週末、そして明後日の予定。

いよいよ今週末に迫って参りました。


20160529チラシ

5月29日(日) 「野良牛たちが野付牛 vol.2」
出演(順):MANABU/ヨメ/アタクシ/ayu/田川憲/高橋小一/チバ大三/NIGHT SCENE
17:30/18:00~ 前売2000/当日2500(1D付)
Onion Holl (北見市川東37番地 0157-24-0281)


昨年の出演陣に加え今回は田川憲さん、そしてNIGHT SCENEと強力なメンバー?も参戦、チバさん&小一さんの遠征組を迎え撃つ体制を整えた次第でございます。

日曜の夜ですがお誘い合わせの上、震えての・・・じゃなくて奮ってのご来場を出演者一同、首をちょっくら長めにしながらお待ち申し上げます。

・・・・・・

さあ・・・そんな具合で次のライブが控えておりますが、極々私的な出来事がその前に待ち構えておりまして。

北見に来てからの3年間、アタクシの移動手段として生活を支え続けてきたカルディナ号・・・この度、お別れするコトと相成りました。

次の車検まであと1年ほど残っていたのですが、ショックアブソーバー完抜け・オイル漏れ・下廻りの金属カバーが外れかかりだらりんこんと垂れていたりなど、そんな状態でこの一冬をなんとか乗り切りました。

平成9年式・走行距離約16万キロのご老体・・・歌丸師匠も「笑点」の司会を勇退するコトですし、この機会にカルディナ師匠にも勇退していただこうかと。

ただ心残りなのは、エンジンはまだまだ元気モリモリなんです。さすがはトヨタの名機・3S-Gの2000ccターボです。ブースト掛ければなかなかの加速をしますし、ゆっくり乗ってあげれば年式と排気量の割にそこそこの燃費も叩き出します。

次のクルマは勿論決まってます。エンジンだけ載せ替える手もありますがポン付けでは無理っぽいですし、恐らく小型の新車買えるぐらいの費用になりそうですし。

次なる愛車は・・・こんなヤツです。

https://www.youtube.com/watch?v=3Jy6glDTMeg

こんな走りはできませんが、これと同じ型です。納車は明後日になる予定です。

スポンサーサイト
[ 2016/05/23 23:05 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

旅の手錠2016 ~札幌・旭川・当麻編~

あ・・・どうも。自称「ここんとこすっかり真面目な仕事人間」こと、自称「アングラフォークシンガー」であり、かつ自称「裏フォーク研究所・所長」・・・な、ここんとこのアタクシでございます。

ブログどころかSNSすら放ったらかしの毎日でしたが、どっこい何とか生きてます。

現在、世間がお休みモードに入ると忙しくなる業種で働いているため、この度の大型連休はほぼ出勤。

ただ働いてばかりってのもシャクなんで、「ヨメの実家で七回忌」というこの上なく一身上の都合の付けやすい事由の為に連休終盤の5/7(土)から3連休を申し出ました。

法要は8(日)のお昼。当日移動、終わって当日帰るのも出来なくはないですが、やりたくはないです。前日に札幌へ向かい、折角ならもう1泊どこかで・・・ってのが人情ってやつです。

で、7日の朝に出発。昼過ぎに札幌へ入り、まずラーメンを食し、そのまま道立近代美術館で「横山大観展」を観覧。

終盤とは言え連休真っ只中、暦通りだとしても世は週末です。それはそれは混雑しておりました。向かいで同時開催中のガレの展示が可哀想なぐらい・・・

その夜はヨメの実家で1泊。呑んで喰ってそのまま就寝・・・

翌日は本来のメインイベント・法要でございます。墓参りまで恙無く済ませ、直接帰ろうと思えば帰れる時間ではありましたが、あまり連休らしい連休も過ごせなそうだったので、帰りがてらもう1泊出来そうな場所と言うコトで旭川に泊まることにしました。

