唄ってはいけない?

10/13(金) 北見・オニオンホール
「阿漕な夜 Vol.13」
出演順
 MANABU、アタクシ、杉山誠、ayu、湊恵行、キクチシノブ、YASU&ねころぶ、さきんぬwith小松博之、鬼頭つぐる(埼玉)

フェイスブックの方に少し書きましたが、共演、関係者、そして何より御足を運んでくださったお客様に改めまして感謝申し上げます。

特別オープニング?MANABUさんを含めて計9組・・・何処かでダラケテしまいそうなモノですが、この夜は違いましたネ。それもこれも出演者全員が鬼頭さんと共演出来る嬉しさや緊張感を各々で噛み締め、ソレを各々で表現しているように感じました。

出番を終えて呑み過ぎて途中ダラケテいたのは他の誰でもなくアタクシめでございましたが・・・でも、まあ・・・やるコトはやりましたし。いいじゃないでしょうか。

ッつ~ワケで、なるべく時間を巻こうと取り組んだこの日の選曲はコチラ・・・

1 カメムシくん
2 ありんこ
3 吐瀉物然
4 へべれけ問答

最近テッパンになりつつある「虫シリーズ2曲からの泥酔シリーズ2曲」・・・以上4曲でお送りいたしました。

「吐瀉物然」に関してはテーマが汚物なため、はたしてどうなのか・・・と当初は不安もありましたが、なぜかayuさんやさきんぬさんといった女性陣から好評を得ています。不思議なものだなあ・・・嘔吐と下痢だよ?

現段階で一番の新ネタ「へべれけ問答」は未だに手探り中。キーからリズム、テンポ、言い回し、間奏や終わり方など、やるたびに少しずつ変えてます。曲調がロックンロールなのでひとりでやるのチョットきついです。メンバー募集。

杉山誠くんとは久し振り。唄も体格も幾分丸くなり(他人のコトは言えませんが・・・)、死にかけた体験談から「生きてたら会いましょう」と笑い誘っておりまして、打上げでも立ち話をしながらアレコレ語っていましたが、会わなかった間にいろいろあったんだねえ・・・と。先輩ヅラというよりは余計なお世話を焼きたがるオッサン目線。

最近はどうやら「母親目線からセクシー路線に変更中?」のayuさん。北見有数のベテランバンド・NIGHT SCENEの曲を、お客様として来ていたメンバーの植さんと吉さんの前で披露しておりました。ご本人達を前に相当緊張していた様子でしたが、それでもやりきるayuさん、さすがの男意気?です。

「網走腹黒ニ●ネ」こと湊さん(コラコラッ!)。詳しくは後述しますが、この日と合わせて11月までの間になんと4度も共演なんです。主催する定期ライブ「百歌繚乱」もなかなか声が掛からず、もしかして忘れられたか・・・飽きられた?まさか、いつも余計なコト言うから怒ってんの?など思っていたのですが・・・安心しました。酒も悪態もほどほどに・・・反省。

客席の後ろ、PAブースの前に物販コーナーが設けてありまして、ライブ中は大体ここで鬼頭さんと並んで観ていました。すると耳元でこそっと「ねえ・・・シノブちゃんは何でいつも裸足なの?」と不思議がられていたヨメ・キクチシノブ。エロ・セクシー路線迷走中?のayuさんに対抗心を燃やし、ガッツリめの進行で挑んだみたいです。で、翌日から風邪ぶり返してます。裸足だったから?・・・返り討ち~ィ!

ここでりん&ねころぶの出番だったのですが、身内の不幸でりんさんは欠席、急遽YASUさんがボーカルの「YASU&ねころぶ」として登場。YASUさんの選曲にねころぶ鈴木さんがギターを合わせるような組立てだったのでしょうが、まるで即席とは思えないぐらいにピッタリとハマってました。今後りんさんの戻る場所はあるのか?乞うご期待!

