読書感想文~平光清・著「審判失格 それでも私は野球が好きだ」を読んでみた。

日本ハムが来るまで北海道の野球中継と言えば巨人戦ばかり。たまに黄金期の西武戦があり、そこで普段なかなかお目にかかれない選手をチェックする・・・当時のパ・リーグなんてその程度の扱いでしたョ。

余談はさておき、こちらの本・・・

審判失格

たまたま北見のブックオフで見つけ購入。

野球を題材にした著作と言えば大抵は選手、監督、OBなど球界関係者か、「ソレってただのファン目線じゃね~の?」って言いたくなるようなスポーツライター(笑)が主流ですが、これは珍しく「審判から見えるプロ野球の世界」が描かれています。

著者は平光清さん・・・おそらく往年のファンには懐かしいお名前でしょう。

六大学、高校、社会人野球での審判経験を経て昭和40年からセ・リーグに所属、数々の名勝負を裁き平成4年に引退、その後の平成6年に書き下ろしたものです。

様々なエピソードとその裏側、現場にいた時のご自身の気持ちやルールの解釈などが軽妙な言葉で綴られてまして、読書スピードが割かし遅めのアタクシでもスラスラと読んでしまいました。

大洋・若菜さんと巨人・中畑さんの本塁クロスプレー・・・当時「珍プレー」の番組で何度も取り上げられたシーンは子供心に覚えています。ボールが脇に挟まり、空のミットでランナー・中畑さんにタッチする若菜さん。ボールの在り処が死角で見えず、球審はアウトを宣告するが・・・という場面です。覚えている方も多いのでは?

その時の審判が平光さん。誤審が起きた原因と、実はその後・・・

そういう話がふんだんに織り込まれております。

・・・・・・

今年行われたWBCはイスラエル代表がまさかの快進撃で盛り上げてくれました。でもまだまだ野球という競技が浸透していない地域はたくさんあります。世界規模への拡大を阻んでいるのがルールの複雑さである、との論調があります。

「世界一ルールブックが分厚いスポーツ」と言われる野球ですが、これまで想定されていなかった事例について協議の上また新しく書き加えられるなど、ただでさえ複雑なモノが日に日に複雑さを増しているのだそうです。

そんな「世界一分厚いルールブック」を頭に叩き込み、瞬時に目の前で起きたプレーを判断し、それにのっとり選手は次のプレーを進行していく・・・常にそれが繰り返されて野球の試合は成り立っているのだと、改めて思い知らされました。

ルールのほか、日本球界史に刻まれた名選手・名監督とのやりとり、そしてプロフェッショナルとしての生き様や苦悩の数々・・・

特に引退するきっかけとなった場面に関しては最後の章で事細かく記されています。

・・・・・・

勝敗が決定付く大事な場面で、今までルールブックに記載されてなかったことが現実に起きてしまい、頭の中で何度もめくり直し下した判定に間違いはないと突っぱねたものの、審判団の協議の結果判定は覆り、当然両軍ベンチとは揉めに揉め、マスコミからは「誤審」と叩かれ・・・

「グランドでは石ころと同じ」と言われる審判ですが、勿論ひとりの人間であり、たった1球の行方をどう判断するかでチームの成績、果ては選手の家庭や生活までをも脅かしかねない、という重圧が常にのしかかっているだなんて・・・全く頭が下がります。

・・・・・・

平光さんは平成23年、73歳で亡くなられております。現在文庫本など再版があるのか微妙ですけど、野球ファンならば是非一度は読むべき!・・・そんな一冊でございます。




読書感想文ですからネ・・・いつものようなオチは無いョ!

