「大切なお知らせ」と、「どうでもいいお知らせ」。

ますは「大切なお知らせ」から。

釧路ライブチラシ

5/26(土) 釧路 「BEAT BATTLE ROYAL vol.4」
開場17:00/開演18:00  ¥1000

出演順
 高橋小一&サモン
 菊亭隼人(18:40~)
 チバ大三
 sweet10 
 NEO UNDER BALL
 THE JET SPIDERS
 悶絶スクリーモ
 ザ★エロリズム
 TRACI LORDS

Veiled cafe (釧路市愛国西1-11-7 )


2018野良牛


5/27(日) 北見  「野良牛たちが野付牛 vol.4」
開場18:00/開演18:30 ¥2000 1ドリンク付

出演順
 菊亭隼人
 シノブ
 チバ大三(東京)
 高橋小一&サモン(東京)

ライブハウス夕焼けまつり (北見市北3条西2丁目 AMビル3F)


4回目となる「野良牛~」でございますが、いつもチバさんと小一さんが北見とセットでいらっしゃる釧路ライブに上手いコト混ぜ込んでいただける次第となりました。初の釧路ライブ!

翌日に北見へ移動し、夕焼けまつりで・・・という流れです。

もう今更でしょうから詳しくは申しません・・・「独唱パンク」首謀者とその仲間たちの宴・・・北見界隈ではなかなかお見受けできない濃縮還元度合いとなりますので、ドロンドロンのベトンベトンがお好みでしたら是非お越しください。

・・・・・・

そして・・・「実は大切なようでどうでもいいお知らせ」

前々から云っておりました「お店を始める」って話・・・やっと目処が立ちました。

正式なオープンは6/5(火)です。

そして5/29(火)~31(木)の3日間を「プレオープン」と称しまして、¥2500で呑み放題・駄菓子食べ放題で開放します。

ついでに27(日)「野良牛~」のライブ終わり次第、「超プレプレオープン」として打ち上げちゃいます。

屋号は「URAフォーク酒場」、住所は画像をご参照ください。

URAフォーク酒場ロゴのみ
ノースタウン地図

時間も時間だ・・・眠い・・・詳しくはまた後日!

・・・・・・

以上、大切なお知らせととどうでもいい告知でございました。
スポンサーサイト
[ 2018/05/24 01:33 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

アタシは何をする人ぞ…

4月・・・引きこもってました。まあ、いろいろありまして・・・

いつまでも引きこもってばかりもいられませんので「社会復帰への足掛かり」とばかりに、4/21(土)久々に夕焼けまつり「黄昏フォークジャンボリー」に顔を出してきました。

4/16は高田渡さんの命日だったので渡さん特集。

「社会復帰」と云ったって元来マトモな社会生活を営んでいるかどうか微妙な人生なので復帰もヘッタクレもなかったかもしれませんけどネ。

・・・・・・

さて・・・実は今、次へ向けて動き出しています。

何をやろうとしているのか・・・若干費用の掛かるコトなので慎重に少しずつ準備を進めている段階でして、詳しくは決まり次第、それはそれは盛大にお知らせできるかな?と思いますので。

・・・・・・

ライブはチョコチョコと決まってます。詳しくはトップページをご参照ください。

っつ~ワケで・・・どっこい生きてまする。
[ 2018/04/24 22:52 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

メディアって難しい

北海道放送(HBC)に出ました。ちょっとだけ・・・

夕方のワイド番組『今日ドキ』のコーナー「週末ぶらリサーチ」北見編の突撃取材がサイケデリックに来まして、主に対応したのは店主のピエさん、アタクシもちょっくらお話したのですが・・・

放送当日の映像を見ると、アタクシは画面の端っこでたま~に少し見切れてる程度。あれじゃインテリアの一部。

思い返せば昔、テレビの取材は数度受けました。でも、いつも「カットされるんだべ?」と感じながら適当に受け答え、たまたま放送を見た知り合いから「出てたよ!」と教えられる始末・・・

中でもススキノの道端で唄っていたある時、日本語が流暢な外国人お二人に声をかけられまして、一人はカメラで映像を撮っていました。「日本を紹介する海外の番組かな?」とまた適当に答え、適当に唄ったのですが・・・

それがTBS『ここがヘンだよ日本人』だったんです。まさかの全国放送・・・当然オンエアーは見逃がしており、知り合いから指摘されて気が付くワケです。「ヘンな日本人」ススキノ代表って扱いか?