こちらも2人のユニット・さきんぬwith小松博之。小松さんの新品カホンがエッジの効いたキレッキレの打音を刻み、さきんぬソング独特の世界観をさらに深くまで掘り下げ、うっかり落っこちてしまえば這い上がれなくなるんじゃないの?ってな感覚になりそうでした。この辺りでアタクシの呑み過ぎによる体調の異変はピークに・・・もしや、この2人のせいだったのか?

そして大トリ・鬼頭つぐるさん。アタクシの中では「酒場で楽しみながら聴きたいミュージシャン」と思っているひとりなのですが、意外にもご本人は全く酒を受け付けない体質なのだそうです。1時間半たっぷり堪能しましたがそれでもまだまだ聴き足りないぐらい熟練されたステージはいつも勉強になります。「喋ってばかりいないで唄え!」とツッコまれてるアタクシとは雲泥の差ですョ・・・

そんなこの日のオニオンホール、共演の方々が撮影してくださった画像がフェイスブックにアップされてまして、いろいろ眺めていたのですが・・・

20171013鬼頭さん撮影
鬼頭さん撮影。唄ってませんねえ・・・喋ってます。

20171013ねころぶさん撮影
コチラはねころぶさん。やっぱり喋ってるトコロです。何の為にギター持ってるのか?

20171013ayuさん撮影
ayuさんの画像・・・やっと弾いてます。ってコトは、ええっと・・・ギター漫談?

20171013さきんぬ撮影
さきんぬちゃんのヤツでやっと唄ってるっぽいのが出てきました。ああ・・・ちゃんとそれなりにライブはやってる方らしいです。

20171013MANABU撮影
MANABUさんに至ってはアタクシを撮る気ないだろ!ってアングルです。でも、個人的にはこういうのが好みだったりします。

皆様、ありがとうございます。テメエの画像ばかりですみません・・・他の人のを撮るの忘れてて。ってバカヤロー!

・・・・・・

長くなりましたが、そんなライブを終えて今後を思い出すと・・・結構な本数決まってますネ。ライブ強化月間・2017秋冬コレクション?


20171029百歌

10/29(日) 北見 「百歌繚乱presents 佐木伸誘 Live Tour 2017 [Voice & Humm.]」
 19:30/20:00~ ¥1500 ワンドリンク付
出演者
 佐木伸誘(東京)、湊恵行、NIGHT SCENE、菊池隼人
ライブハウス夕焼けまつり (北見市北3西2 AMビル3F)


20171112カーティス

11/12(日) 北見 「ワールド弾き語りング」
 19:00~ ¥1000 +要オーダー
出演者
 “変身忍者”佐藤豪(東京、北見出身)、湊恵行、まさみとかずき、菊池隼人
Cartis Creek (北見市春光町2丁目151-6)


11/16(木) 札幌 (詳細未定)
Bar天狼星(Dog Star) (札幌市中央区南5西5 モモヤビル8F)


11/17(金) 札幌 「中ちゃんオンステージ」 
 19:00~ ¥1500 ワンドリンク付
出演
 中ちゃん(vo) with 菊池隼人(Gt.)
ライブハウス札幌LOG (札幌市北区北14西2 ゼウスビルB1)


11/18(土) 札幌近郊? 未定

11/19(日) 札幌 「LOG 30th記念ツーマンライブ」
 20:00~ ¥2000 +要オーダー
出演
 長津宏文、菊池隼人
ライブハウス札幌LOG (上記参照)


11/26(日) 北見 「サイケライブ」 
 (詳細未定)
ライブハウス夕焼けまつり (上記参照)


11/16~19で「札幌4連投!」と企ててはみたものの、相変わらず18(土)だけ未だ決まらず・・・呑むだけで終わるか?それともオープンマイク的なコトをやっているお店があるようなので、そこへ少し顔を出すか・・・いっそ札幌市外で今から探すか・・・

もし「ウチでやってョ~」とか「一緒に出ませんか?」などありましたら、ご遠慮なさらずに是非ご一報くださいまし!