スポンサーサイト
[ 2017/04/18 15:53 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

プロレス観戦記 ~4/8(土)大日本プロレス・札幌大会~

プロレスを観始めたのは中学生の頃。新日本の闘魂三銃士、全日本では超世代軍が頭角を現し、ベテランとして脂の乗りきった長州、藤波、鶴田らが壁として立ちはだかるという時代でした。

やがてしばらく離れていた期間があったのですが、ふとYouTubeで見付けた大日本が思いのほか面白く、北見移住後初めて観戦したみちのくプロレス主催の大会に出ていたバラモン兄弟がよく出ていたり、札幌のライブハウス・LOGでHBCラジオ「週刊ラジオプロレス」20周年記念トークライブのゲストだった“黒天使”沼澤邪鬼選手が所属していたりで、アッと言う間に大日本プロレスの世界に引き摺り込まれました。

・・・・・・

外国人レスラーなどには頼らず、他団体所属やフリーの選手の協力で成り立っている部分は大きいのですが、スタッフも多く同行しないため、グッズ売り場や試合中のセコンド、更にはデスマッチアイテムの設置から後片付けまで、所属選手たちがみんなで行います。

先日4/8(土)、札幌遠征のついでに観た大会も第1試合から蛍光灯デスマッチ、他の選手に混ざり関本大介選手や岡林裕二選手も皮手袋をハメてリング横に陣取ってました。この二人、全日本・世界タッグのベルト保持者ですョ!主力選手でもこのように興行を支えているのです。

実際、開始前に大会記念Tシャツは関本選手から買いました。ツアーで横浜に行く度にお世話になっているSam's Barの名前を出したら「ボクもよく行きます!」と驚いてましたし。

新日本のような、いわゆるメジャー系に比べれば規模は小さい団体ですが、その小ささを活かし直接選手とファンが触れ合う機会が多いのが大日本の良いトコロだと思います。

・・・・・・

一風変わった選手が多い、というのも魅力です。

フリーで参戦している元・大相撲の浜亮太選手は体重225キロで「現役最重量」、大日本所属の若手でデスマッチ挑戦中の佐久田俊行選手は身長が155センチで「現役最小」・・・

そして忘れてならないのが大日本プロレス創立者にして現会長・グレート小鹿さんですョ。今年75歳、たまにですがリングに上がり続ける「現役最高齢レスラー」。今回の北海道巡業には同行してませんでしたが、一昨年の年末に横浜で見た大会では試合やってましたからね。

他にも先に述べたバラモン兄弟の暴れっぷりだったり、流血必須の過激なデスマッチもあれば、関本・岡林が先導する昔ながらのストロングスタイルの試合も見応えがあります。

ストロング、ハードコア、デスマッチ・・・一粒で3度おいしい大日本。

・・・・・・

北見に毎年来てくれるプロレス団体が大日本ぐらいしかないのでいつも楽しみにしているのですが、やはり地方大会とビッグマッチでは会場の熱気が全く違いました。札幌ぐらいになるとかなりコアな方々が多数駆け付け公式発表で500人超、満員札止めとなっておりました。やっぱりビッグマッチに出向かないとアノ独特の雰囲気は味わえません。

いや~・・・ライブ遠征ついでのプロレス観戦、行って良かったです。

そして高橋匡哉選手、デスマッチのリーグ戦「一騎当千」初優勝おめでとうございます。
[ 2017/04/13 16:41 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

プレーオフ制度について考えてみた。

日本ハムCS敗退でどよ~ん・・・としている北海道民は多いだろうけど、隠れベイスターズファンとしてはレギュラーシーズン終わった時点でどよ~ん・・・である。でも終盤まで「CS行けるんじゃね?」と期待させてくれたし2年連続5位を死守、さらにセ・リーグ優勝した巨人に唯一勝ち越し・・・

ベイファンは2015年シーズン突入しております!頼むぜキヨシ!

さて・・・今年の日本シリーズ、パ・リーグは優勝したソフトバンクが勝ち進んだワケだが、阪神はせ・リーグ2位からの出場となる。リーグ3位の日本ハムもソフトバンクを最後まで苦しめ、首位独走だった巨人が1勝も出来ずに敗れ去るという事態にもなり、「クライマックスいらね~んじゃね~の?」議論が再燃する予感アリ。

メジャーではロイヤルズがリーグ2位から負け無しでワールドシリーズまで勝ち進んで大躍進!シリーズ初戦は負けちゃったけど、古くからプレーオフを経てワールドシリーズへ・・・という流れがあるので、ワイルドカードから勝ち進むチームはむしろアメリカの野球ファンを大いに盛り上げる。

まだまだ両リーグでプレーオフ制度を採用して間もない日本では、今後どうなるか・・・

アメリカとの大きな違いは球団数。ア・リーグ、ナ・リーグをそれぞれ3つの地域に分け、地域1位の3チームと、地域2位で一番勝率が良かったチーム、合計4チームでリーグ優勝を決める。

これに似た制度を日本で出来ないか?と考える。リーグを2地域に分けて、それぞれ地域1位と2位をタスキ掛けにしてプレーオフを戦う、ってのはどうだろう?