他にもコミュティーラジオ、ネットラジオ、地方新聞からギター専門誌・・・たまにですが取り上げていただきまして、それでも周囲からの反響はコレと言ったモノではなく冷やかされる程度でした。

でも北見にきてしばらくして、夕焼けまつりの池本マスターが「コレ、そうだよネ?」と『アコースティックギターマガジン vol.14』を差し出した時も驚きました。確かに白黒ページの一部に全国のストリートミュージシャンを紹介するページがありまして、そこに出ています。よくぞ気が付きました!流石です・・・見たい方は是非、夕焼けまつりへ・・・

そのページを担当していたライターの青柳さんは後に、これまで取材を通して各地で出会った方々のコトを一冊にまとめ直した『路上音楽』を出版しまして、アタクシも内容は『アコギマガジン』とほぼ同じ内容ながら掲載していただきました。

嗚呼・・・昔話は長くなる・・・

・・・・・・

『アコギマガジン』が2002年、『路上音楽』が06年・・・当時取り上げられた中で現在も活動を続けてる方ってどれぐらい残っているのでしょうか?

アタクシも仕事の都合で数年間活動らしいコトができない時期はありましたが、それでも現在は月に数本程度とマイペースに継続しております。昨年中は全く行けませんでしたが、年内には何とか道外へも出かけたいです。

マイペース・・・とか云う割りに、今週から月末にかけてライブ詰め込み過ぎちゃったんじゃね~の?

3/21(水) 北見・サイケデリック 「サイケデリックアコースティックライブ」
25(日) 帯広・cafeるくら 「百歌繚乱・特別編 OPEN MIC !!」
29(木) 札幌・フライアーパーク
30(金) 札幌・LOG 「中ちゃんオンステージ」(ギター伴奏)
31(土) 札幌・才谷屋 ワンマンライブ

詳細はトップ記事の「出没告知」をご参照ください。

[ 2018/03/19 10:55 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

あれよあれよ・・・ア~レェ~・・・

あれよあれよでもう随分経ってしまいましたが・・・2/22(木)、北見・夕焼けまつりで執り行われました松山隆宏さん&タンク宮本さんの冬の北海道ツアー、今回も恙無く?前座の務めを果たしました。

お越しくださった皆様にはこの場を借りまして心より御礼申し上げます。

この日のネタ。確かあってるハズ・・・(早く書けって~の!)

1 吐瀉物然
2 カメムシくん
3 ありんこ
4 夕暮れ (カバー曲・高田渡)
5 夢を見る神 (原詩・山之口貘)

某オークションサイトで思わずポチったCat's Eyeのニューヨーカーを佐呂間に続き2度目、夕焼けまつりでは初の実戦登板。

実を云いますと・・・左親指のアカギレによりしばらくギターが弾けず、当日直前に何とか回復はしました。それでもまだ弾き慣れていない個体と練習不足がたたり、結構間違えたり、聞かせどころの面倒な部分は手を抜いたりと、あまり胸の張れない出来栄えだったコトをここに告白します。

珍しく?何故、こんなに反省的なのか・・・この日は終始シラフでして。松山さんとタンクさん・・・この大事な客人お二人の送迎運転手という大役も担っていたんです。

ええ・・・たまにはシラフでステージに上がるコトもありますョ。大抵は酔いに任せてばかりですが・・・

で、Cat's Eyeのギターですが・・・そりゃ松山さんのギルドとは年季の入り方が比べ物になりませんが、皆さんが口々に「これから良くなりそうな雰囲気ある」とおっしゃっておりましたし、アタクシも久々の新品なので少しずつこなしていこうかという所存でございます。

メインであるお二人のステージ・・・アタクシなんぞを比べ物になりませんョこちらも!

ただ本番後に肘を氷でアイシングする松山さん・・・先発完投後の投手みたいでした。

長年、相棒・ギルドを重厚なハードケースに収めてあちたりこちたり・・・ギグケースにして背負っちゃえば少しは楽なのに、ソコはベテランなりのこだわりがあるのでしょう。

その点、Cat's Eyeはいいですョ。小さくて軽い、純正ギグケースはポケットが二つあるので他の道具を突っ込めるし。ああ・・・早くコイツ背負ってツアーとか出たいなあ・・・

何だかただのギター自慢みたいになってますけんども・・・

しかし、30年以上も全国を唄い歩く大先輩シンガーと、北海道を代表するロックベーシストのお二人とこんなに親しくお付き合いさせていただいているだなんて・・・よく考えれば凄いコトなんですよネ。トンガリまくってツッケンドンだった若い時分だったらこうはなっていないと思います。そして、いつも勉強になります!