ではでは・・・でわでわではでわでわとりがいる。

スポンサーサイト
[ 2017/10/16 17:53 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

前回の続き・・・からの、次回への嘆き?

前回の続き・・・みたいになりますが・・・9/27(木)北見・夕焼けまつりでの藤森かつおさんのライブ。

あまり力添えできなくて申し訳ない気持ちはありますが、やっぱり藤森さんの音楽性だったり、あるいはちょっとヒネくれてはいるけど自分に真っ直ぐな人間性などなど、久々に近くで見て、感じて、語らって・・・個人的にはとっても充実した時間でした。

1 カメムシくん
2 ありんこ
3 吐瀉物然
4 アンブーレラ(カバー)

・・・・・・

セットリストを振り返り、「ハテナ?4曲目のカバーって誰の?」とお思いの方も沢山いらっしゃるでしょう。

・・・長津宏文さんのカバーですョ!野口観光のCMソングとして有名だった?あの「ど~うってことないくらい~♪」のシングルのB面ですョ!

藤森さんとの思い出を語る上で、やはり「洛陽」と「LOG」は欠かせません。

・・・で、11月の札幌遠征・・・行くんです。元職場(兼・ex.寝床?)ライブハウス札幌LOGってトコロに。「札幌でお世話になったお店」とか言いながら、今年に入って全然行ってね~でやんの。あけおめ。

他にもいろいろどんどん決まっております。一先ずここでは時系列に、「詳細未定」も多いですが現段階での告知らしき告知を。

・・・・・・

20171013鬼頭さんチラシ
10/13(金) 北見 「阿漕な夜 Vol.13」
 18:00/18:30~ 前売¥1500/当日¥2000 要ドリンク+¥500
出演順
 菊池隼人、杉山誠、ayu、湊恵行、キクチシノブ、りん&ねころぶ、さきんぬwith小松博之、鬼頭つぐる(埼玉)
ONION HOLL (北見市川東37)


10/29(日) 北見 「百歌繚乱presents 佐木伸誘 Live Tour 2017 [Voice & Humm.]」
 19:30/20:00~ ¥1500 ワンドリンク付
出演者
 佐木伸誘(東京)、他
ライブハウス夕焼けまつり (北見市北3西2 AMビル3F)


11/12(日) 北見 (詳細未定)
出演者
 “変身忍者”佐藤豪(東京、北見出身)、湊恵行(網走)、伊藤まさみ(網走)、菊池隼人
Cartis Creek (北見市春光町2丁目151-6)


11/16(木) 札幌 (詳細未定)
Bar天狼星(Dog Star) (札幌市中央区南5西5 モモヤビル8F)


11/17(金) 札幌 「中ちゃんオンステージ」
 (詳細未定)
出演
 中ちゃん(vo) with 菊池隼人(Gt.)
ライブハウス札幌LOG (札幌市北区北14西2 ゼウスビルB1)


11/18(土) 札幌近郊? (現在調整中)


11/19(日) 札幌 「LOG 30th記念ツーマンライブ」
 20:00~ ¥2000 +要オーダー
出演
 長津宏文、菊池隼人
ライブハウス札幌LOG (上記参照)


11/26(日) 北見 「サイケライブ」 
(詳細未定)
ライブハウス夕焼けまつり (上記参照)


未定ばかりで本当にすみません・・・って言うか、アタクシが言いだしっぺの案件もかなり抱えており、詳細を煮詰めるのが全く間に合ってません。悪しからず。

・・・・・・

あと、何でか知らないけど・・・コレと云って新ネタのキッカケすらなかなかないままにボンヤリ過ごしていた専業主夫期間がまるで嘘であるかのように、最近はアイディアらしき事象がポッコンポッコン浮かんでくるのです。やっぱり少しの労働でも脳味噌が活性されているのでしょうかねェ・・・