セ・リーグは東地区(巨人、横浜、ヤクルト)と西地区(阪神、広島、中日)で簡単に分けられるが、問題はパリーグである。

大阪の近鉄が消滅し楽天が仙台に出来たので、東西で分けると関東地方であるハズの埼玉・西武が西地区になってしまい、何か違和感がある。(実際、西武の2軍はウエスタン・リーグ扱いだけど)。かと言って南北で分ける方法もあるが、千葉・ロッテと埼玉・西武の経度にあまり差が無かったり・・・

まあ例えの話だから、ザックリ分けてしまおう・・・東京湾に面しているから千葉ロッテが南地区!海が無いから埼玉西武は北地区!

これを今年の順位に当てはめてみよう。

セ・リーグ東地区 1位・巨人 2位・横浜 3位・ヤクルト
セ・リーグ西地区 1位・阪神 2位・広島 3位・中日

パ・リーグ北地区 1位・日本ハム 2位・西武 3位・楽天
パ・リーグ南地区 1位・ソフトバンク 2位・オリックス 3位・ロッテ

両リーグ5位の横浜と西武がプレーオフ進出しちゃった!4位の中日、ロッテが出てないのに!

やっぱりメジャーは球団数が多いから成り立っていたんだネ。12球団しかない日本ではちょっと無理がある・・・

レギュラーシーズンの意味がない!だとか、昨年の広島のように負け越しでも3位ならいいのか?という矛盾も指摘されて久しい現行制度・・・消化試合をなるべく減らし、野球ファンを最後まで楽しませるという利点を鑑みれば・・・

ここは「現状維持」でいいんじゃないっすか?

おそらく今年辺りは読売グループがこのまま黙ってはいないだろうけど・・・ネ。そう言えばあの老害じいさん、最近あんまり出てこないけどお元気かしら?

どうやら静岡、沖縄、さらに北陸や四国あたりにチームを作って将来的には16球団にしよう!なんて構想もあるらしいんだけど、そうなれば「リーグを地域で分けてのプレーオフ制度」は現実味を帯びるかもしれない。

最後に・・・地区分けをしながら気付いたんだけど、太平洋沿いに本拠地があるのがロッテと楽天の2チームしかないのに「パシフィック・リーグ」を名乗ってていいの?

[ 2014/10/22 20:45 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

高校野球言いたい放題!

台風でいきなり2日順延するという形で幕を開けた今年の夏の甲子園は昨日、大阪桐蔭が2年振りに全国制覇して閉幕。

初優勝を狙う三重、選手たちのプレーにも勢いを感じたが、何が凄かったってあの応援!

テレビを通じても伝わってくる大音量、スタンドではタオルをグルグル回すパフォーマンス・・・優勝インタビューで大阪桐蔭・西谷監督が「近畿地方でやっているのに完全にアウェーの状態」と形容したのも頷けた。

さて・・・今大会もいろいろと”外野”が騒がしいコトになっていたようなので、少し触れておきましょうか・・・

まずは東海大四(南北海道)西嶋クンの『超スローボールは是か?非か?』論争。

火を付けたのは自称・フリーアナウンサー(笑)。ツイッターで「世の中をなめた少年になって行きそうな気がする」と言い放ち炎上、そこにダルビッシュが西嶋クンを擁護する意見を投じたため話題に。

ネットで調べてみると「別にいいじゃん」という肯定派が多数の様である。アタクシもそのひとり。

初めにボール球を放ってから組み立てていく投球術は、その後にしっかりストライクへ投げ込めるコントロールがあって成り立つ投球術。西嶋クンは2球続けてスローボールを投げてカウントを悪くしても、そこから直球やスライダーで打ち取る場面がたびたびあった。