また夏場ですかネ、次にお越しになるのは・・・やっぱり呑みながら唄いたいナ・・・

・・・・・・

さて・・・今月は北海道内ですがあちこち行きますョ!

3/21(木・祝) 北見・サイケデリック
25(日) 帯広・るくら
29(木) 札幌・フライアーパーク
30(金) 札幌・LOG (中ちゃんの伴奏)
31(土) 札幌・才谷屋

現職場・サイケで行われるアコースティックライブが終われば、いよいよ帯広での初ライブ、そして札幌遠征・・・

以前ちょっと付き合いのあった方が2人、今年になり亡くなりまして、札幌は何となく哀悼の3夜になりそうです。

各ライブの詳細はブログのトップページをご参照ください。

ホームページ、放ったらかし・・・どうすっぺ?


[ 2018/03/07 00:30 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

サロマっ苦・・・?

2/17(土)、佐呂間町のスタジオ・リバイバルへお邪魔してきました。

ファンキー末吉さん・・・いやあ、実にファンキーなお方でした。ギター弾き語りに、オケを使った生ドラム披露、そして地元の人たちとのセッションと、ずっとフル回転!

アタクシは15時開始の2番目だったんで、ビールだの芋焼酎だのをクイクイ呑みながら、たまに会場、たまに控室で漏れてくる音を聞くような感じで(生ドラムの音量だと耳が持たない・・・)楽しんでおりました。

北見、網走、斜里・・・オホーツク圏のありとあらゆる土地から集まってのライブでしたが、皆さん帰りは大丈夫だったのでしょうか・・・

Ronnieさんの運転で北見を出たのが昼過ぎ。その時は快晴だったけど、佐呂間トンネルの向こうは降雪・・・それでもまだ普通の降り方。ところが後から到着する方たちが「雪、すごいよ」と口々に・・・「またまた大袈裟に」と思っていたら・・・

本当にひでえでやんの!Ronnieさんのクルマは車高のあるプラド(トヨタの四輪駆動車)なのですが、家の前は助手席ドアのすぐ下まで積もってました。

ライブ後の打ち上げは焼肉が予定されてましたが、とにかく早めに帰ろう・・・との判断で打ち上げなし。でも、無事帰宅できましたからネ。焼肉打ち上げはまたの機会に・・・誘ってネ、ケンゴさん。雪がない時期に。

・・・・・・

さて・・・ファンキー末吉さん。爆風スランプのドラムとして有名ですが、某団体との裁判沙汰で(別の角度から)注目を浴びておりまして、コトの顛末は著書「日本の音楽が危ない!」に記されております。

勿論サイン入りで購入いたしまた。これがまあ、読めば読むほどその相手方の体質に呆れ、同時に腹立たしくなってきます。

高校野球は好きだけど、高〇連は嫌い。
大相撲は好きだけど、相●協会は嫌い。
音楽は好きだけど、J△SRACは嫌い。


どう申しましょうか・・・アタクシの場合、ヒネクレていると云えばソレまでなのですが、それぞれ個々の活動は素直に見聞きしたり応援できるのに、それを取り仕切るオッサンの集団が苦手ってコトかもしれませんネ。

主人公は目の前にいる選手・力士・演奏家であり、そこに脇役や裏方の努力があって成り立っているモノ・・・その上前をくすねるコトだけに力を注ぐ組織ってェのがいけ好かねェんだい!

・・・そんなワケで、今回のネタ・・・

1 吐瀉物然
2 ハイライト・マイルド
3 酒と泪とダメおやじ
4 カメムシくん
5 ありんこ

ご存知の方はおわかりでしょう・・・2曲目と3曲目に「著作権的に微妙な唄」を、あえて。

そんなモンだから、最初のMCでちゃんとクギを刺しときました。

「・・・ゲシュタポみたいな人はいませんよネ?」

・・・・・・

実に長丁場のライブ、移動も含めて・・・皆様お疲れ様でした。

背中が痛い・・・雪掻きの筋肉痛ならいいですけど、呑み過ぎや不摂生に起因するモノじゃないコトを願います。

そして・・・今週22(木)は松山隆宏さん&タンク宮本さんのお出ましです。詳しくは当ブログのトップ項目「出没告知」をご参照ください。

[ 2018/02/19 11:57 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)