あとはソヤツらを上手くまとめてくれるようなクラウド機能が脳内にあればなァ・・・と嘆く、そんなこんなの今日この頃です。ハイ。

[ 2017/10/06 00:02 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

長文失礼!でも後半に突然決まった来週のライブの大事な告知があるから諦めず最後まで読んでくれたら嬉しいなあ~・・・の巻

昔話。

・・・・・・

20年前、田舎の高校を出たアタクシは札幌へ移住しました。大学進学を名目に。

中学3年からギターを始め、以来フォークソングやアングラフォークに目覚めてしまい、「いつかステージに登ってライブをしてみたい!」と、ほぼ独学で練習をしたり、つたない自作曲なんぞを作ったりしておりました。

「札幌ならライブをさせてもらえる場所が沢山あるハズだ!」と思い立ったまではいいのですが、当時は今ほど気軽にインターネットが使える時代ではなく、「探す」といえばタウンページ。

片っ端から電話をしましたが、どのお店も出ません。そりゃそうです・・・そういったお店はほとんどが夜の営業なのですから、昼の日中につながるワケがありません。

それでもたまたま1軒だけ電話に出てくれたお店がありまして、ひとまずお話だけはさせてもらえる約束を取り付けました。

後日、そのお店へ。

「ウチはプロやそれなりに経験のある人じゃないと、お願いされても難しいなあ」

コチトラ経験など無い、世間知らずの田舎者・・・ああ、そうか・・・そりゃそうだよナ・・・とションボリしつつ、それでも「どうすればライブってできるようになりますか?」と尋ねてみました。

「ああ。最近知り会った人で、狭いけどライブもできるお店をやってるらしいョ。まずはこういう場所で経験を積んでみたらどうかな?」

差し出された名刺の内容を即座にメモ帳に写し書きします。

「え~っと・・・南2条・・・西1丁目・・・カレー&バー・・・洛陽・・・ん?カレー?」

・・・・・・

「ライブやりたい?やりたいなら別にいいけど・・・」

電話口から聴こえてきたのは、少し無愛想な口調でした。それでも「ライブやりたい欲求」にかられたアタクシは、とにかく情熱を最大限にぶつけてみるしかありません。

「じゃあ・・・ウチで○日にライブあるから、その時にでも来てみれば?店の雰囲気とか、ライブってどういう感じか、とか見てみるのはどう?」

・・・・・・

後にアタクシは「洛陽」で、初めて見知らぬ方を目の前にして弾き語りで唄うという経験をしました。そして、現在に至る・・・ってコトなのですが・・・

洛陽へ初めて伺った時にライブをやっていたのが、藤森かつおさんでした。

その時の印象はどうだったか・・・はっきり言うとほとんど覚えていません。ただ、音楽の迫力と云うか、洛陽独特の狭い空間も手伝ってなのか、とにかく圧倒され打ちのめされたから記憶が吹っ飛んでいるのかもしれません。

今と変わらぬトレードマーク(なのかどうかはわかりませんが・・・)の黒縁メガネと帽子がひたすら印象に残っており、きっとアタクシの様な田舎出たての世間知らずのペーペーな若輩者とは全く違う世界で唄っている人なのだろうナ・・・とも思っておりました。

・・・・・・

それから数年後。

ずっとお世話になっていた洛陽は閉店しまして、今度はLOGというお店に入り浸るようになりました。

やがて入り浸り過ぎて、店主・長津さんがガンで闘病する間の店番まで務めるようになり、帰るのが億劫な時はそのまま店で寝泊りしちゃうほどドップリと浸ってしまいました。

そんな折、スケジュール帳に「藤森かつお」の名前を見つけ、「ああ!あの時の人だ!」と思い出しました。

藤森さんLOGライブの日。リハが終わるなり「もう何年も昔ですけど・・・」と洛陽の話をしましたら、「そうなの~?じゃあ、何で今までオレのライブ来てくれかなったの~?」