その外す時の球種がスローボールなのかスピードボールなのか?の違いだけ。「相手打者の視点をずらす」と同時に「場内の雰囲気を変える作用」も期待できるのならば、なかなか効果的な投球術である。

昨年の北北海道大会決勝戦、帯広大谷対旭川南の一戦。旭南がリード、さらに追加点を狙えそうな場面でマウンドに上がった帯大谷の2番手投手が初球に、球速表示が出ないほどのスローボールを投げた。その瞬間、球場全体が「オーッ!」とざわついた。実際にスタルヒン球場で観ていたのだが、地元・旭川南の押せ押せムードをたった1球でガラリと一変させた。結局追加点は与えず、その後帯大谷は逆転し甲子園出場を決めた。(参考:2013年7月の当ブログ)

自分の肌で感じると、試合の流れや現場の空気ってのがいかに重要かがよく解る。自称・フリーアナ(笑)ボケじじいは野球を「アナウンス業の仕事のひとつ」としてしか見ていない。だから正当な評価すらできない。世の中をなめてたのは、実はアナタの方だったんですネ。ハハハ。

ちなみに全盛期の江夏サン、敢えて3ボールにしてから打ち取るようなコトをしていたらしい。アナタなら云えますか?江夏サンに面と向かって「世の中をなめてる」だなんて・・・想像しただけで血の気が引くでしょう。

続きまして・・・「Be Together~♪」の校歌でお馴染み?の健大高崎(群馬)。1試合11盗塁という「驚異の機動力野球」で利府(宮城)を10-0で初戦突破したのだが、ここで湧き上がったのが『点差あるのに盗塁していいのか?』論争。

プロの世界では点差が開いている状態(概ね4点差以上らしい)でリードしているチームが盗塁を仕掛けてはダメ!という「暗黙のルール」があるという。特にメジャーリーグでは厳しく、もしその「暗黙」を破った場合は打者の体を目掛けて投球するという「報復行為」があるのだとか・・・

う~んとねェ・・・これを云うと身も蓋もないが・・・プロはプロ。アマはアマ。

負ければ終わりの高校野球。1点でも多く稼ぎたい・・・チャンスを広げたい・・・勝利の為に鍛え込んできた技術を存分にフィールドで表現したい!となるのは当たり前。

打撃が持ち味のチームもあれば、投手力、守備力を鍛え上げた所もある。そんな中、たまたま今年の健大高崎は「機動力」に重点を置いていたのであろう。走者が出なければ意味はないし、得点へつながないといけないのだから、同時に打撃力や選球眼も磨かれ、前年王者・前橋育英や古豪・桐生第一を群馬大会で打ち破る「強いチーム」が出来上がった。

日本の高校野球では「手を抜くのは相手に失礼」という「暗黙」もある。これが大きく取り沙汰されたのが1998年の青森県大会。東奥義塾が深浦を下した試合である。

東奥義塾は初回だけで39点、その後も1二ケタ得点を積み重ね、終わってみれば122-0(7回コールド)・・・見事なやられっぷりの芝浦ナイン、5回終了の時点で「試合放棄」の選択肢もあった中「応援してくれる声が聞こえた」と「続行」を選んだ。続けるからには「相手に失礼にならないように」と東奥義塾も手を抜かず、この記録的な試合が出来上がった。

さあ、この試合の東奥義塾の成績を見てみましょう。7回までで安打86(うち本塁打7)、盗塁78・・・メジャーリーグだったら東奥義塾は皆殺しである。

少し大袈裟な例ではあるが、日々練習の中で培ってきた実力が出せず何も出来ないまま終わってしまう・・・というチームは多い。甲子園という大きな舞台を所狭しと走り回る健大高崎はチームスローガン「機動破壊」を存分に発揮していたのだから、全く何の非難が出来ようか。

つい野球アニメ「がんばれタブチくん」の一場面を思い出した。確か劇場版だったかな?

