を演じきれた。

前から中ちゃん用に曲をこしらえようと思っていたけど、なかなか「他人のために作る」という感覚が乏しくて出来なかった。しかし最近のワタクシ、何だか新曲が書けそうな勢いだったので、取り合えず歌詞だけでもと思い中ちゃんに見てもらった。「おう、いいじゃん!」との評価を頂き、現在固めている真っ最中。

次回の中ちゃんはクリスマス当日の12/25。これまでに曲をつけ、デモを取って中ちゃんに練習してもらわないと・・・はあ、忙しい忙しい。

そんで、明日は久々の才谷屋ライブじゃ!

12/1(木)
20:00~ ¥2000(1Dr付)
出演…やなぎ(岩手)、菊池隼人
も~り~処 才谷屋
中央区南3西5 三条美松ビル3F
011-271-1747

「フォークソング」の直訳が「民謡」であるなら、正しく「アメリカン・フォーク=米国民謡」の雰囲気を大事にしているやなぎさんと1年振りの共演。ボクの『この素晴らしすぎる世界』に、さらにやなぎさんは手を加え「東日本大震災バージョン」にした。明日、聴けるかナ?

12/2は、何かよくわからないけど長津さんが祝ってくれるらしいんで・・・中ちゃんからもお祝いにマー〇ンのギターくれるらしいんだけど・・・一体何事かしら?

[ 2011/11/30 17:35 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

うわっ!

うわっ!

完全なる放置プレー。全然更新してねぇや・・・書くコトはそこそこあったのに・・・

ええっと・・・ざっと振り返ります。

11/15、LOGにて。

札幌出身、現在は東京で活動する本間圭一さんのライブ。この日もまた長津親分は風邪気味で熱が出て当日欠勤・・・う~ん、すっかりサボリ癖ついてますね。共演として佐野和弘さん、ヌ永井さん、そしてボク。何が変だって、本間さん目当てのお客さんばかりで、地元組の集客がさっぱり、というのが変である。どうにかせねばネ・・・我々も・・・

11/18~20、道東方面へ帰省。

うちの親戚がどうしても十勝・釧路地方に多いので、挨拶回りとなると泊りがけで2~3日はかかる。これでもまだ回りきれていない。本別、厚岸、大樹と伺ったワケだが、特に今回は厚岸がメインだったかも。松山隆宏さんがいつもお世話になっているという親戚のおじさんと音楽談義。サックス奏者・坂田明さんとも面識あるらしく、味のある文字で書かれた葉書を見せてくれた(下手?ってワケじゃなく・・・字も演奏のように含みのある崩し方というか・・・)

11/23、LOGにて。

毎年恒例の、遠藤ミチロウさんのライブ。今回は事前の予約が例年より多く、テーブルを取っ払いパイプ椅子を並べて構えていたのだが、それでも一部立ち見が出るほどの大盛況。還暦を過ぎたとは思えない、相変わらずパワフルなミチロウさん。ツアー最終日とあってCDやTシャツはこの日で在庫はほぼ完売。内藤篤くんと仔羊亭たいようさんとボクで「直筆セットリスト」を奪い合うと言う、いい歳こいた大人とは思えない浅ましい光景もあったが、とにかくミチロウさんが好きで好きでたまらないという女性のお客さんに差し上げた。一番、罪が無い方法を選んだ。大人だネ・・・

ざっと、こんな具合でした。

さて、明日は澄川だい!

11/26(土)
20:00~ ¥1000(1Dr付)
出演順…菊池隼人、Ryo Terashima、うけ丸
Music&Bar モダンタイム
南区澄川3-2 ハイツリービル3F
011-832-0235
http://modantime.sunnyday.jp/

じゃ、ついでにその後も。

11/27(日)
中ちゃんオンステージ
19:00~ ¥1000
出演…中ちゃん&隼人
ライブハウス 札幌LOG
札幌市北区北14西3 ゼウスビル地下
011-737-5388
http://sapporo-log.net/

12/1(木)
20:00~ ¥2000(1Dr付)
出演…やなぎ(岩手)、菊池隼人
も~り~処 才谷屋
中央区南3西5 三条美松ビル3F
011-271-1747

で、LOGのライブスケジュールでは12/2、ナンチャラカンチャラと書かれていますが、果たして何のことかは、みなさんお察し下さい

[ 2011/11/25 12:33 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

巨人軍よ、永遠なれ?