「イヤ、別に嫌っていたとかじゃなくて、忘れかけるぐらい昔の話でして・・・」そんな必死な弁解をしたように思います。

何時だったか、桑田健志さんと藤森さんのジョイントライブ。

健志さんとは何度となく・・・どころかひどい時は深夜から昼近くまで酒を呑み交わしたりしていたので、そんな健志さんを通してお互いに打ち解け、「ドコソコの医者は良い!アコソの病院はダメ!」みたいなくだらない内容だったのですが、藤森さんという音楽人に少し触れられたような、そんな打上げの夜がありました。

再会はライブハウスの店番と出演者という関係でしたが、すぐに共演する日はやって参ります。以来、LOG絡みのライブやイベントで顔を合わせ、何とかお互いに認識をしていたというような、そんな間柄だっとように思います。

・・・・・・

違う世界にいた人がコッチに来たのか・・・アタクシが曲がりなりにも場数を踏み続け、やっとその違う世界に立ち入れるコトが許されたのか・・・今となってはドチラなのかはよく分かりません。

ただ、アタクシが現在北見に住んでいるコトをてっきり忘れ、昨夜突然に「良かったら来週北見でライブやるから唄って~」とお誘いをしてくるような・・・それでもそんなに憎めないんですョ。

だって・・・尊敬する大先輩ミュージシャン!札幌の生ける伝説!祝・還暦!な、そういう御方ですョ!


20170928夕焼け藤森さん

9/28(木) 北見 
出演 藤森かつお(札幌)
前座 菊池隼人
19:30/20:00~ ¥2000 ワンドリンク付
ライブハウス夕焼けまつり
(北見市3条西2丁目 AMビル3F)


このライブは客として行くつもりでしたし、突然だけども共演のお願いについ嬉しくなっていまい、長々と思い出話を綴っておりますが・・・長文の割に藤森さんの魅力が伝わっているかどうかはハッキリ言って微妙ですが・・・本当になかなか凄い御方なんですョ!本当に!マジで!

繰り返し言う程に嘘っぽくなるのでこれぐらいにしておきますが・・・18歳のアタクシが生で、目の前で喰らった衝撃とやらを是非味わいたいというソコのアナタ!・・・ご来場、心よりお待ち申し上げます。

・・・・・・

告~知は続く~ョ~・・・そ~こそ~こに~ィ・・・


10/13(金) 北見 「阿漕な夜 Vol.13」
 18:00/18:30~ 前売¥1500/当日¥2000 要ドリンク+¥500
出演(順不同)
 鬼頭つぐる(埼玉)、杉山誠、ayu、さきんぬ、りん&ねころぶ、湊恵行、キクシシノブ、菊池隼人
ONION HOLL (北見市川東37)


11/12(日) 北見
出演
 “変身忍者”佐藤豪(東京、北見出身)、菊池隼人、他
  ※ 共演者並びにライブの詳細は調整中です
Curtis Creek (北見市春光町2丁目151-6)


・・・で現在、11/16(木)から19(日)あたりまで「極私的ライブ活動(途中いろいろあってちょっくらお休みもあったけど)20周年大感謝!札幌大連投ライブ(仮名、多分ボツ)」を企てております。詳細は決まり次第お知らせしますネ・・・


[ 2017/09/20 21:11 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

秘密兵器・・・発射?