何故旭川か・・・それは・・・串鳥があるから。札幌にいる頃はよくお世話になったんだけど、北見には串鳥がない。

もうさ~・・・イ●ンとかトラ●アルとか、ありがたみが薄いヤツはいらね~んだョ・・・私たちの望むものは・・・ズバリ!串鳥とみよしの!コレがあれば札幌からの転勤組も大喜びコト間違いナシ!・・・なハズ。

旭川の宿を出て向かった先は、前日までの人混みも過ぎてグダ~っとしているであろう動物たちに会いに旭山。以前、連休終わりに行った時よりは人も多かったが、繁忙期よりはゆっくり見られてよかったです。

途中こども牧場の近くでソフトクリームなんざ貪っていると、周囲がざわめき出した。何だろうと思うと、ウサギが1匹夢中で駆けていました。どこかの檻から逃げ出したのか、野生のが紛れ込んだのかはわかりませんが、明らかに近くにいた係員さんが慌てて無線で連絡を取り合っていました。

北見へ帰ろうと動物園を後にしたが、つい最近「当麻町のカントリーサインが鍾乳洞からでんすけすいかに変わったらしい」という話を耳にしたので、その「変えられてしまった可哀想な方」鍾乳洞へ行ってみました。

山中に漂うB級感・・・しかし、入ってみるとそこに広がっているのは(洞窟自体はかなり狭いんだけど)見事なまでに乳白色に彩られた鍾乳石の、気持ち悪いまでの造形美!

帰りの時間も考えて軽く一通り見るだけだったが、これはもう一度時間をかけてゆっくり見る価値がありそうです。

20160509-touma-02.jpg
20160509-touma-04.jpg
20160509-touma-05.jpg
(画像:ガラになくハッチャキこいたアタクシ。表情にハッチャキ感が無いのは悪しからず。)

・・・・・・

たまにはギターを持たず、ライブとかじゃなく、こうした遠出も悪くないモンですね。

・・・・・・

20160529チラシ
[ 2016/05/13 23:18 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

粋と鯔背のホニャララ

ず~っと雪が降りっぱなしで振り回されっぱなしだったこの数日間・・・フェイスブックでもその愚痴ばっかり書いてしまいました。

ちょっと閑話休題?先週末のお話。

・・・・・・

1/17(日)北見市・北網圏文化センターにて開催中の「幕末明治の浮世絵探訪展」を観て参りました。

歌川広重やその流れを汲む様々な浮世絵師の作品が展示され、幕末から明治、更には真珠湾攻撃まで、時代と共に移り変わる浮世絵の存在意義や市井の人々の生活、そして・・・そして・・・

え~っと・・・

難しいコト書こうとしてここで頓挫!

・・・まあとにかく、本物の浮世絵ってのはなかなかお目にかかれないので、貴重な体験をいたしました。

作品の数々は勿論どれも良いモノばかりだったんですが・・・困った方々がいたんです。

和服を纏ったご婦人4人衆・・・ちょうど我々夫婦の先を展覧していたのですが、このババアどもがうるさいの。これはああでそれはなんちゃら・・・とウンチクたらたら言いながら。

それぞれの観覧スタイルってのはあって良いんです。それでも初めは小さめの声で、「何かうるさいネ」なんてヨメと耳打ちしていたんですけど、次第にご婦人方のボルテージが上がっていくと段々声は大きくなり、仕舞いには展示用の額縁に指を付けてのウンチク大会ですわ。

いくらガラス越しとは言え「展示品に触らない」ってのは最低限のマナーじゃないんですか?

ウンチクっつったって、その辺で拾ってきたようなウンチみたいなクソ知識ですし。和服まで着て、あたかも「アタシ達は江戸の文化に造詣があるザマス!」な雰囲気を一生懸命醸し出しているのです。

しかも醸しているのが「ザマス!」な雰囲気だけならまだしも、強烈なタンス用防虫剤の臭いも振り撒いているではあ~りませんか!