あれだけ圧倒的に強かったハズのソフトバンクが中日に2連敗。しかも福岡で。明日からはナゴヤドーム。こうなれば一気に中日が突っ走る可能性が大きくなったが、まだまだ激戦は続くだろう。野球ファンにとっちゃ延長にもつれての接戦が続く日本シリーズってのもなかなかオツなモノなのだが・・・

余計なコトは、いつもココから・・・ドコって?そう、巨人ですネ。

昔からナベツネは嫌いだった。そろそろ「読売」から「黄泉の国」へ転身して頂きたい気持ちもヤマヤマだが、何となく最近、このジジイの傍若無人な振る舞いがとても面白く思えるようになってきた。

と言うのも、記者上がりで新聞社のトップまで上り詰めた経歴がある。発言力・権力もある立場になり、コメントを求められる側になった。取材する側の苦労をよく知っていて、記事なりやすいような横暴なコメントを残し、そこで一騒動起こせばまた次の記事を書くキッカケになる。

言ってしまえば「サービス精神」みたいなモノかもしれない。

だったら別の方向でソレを発揮してもらいたい・・・ってのもあるけど。

いくら巨人でも一球団の痴話喧嘩に過ぎない。ソレがトップニュースってのもおかしな話なんだが、「独裁的支配者にひとり立ち向かう管理職」という構造は何となくニュース性を感じる部分もある。これがもしナベツネの筋書き通りだったとしたら、このジジイもなかなか捨てたモノじゃない。

しかし、こういう話題を見ていていつも思う。球団の社長、オーナー、GM、会長・・・いろんな役職が出てくるけど、最終的に誰が一番偉いの?そこに終身名誉会長とかシニアディレクターとか加わると一層ワケわかんなくなっちゃう。

球団経営の役割分担ってのは多分メジャー球団に倣って設けたのだろうが、アメリカはかなりシビアだからねェ・・・シーズン中でも負けが込んだら監督はクビ、その監督を起用したGMも当然クビ、コーチ陣は総入れ替え、とか平気でやるらしい。途中で資金が尽きればオーナーや親会社がガランと変わっちゃう、なんてのもあるぐらい。やるコト、なすコト、スーパードライ!

この手法、日本球界ではちょっと難しい。人情、しがらみ、因縁、癒着、密約・・・とにかくいろんな人間模様がこんがらがっている。ナベツネを見ていればよくわかる。一場投手への栄養費問題で社長を辞めたはずなのに、今度は会長って・・・

社長から会長への更迭とは、コレいかに・・・

ま~、この件で一番評価を落としたのは現場責任者の原監督でしょう。あれだけの豪華メンバーを「少ない戦力で」だなんてオカシな言い訳しちゃうわ、甥っ子のドラフト絡みで大多数の野球ファンを敵に回しちゃうわ(しかも血族で)、そこに来て今度はナベツネ権益ベッタリ発言・・・

経営の分担はいいが、責任の分担はダメじゃない?誰かが矢面に立って責任や批判を一気に背負う人間がひとり出てこないと。

ところでよく「紳士たれ!」って言うけど・・・そのタレ、美味しいの?

[ 2011/11/14 16:51 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

不都合なコンビニ


昨日、久々にいや~な気分。セ〇ンイレ〇ン、いや~な気分。

これが洒落じゃなく、そのセ〇ンイレ〇ンでやられた。しかも、1日に2回も。

まず、夕方。遅番のバイトへ向かう途中、晩飯用にパンと缶コーヒーでも買おうかと立ち寄ったその店。

レジは1人。前に先客1人。ボクは2番目。後ろに数人並び出し、「レジお願いしま~す」の声でもう1人店員は増える。「お次の方、どうぞ~」となる。お次は、ボク。隣に行こうとしたら、後ろのモウロクしたようなババアが尋ねる。