20170916看板

9/16(土) 札幌・Bar天狼星(ドッグスター)
「天狼星(ドッグスター)8周年記念祭 その2」
出演・・・音道青心、アタクシ、KING BISCUTT TIME (横浜)


思えば10年も経ってないぐらいの昔。ススキノの道端で唄っていたら声を掛けてくれたのがリョウスケくん。当時coyoteというライブバーをやっていて「うちでライブやりませんか?」と誘ってくれました。やがて「オカンが飲み屋を始めた」とのコトで天狼星店主であるトコロのみーやんにアタクシを紹介してくれまして、それ以来池内家とのお付き合いが始まったワケです。

北見に越してからも「ライブやらないかい?」と度々誘われておりまして、なかなか都合がつかずお断りせざるを得なかったのですが、今回ようやく8周年記念イベントという節目に立ち会うコトができました。

有難いコトに「ウチの秘密兵器!」とベタ褒めで、勿論嬉しく思うのですが・・・お店の常連さんや共演者目当てのお客様に来ていただけましたが、ただでさえ集客能力の乏しいアタクシ・・・この先、しばらくは「秘密」のままになりそうです。

名前はかねがね伺っていた音道青心さん、そして本間章浩さん率いるKING BISCUIT TIME・・・初めて共演という形でお会い出来たのは喜ばしい限りでございます。

20170916本間
KING BISCUIT TIME本番中の本間さん。バンドメンバーの方と音道さんの画像はどれもボケちゃってて・・・申し訳ありません。

ライブがハネてからはみーやん特製の美味しいお料理(出身地・根室のエスカロップなどなど)に舌鼓を打ちつつ美味しいお酒をクイクイ(ま、オープン前から呑んでましたが・・・)・・・本間さんからは「またどこかで会えそうだね」と北見あたりでの再会を誓いましたし、アタクシの様なギター弾き語りにあまり期待したコトがなかったというお客様が興味を示していただいたりと、それなりの手応えは感じられました。

いや・・・本当に皆様にはお世話様でお粗末様のお疲れ様でございました。

・・・・・・

連休とあって混雑しそうだったので当日の朝8時ごろプロボックス号で出発しまして、それでも道中はそこそこ順調で夕方の入り時間まで余裕があったので、新篠津村の道の駅にある温泉・たっぷの湯へ立ち寄りました。

塩分の強い泉質で運転疲れを癒しているうちにライブ本番へ向けたはずの英気までついでに癒されそうになってさあ大変・・・こりゃマズイ!と、札幌に入ってからはみよしのの餃子とカレーで補充しました(SNSに書きましたが、あの豚汁はちょっと失敗じゃね~の?)。

・・・・・・

ライブ翌日は帰るだけ。折角の札幌ひとり運転の旅・・・どこか寄ろうかしら・・・道立近代美術館でゴッホ展やってるけど、絶対混んでるだろうなあ・・・と、選んだ先は「プレイボール!~北海道と野球をめぐる物語~」なる特別展開催中の北海道博物館。

20170917博物館

駒大苫小牧や北海、東海大四に代表される高校野球、新日鐵室蘭やたくぎんなど社会人での栄光、プロではファイターズをはじめ北海道ゆかりの名選手が愛用していた道具、特に故・盛田幸妃投手の大洋ホエールズ時代の写真パネルに感涙しそうになったり、更にはファミスタのデモ映像で野球に熱中していたガキんちょの頃の自分を思い出したり・・・野球好きには堪らない展示品の数々は時間を忘れそうになります。

丁度この日、「ブラバン応援 もうひとつの夏の闘い」という特別講義があるというので地下の講堂へ。

梅津有希子さんというライターの方が講師。白石高校吹奏楽部出身というコトを活かし、ブラスバンド経験者からの視点で高校野球の応援を研究されておられるそうで、ご自身で集められた野球・吹奏楽どちらも強豪校の映像を交えながら、定番の曲や応援スタイルの源流をさぐっていく講義は、一応はミュージシャンのハシクレとしても大変面白い内容でした。

講義が終わったのが午後3時半。ここから国道12号を北見へ向かうワケですが、「距離はあるけど流れがスムーズ」と高速を使わない時は275号を回るコトが最近多く、久しぶりのR12大混雑に巻き込まれ、ただでさえ消耗気味の体力を削りながらの帰路となりました。