久々に嗅いだなァ~、ナフタリンの臭い・・・このご婦人4人衆、「ザ・スターリン」ならぬ「ナ・フターリン」と勝手に命名。豚の臓物ではなく、腐れウンチクと防虫剤の臭いを撒き散らします。ある意味、パンク。

ただ、この「ナ・フターリン」の面々が黙って素通りしたトコロがあったことを我々は見逃しませんでした。それは「かげま茶屋」と題された作品。

「陰間」ってのは、いわゆる「男娼」・・・少年が女性の格好をして接客するお店が「陰間茶屋」ってワケだが、そこに描かれていたのは陰間に言い寄る後家の姿・・・

アレアレ~?何で黙っちゃうのかな~?年端もない少年が男性や女性のお相手をする行為は古くから日本で行われていた文化じゃないんですかね~?そこのウンチクはないんですか~?薄っぺらいねッ!ナ・フターリン!

・・・・・・

結構な展示数だったため後半はすっかり疲れたのか黙り込んでベンチに座ってましたが、しかしわ~わ~騒ぎ立てながら周囲に知識をひけらかすようなのはどうなんでしょうか・・・自由に楽しむのも悪くはないんでしょうけど。

実は23(土)に、北見芸術文化ホールで落語の公演があるんです。立川志らくさん、柳家喬太郎さん、林家三平さんなどが出る予定でして、ヨメは「和服で行く!」と張り切っていたのですが、ナ・フターリンの振る舞いを見て二の足を踏んでいます。

単純に「和の装い=粋」ってわけじゃないんです。下品は下品・・・「粋」を理解している人がやるから似合うんです。

・・・・・・

あ。ちなみにアタクシがよく作務衣を着ているのは「粋」とかじゃないです。舞台衣装であり、普段着でもあり、さらには寝巻・・・要するに、楽だからです。たまにジャージ上下の時もありますが、理由は同じです。悪しからず・・・

今後のスケジュールでも書いておきますか。2月、単発でまた福島行ってきます。


1/30(土) 北見・夕焼けまつり
「オヤジによる、オヤジの為の“黄昏フォークジャンボリー”」
20:00~ ¥1500(1D付)
※参加者募集中!
北見市北3条西2丁目 AMビル2F 0157-23-5819
http://maturi.yu-yake.com/


2/13(土) 福島・HISTORY
18:30/19:00~ ¥1500(1D付)
出演:衰退羞恥心/ノンロボツ(metro port)/Ikasama宗教(宮城)/マル/キクチシノブ/菊池隼人
福島県福島市置賜町4-24 B1 024-522-2812
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M01014/07201/0245222812-002/


2/20(土) 佐呂間
詳細未定


[ 2016/01/21 22:05 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

ブチ撒けまして・・・おめでとうございます

ええ・・・昔から「一年の計は元旦にあり」と申しまして、新年早々愚痴をタラタラ垂れ流すのは如何なモノかとは思いますが、ちょいと・・・

・・・・・・

フェイスブックに「年賀状届かねえぞ!」と書き込んだ直後、午後3時半ぐらいになってようやく届きました。

アタクシの足りない頭の中では「元旦」ってのは「元日の日の出から正午まで」と記憶していたんですが、どうも北見ではそんな知識が通じないようです。

「元旦配達に間に合わせたけりゃこの期限までに出しやがれ!」って言ったのはソッチなんですから、そこら辺をちゃんとやってくんないと・・・

・・・・・・

失礼ながら出し忘れた方のが何通かありましたから、なるべく礼儀を欠かないよう早めに・・・と、そこから慌てて宛て名書きでございます。

するとヨメが書き間違えたんですネ。ホラ、焦ってるから。

以前、ガットギターのポジションマークを付けるのに買った修正ペンがあったのでソイツを取り出しましたが、もう随分使っていなかったのでヨメが押しても液が出てこない。

「ど~れ、貸してみんしゃい!」とアタクシが力一杯押してみたところ、容器のプラスチックも劣化していたんですネ・・・まあ勢いよく破裂しました。

お蔭で両手から顔に至るまで真っ白な液体が飛び散ってしまい、しかもそう簡単に取れるモンじゃございませんョ。ゴッシゴシ擦ってたから顔がヒリヒリしております。

・・・・・・

もうちょっと早い時間に確認できれば、こんな事態も起きなかったのに・・・ナニしてくれてんだ日本郵政!株式上場してうかれてんじゃないのかネ?ええっ?と、まあ・・・責任転嫁も甚だしいですが・・・

・・・・・・

本年もそんなコトを繰り返しながら過ぎていくんだろうなあ・・・今から心配です。

取り敢えず・・・あけましておめでとうございます
[ 2016/01/01 20:01 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)

旅の手錠2015 ~良いメシ・悪いメシ編~

お風呂もいいが、やはり旅の醍醐味と云えば・・・そう!ご当地ならではの美味しい食!