「しいたけ、無いの?」

あるはずがない。というか、無いものは無い。「しいたけは扱ってないんですよね」

それでレジの番が廻ってくると思ったら、ババアがいきなり「じゃあ、おでん、頂戴」

普通なら「先にお待ちのお客様・・・」的な接客になるだろう場面で、店員はババアのおでん。

元々並んでいたレジはスカスカと進んでいく。何となく、自分はハナから存在していないかのように・・・

・・・ふ~ん・・・じゃ、存在してなかったコトにしてやる・・・

パンとコーヒーをレジの前にドンと置いたまま、店を立ち去った。

で、バイト終わりの深夜。近所の別の店舗へ。

前述の件で飯を食いっぱぐれたのでお腹ペコペコ・・・ビールとドリア、で、さっきのリベンジじゃないけどおでんを買うコトにした。

「温めますか?」「ハイ。おでんもお願いします」ま~、よくある光景。

冷たい・温かいと2つに分けられた袋を持って帰宅。さて、おでんの前にドリアを・・・と思ったら・・・

無い!おでんの下にあるハズのドリアが・・・無い!

クソったれ~!とセブンイレブンへ猛ダッシュ!

店員、気付いたらしく「申し訳ありませんでした・・・新しいのと」

「いや、もういりません・・・」

返金してもらって、終了。

まさかの2連敗で返り討ち・・・冗談じゃない!もう使いません!そんなコンビニ・・・

しばらくして、まるでドコか自分が悪かったのかのような自己嫌悪に苛まれる。

いや、オレは何もしていない・・・

むしろ「大人の応対」だったよナ・・・

しかし、日頃の行いってこういうトコロに出てきたり・・・

もしやコレが「業」ってヤツなのか・・・

そんな、いや~な気分でした。久しぶりに泣きゲロ吐きそうな夜でした。

[ 2011/11/09 23:27 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(2)

完全なる「ド無視」


やっと福岡ソフトバンク・ホークスが日本シリーズに行ける。8年振りだっけ?毎年のようにクライマックス・シリーズに出ては負け、出ては負けの連続だった。今年はリーグ戦独走、文句無しのブッチギリだったんだけど、やっぱり心のどこかで「今年も・・・か?」と疑っていた。でも今年は首位の勢いそのまま西武に連勝。

昨日の試合は壮絶だった、らしい・・・だって、地上波テレビやってね~んだもん。オマケにラジオも。民放各局、完全なるド無視!

くだらね~番組ばかりで「視聴率が取れない」とか騒ぐんなら、プロ野球中継流していた方がいいんじゃないか?

野球はやらないけど、昨日はゴルフ、バレーボール、フィギュアスケートも中継していた。はて・・・どこで線引いてるのかしら?

以前より人気が下降しているとは言え、まだまだ根強いハズなんだョ。視聴率が下がって困っているのは、巨人戦の中継に負ぶさっていたから。

リーグの代表を決めようっていう天王山を、いくらなんでもド無視は酷くないか?

もしかして、このままなら日本シリーズもド無視・ドしかとですか?

負けたら終わりの西武と、このまま突っ走りたいソフトバンク。涌井、杉内の投げ合いで9回まで両者0点のまま延長へ・・・10回に両エースに悲劇が・・・そして勝敗の行方は・・・

こんな試合、そうは見られない。またやれ、って言われても、出来ない。そんな試合を見逃したくないのが野球ファンじゃないか?

だったらスカパーにすれば?って話?

いや、こういうのこそ地上波で流すべきなんだ。

野球に関して全く興味の無い人間がいる。そんな人がたまたまチャンネルを合わせた試合が面白くて興味がわくかもしれない。日本ハムだって、北海道に来た時は「知らない選手ばっかりだ」という声が多かった。それがどうだ。元来巨人ファンが多数を占めていた北海道民を取り込み、にわかでもファンを増やし、今ではなかなかの人気チームになった(親会社の関係で球団経営は厳しいらしいけど・・・余談)。

「北海道のプロ野球チーム」という夢のような環境が実現、地方メディアが猛烈にプッシュ、そこへ新庄のような人気選手で注目を集め、さらに日本一になっちゃった。これでファンが増えないワケがない!

「日本ハムが負けちゃったからもう今年のシーズンも終わりだネ~・・・」

こら~ッ!寝ぼけてんのか!寝たぶけてんのか!日本ハムがど~とかじゃなく「プロ野球の試合」が観たいんじゃ~ッ!