途中、仮眠や休憩を取りながら、帰宅したのは午後11時・・・ふう・・・やっぱし疲れた。

・・・・・・

今後の告知。


10/13(金) 北見 「阿漕な夜 Vol.13」
 18:00/18:30~ 前売¥1500/当日¥2000 要ドリンク+¥500
出演(順不同)
 鬼頭つぐる(埼玉)、杉山誠、ayu、さきんぬ、りん&ねころぶ、湊恵行、キクシシノブ、菊池隼人
ONION HOLL (北見市川東37)


11/12(日) 北見
出演
 “変身忍者”佐藤豪(東京、北見出身)、菊池隼人、他
  ※ 共演者並びにライブの詳細は調整中です
Curtis Creek (北見市春光町2丁目151-6)


また年内に札幌方面へ行けたらいいかなあ・・・な具合で。


[ 2017/09/18 13:34 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

開口一番・・・閉口二番・・・

9/8(金) 北見・オニオンホール 「阿漕な夜vol.12」
出演順・・・MANABU、アタクシ、細野篤、キクチシノブ、ayu、湊恵行、りん&ねころぶ、チャーモ(埼玉)、NIGHT SCENE


総勢8組のアコースティック形式のド頭・・・と思っていたら「オレも唄いたくなったから~」とかいう方から突然のスタート。お蔭で用意していた開口一番のネタを出す機会を失いながらアタクシの出番が巡って来ました。

1 カメムシくん
2 ありんこ
3 吐瀉物然
4 へべれけ問答

1・2の「虫セット」、3・4の「悪酔いセット」・・・この2セットの前後をどうしようか直前まで悩んでましたが、記述の通りの始まり方だったんでこの流れで。

ウィスキーのロックはステージドリンクになりませんネ。喉は潤うドコロか余計に乾いてヒリヒリですョ・・・やめときゃよかった。

ってなテイタラクでササッと出番を終わらせた後はクイクイ呑みながらステージを堪能するという、希望通りの宵の酔いでございました。

本当は1組ずつ画像を上げて感想を書いたりするのが「ブログの礼儀」なのでしょうが、酔ってりゃ~画像なんて撮り忘れますョ。聴いてはいましたョ。それはそれは素晴らしい共演者の皆様に恵まれ、呑まさるわ呑まらさるわのひとり宴会。思い出そうったってそうはいかない。

それでも今回はチャーモさんといろいろとゆっくりお話しが出来て、今後参考にさせていただきたいコトも知り得たような、なかなかに意味のある時間を過ごさせていただきました。

しかしねえ・・・今後、どうしたらいいんだか・・・誰しも漠然とした未来への不安はあるのでしょうが、何とかなるのか?ならぬのか?・・・

はあ・・・生きるって、実に面倒臭い。

・・・・・・

そんな面倒臭がりですが、久しぶりに札幌へ行ってきます。北見移転前だから5~6年振りだっけか?・・・の、そんな店の周年記念です。


9/16(土) 札幌 「天狼星(ドッグスター)8周年記念祭 その2」
 19:30/20:00~ ¥2500 ワンドリンク付
出演順
 20:00~ 音道青心
 20:40~ 菊池隼人
 21:20~ KING BISCUTT TIME (横浜)
Bar天狼星(ドッグスター) (札幌市中央区南5西5 モモヤビル8階)


そしてチャーモさんに続き、埼玉県在住ミュージシャンによる2ヶ月連続実行統治。


10/13(金) 北見 「阿漕な夜 Vol.13」
 18:00/18:30~ 前売¥1500/当日¥2000 要ドリンク+¥500
出演(順不同)
 鬼頭つぐる(埼玉)、杉山誠、ayu、さきんぬ、りん&ねころぶ、湊恵行、キクシシノブ、菊池隼人
ONION HOLL (北見市川東37)


その他11月にもチラホラありそうですが、そちらは決まり次第ってコトで・・・
[ 2017/09/10 23:21 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)