ただ、今回も持ち出し必至な貧乏ツアーだったのでいわゆる「ご当地グルメ」なぞ辿り着けるワケもなく、コンビニやスーパー、牛丼チェーン店の朝定食で食いつなぐのが精一杯な食生活でした・・・

それでもその地域に行かないと味わえないようなB・C(D?)級グルメもチラホラとありつけたので、ソチラをチョロチョロっとご紹介します。

・・・・・・

まずご紹介したいのは、滋賀の近江鉄道・八日市駅前にある某商業施設(ここまで言えば地元民はわかるか?)。

太子ホールでのライブは15時開始だったので、入り時間は正午12時。前日に買ったサンドイッチなんざ軽く摂ってから江坂のホテルを出発。

駅に着いたのがお昼前で時間もあり、だったらちょっくらメシ済ましちゃおうか・・・とそのデパートに入り、適当に上の階へ行きました。そこにあったのがラーメンからそば、うどん、丼モノから定食まで各種取り揃えたテナントでした。

何となくラーメンを注文したのですが・・・これが文句の付け様がないぐらいマズイ!

出汁も塩気もうっすら程度に味付けされたスープ・・・そこに収まるはグニャグニャでフニャフニャのストレート麺・・・それでいてそこそこの値段!

ああ・・・やっちまった・・・と失意に溺れて階を下ると、1階にフードコートが見えてきた。しかも「寿がきや」の文字が・・・

気付いてりゃソッチ行きましたョ!寿がきや!

これで覚えたので、次回は迷うことなく行くコトでしょう。

・・・・・・

その日は終わりも早かったので、また江坂に戻りました。先ほどの昼の一件を忘れるべく、今度こそ美味いモン喰いてえなあ~・・・と街へ出ましたが、泊まっていたホテルと同じビルの2階に黄色い看板が・・・

っつ~ワケで、今回初めて入店してみたのが「鳥貴族」でございます。

関東・関西・中部などで展開する焼鳥チェーンで、昨年なども行く先々で見かけたので「どうなのかしら?」と気になってはいました。入ってビックリ・・・店員さんのほとんどが東南アジア系!

だけどメニュー全てが280円で統一され、しかも金麦なら大ジョッキでその値段!これはありがたい!

余りのありがたさに、翌日名古屋へ移動してからも鳥貴族!

ラストの東京・荻窪ライブ終了後、新宿にもあったので、やっぱし鳥貴族!

初回の江坂は塩、名古屋はタレをメインに頼み、新宿でやっと今後定番になりそうなメニューを見つけました。かわ(塩)!骨付き唐揚げ!モツねぎ盛ポン酢!これで決まり?

2月にヨメと福島~横浜へ出掛ける予定なので、近場にあれば立ち寄ってみようかと思います。

・・・・・・

あとは高崎駅の中華屋さんの担担麺も美味しかったし、同じく高崎駅で立ち寄ったそば屋さんと福島についてから立ち寄ったそば屋さんが同じ系列だったり、福島のホテルの1階にあったお好み焼き屋さんはホルモン鉄板焼きが美味かったですネ・・・

・・・・・・

こう振り返ってみると、まるで「ご当地ならでは」なんてほど遠く、その前に京都や江坂にいたクセにお好み焼きを福島で食べるのはどうなのか?など甚だトッ散らかったグルメレポートではございますが、もし各地へお出掛けの際にご参考にして頂ければ幸いでございます。

八日市のラーメンは、本当にやめといた方が良いです。ハイ。

[ 2015/12/24 23:30 ] 私生活の柄 | TB(0) | CM(0)