テレビ・ラジオ局の「ド無視」にはすっかり呆れたョ・・・そりゃTBSも売り捌くわ。

で、横浜DeNAベイスターズ?モバゲー?モガベー?なんだか知らんけど、来年も期待しない方がいいかも・・・

実は「隠れ横浜ファン」なんですが、この際、本当に隠れたくなってしまいます。

[ 2011/11/06 15:43 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

「プライベート」とは何ぞや?


秋の夜長をどう過ごそうか・・・

「マイ仏教」は読んじゃったしなァ・・・

「毎日かあさん」も何度も読み返したし・・・

だなんて考えていたら、バイトで夜の勤務がチラホラ入るようになり、夜長をバイト先で過ごすコトになりそうだ。

LOG店番も減ったし、今月はライブ本数も減った。ちょいとプライベートで忙しいモノで。

う~ん・・・「プライベート」って何かしらん?

おかしな話だけど、アルバイトとして働くのも、音楽活動も、どちらもボクにとっては「プライベート」ではないような気がする。給料のための仕事も、金にならないライブ活動も、どちらも「客」を相手にする作業。

家にいる時間だけが「プライベート」なのだろうが、それでもギター練習したり、仕事のおさらいをしている間は「プライベートな時間」とは言えない。

本当に、「プライベート」が無い。

無いけど、かと言って別にそんなにいらないのかもしれない。

せいぜい寝てる間ぐらいかナ?でも、LOG店番やってそのまま店で寝るのは、果たしてどっちだ?

どっちでもいいけど。

[ 2011/11/04 14:47 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

「マイ仏教」を読んで。  6年4組 菊池隼人


坊主頭に作務衣を着ていると、よく「お坊さんですか?」と聞かれる。父親の命日がゴールデンウィークの辺りなので、連休の予定を聞かれ「法事で実家に帰るんですよ」と答えると、「実家ってお寺さんなの?」と聞き返される。

何もかもが坊主頭故。勘違いされるコトはしばしば。

「別に出家もしてませんし、仏道にも入ってません」とわざわざ否定するのも面倒なので、坊主頭は「バリカンで楽に出来るから」、作務衣に関しては「コスプレです」と答えるようにしている。

ただ、だからと言って「無宗教」ってコトではない。

ニヒリズムの延長線にある「無宗教」。たまに「死んだら葬式もいらないし、死骸なんてどうでもいい」という思想を語る人がいるが、もしソイツが死んだ時、残されたコチラは大いなる迷惑を被る結果になる。

アンタがどう思おうが勝手だけど、魂の抜けたアンタの肉体をそのまま放っておくワケにもいかないのである。

邪魔だし、腐るし、虫もわく。そんな「廃棄物」はさっさと処理しないとならん。そうなった時、いくら「無宗教」とは言っても、一応は日本国の法律に則って火葬し埋葬しなきゃならんのだよ。

魂の抜けた肉体に、生前の思想だとか思い込みなんて通用しない。通例に従い、こっそり弔われるだけ。

で、みうらじゅんさんの「マイ仏教」を読んだ。そう言えば、まあ本心なのかカッコつけなのかはわからんけど前述のようなニヒリズム的無宗教観を語る輩がいたナ、と思い出した。

「無宗教がカッコいい」という観念はどこから来るのか?

ジョン・レノンさんが唄う「天国も地獄も無い」「イエスもブッダも信じない」ってコトでいいのか?

ただ単に「基本的通念から逃れたいだけ」なんてのは、そりゃ世に言う「中二病」みたいなモノじゃないのか?

そんなコトを考えていたら、やはり「仏像ブーム」の立役者の著者は見抜いている。

『仏教とは「自分さがし」ではなく「自分なくし」』

「本当の自分」「自分らしい自分」なんてのはない。幻想だ。「自分さえ良ければ」なんてのはもってのほか。「自分なくし」こそが修行の礎ではないか・・・

頭でっかちな宗教学者や、現場を知り尽くした僧侶などにはなかなかないような、どこか「衆生救済のための説法」という仏教の原点に立ち返った考え方で、妙に納得さられた。

みうらじゅん著「マイ仏教」。

別に仏教徒じゃなくても楽しめる内容だと思います。むしろ「みうらじゅん的サブカルチャー」信者に読んでいただきたい。

そして読後の今、みうらじゅん考案「つっこみ如来像」が欲しくてたまらない。

[ 2011/11/01 00:03 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)