実況「高校野球は負けてしまうと終わってしまいます。」

解説「それに比べ、プロは負けても負けても負けても負けても負けても負けても負けても・・・ま~だ試合が出来ますからねぇ・・・」

負けても続くプロ野球、負けたら終わりの高校野球・・・単純に比べるのがいかに莫迦らしいのかがよくわかります。

そう云えば昨シーズンから「負けたら終わりのトーナメントのつもりで戦う」と連呼していた某プロ球団の監督サンがいらっしゃいますが・・・どこまで負ければ「オレの責任」とやらを取ってくれるのでしょうか?


そして、いつも野球の話題になると長文になるのは何故でしょうか?失礼しました・・・

[ 2014/08/26 14:12 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

じゃっくざぱん

サッカーのW杯、盛り上がって・・・いたような気はするんですけどォ~・・・

ついのこ前までどこもかしこもあれほどギャーギャー騒いでいたハズなのに、日本のグループリーグ敗退が決まった途端にこの「どっちらけムード」・・・そして始まる「戦犯捜し」・・・

毎度そうなんだが、結局騒ぎたてる連中(ファン、マスコミを含む)は日本代表が試合をやるっていうから騒ぎたいだけだったんだろ?

本物の「サッカーファン」っていうのは、トーナメントが始まるこれからの方が楽しみなのじゃないか?

かく云うアタクシは、全く興味がないワケでもなく、かと云ってわーわー騒ぐほど詳しくもない。野球が好き。相撲が好き。

日本代表初戦の時だって、我が家は将棋。朝10時からETVで「将棋フォーラム」と「NHK杯トーナメント」を観て、正午になったらTVhの「なんでも鑑定団」再放送を観るか、クルマで出掛ける時はHBCラジオ「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を聴くか・・・

ちなみに囲碁はルールは何となく知ってるんだけど、勝ちに持って行く打ち方とかがよく解っていないから、観ない。

実は野球、相撲以外にも、アイスホッケーやラグビーも好きな部類に入る。なかなか地上波中継自体が少ないんだけど、やってれば観ちゃう。

ボール(アイスホッケーの場合はパック)を持っている選手に対してガンガンぶつかる競技を観た後にサッカーを観るととっても味気無い。ちょっと足が絡んだりしただけですぐに倒れ込んで「キャ~!蹴られた~!倒された~!痛いよ~痛いよ~」とやっている姿なんて、コイツらチ〇コついてんのか?って思っちゃう。

あれじゃ「ファールをもらうための競技」になってる。もうアメフトみたいな防具を付けて、タックルありでやって欲しい。

あと、「点差が離れていても試合終了までわからない」という野球のような展開が無い。残り時間が少なくなって2点差以上あったら絶望的でしょ?

だったら「負けてるチームがラスト10分切ってゴールしたら2点入ります」というボーナスチャンスがあれば一発逆転もありえるのに。

それが無理なら「負けてるチームはオフサイド無し」。もうガンガン攻めまくってもOKにしちゃうとか。

いっそのコト、全部PK合戦にしちゃえ。PKだけのW杯とかやったらそれはそれで盛り上がりそう。

まあ、4年に1度のお祭りみたいなモノだから騒ぎたい方だけ騒いでいればいいんですけどネ・・・だからと云って興味ない側を“非国民”みたいな言い種で巻き込むのだけはご遠慮願いたい。

たまに居るのョ・・・「何でサッカー観ないんだ?」「応援しないんだ?」などと言い放つヤツ・・・酷くなると野球とか他の競技への敵対心を剥き出しにしてくるヤツとか。

以前、とあるコンサドーレサポーターの方が「みんな日ハム、日ハムって・・・札幌に来たの、コンサの方が先だよ!日ハムなんて元々は東京ドームだったじゃん!」とやかましかったので、返す刀で「コンサドーレだって、昔は東芝でしょ?」と云って黙らせたコトがある。

そんなワケで・・・やっぱりアタクシは、野球好きでいいや。サッカーはたま~に気にするぐらいが丁度いい。

横浜DeNAベイスターズ、7年振りの交流戦勝ち越しおめでとうございます。・・・っつ~か、7年前勝ち越してたんだネ。



[ 2014/06/27 15:17 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)