読書感想文~平光清・著「審判失格 それでも私は野球が好きだ」を読んでみた。

日本ハムが来るまで北海道の野球中継と言えば巨人戦ばかり。たまに黄金期の西武戦があり、そこで普段なかなかお目にかかれない選手をチェックする・・・当時のパ・リーグなんてその程度の扱いでしたョ。

余談はさておき、こちらの本・・・

審判失格

たまたま北見のブックオフで見つけ購入。

野球を題材にした著作と言えば大抵は選手、監督、OBなど球界関係者か、「ソレってただのファン目線じゃね~の?」って言いたくなるようなスポーツライター(笑)が主流ですが、これは珍しく「審判から見えるプロ野球の世界」が描かれています。

著者は平光清さん・・・おそらく往年のファンには懐かしいお名前でしょう。

六大学、高校、社会人野球での審判経験を経て昭和40年からセ・リーグに所属、数々の名勝負を裁き平成4年に引退、その後の平成6年に書き下ろしたものです。

様々なエピソードとその裏側、現場にいた時のご自身の気持ちやルールの解釈などが軽妙な言葉で綴られてまして、読書スピードが割かし遅めのアタクシでもスラスラと読んでしまいました。

大洋・若菜さんと巨人・中畑さんの本塁クロスプレー・・・当時「珍プレー」の番組で何度も取り上げられたシーンは子供心に覚えています。ボールが脇に挟まり、空のミットでランナー・中畑さんにタッチする若菜さん。ボールの在り処が死角で見えず、球審はアウトを宣告するが・・・という場面です。覚えている方も多いのでは?

その時の審判が平光さん。誤審が起きた原因と、実はその後・・・

そういう話がふんだんに織り込まれております。

・・・・・・

今年行われたWBCはイスラエル代表がまさかの快進撃で盛り上げてくれました。でもまだまだ野球という競技が浸透していない地域はたくさんあります。世界規模への拡大を阻んでいるのがルールの複雑さである、との論調があります。

「世界一ルールブックが分厚いスポーツ」と言われる野球ですが、これまで想定されていなかった事例について協議の上また新しく書き加えられるなど、ただでさえ複雑なモノが日に日に複雑さを増しているのだそうです。

そんな「世界一分厚いルールブック」を頭に叩き込み、瞬時に目の前で起きたプレーを判断し、それにのっとり選手は次のプレーを進行していく・・・常にそれが繰り返されて野球の試合は成り立っているのだと、改めて思い知らされました。

ルールのほか、日本球界史に刻まれた名選手・名監督とのやりとり、そしてプロフェッショナルとしての生き様や苦悩の数々・・・

特に引退するきっかけとなった場面に関しては最後の章で事細かく記されています。

・・・・・・

勝敗が決定付く大事な場面で、今までルールブックに記載されてなかったことが現実に起きてしまい、頭の中で何度もめくり直し下した判定に間違いはないと突っぱねたものの、審判団の協議の結果判定は覆り、当然両軍ベンチとは揉めに揉め、マスコミからは「誤審」と叩かれ・・・

「グランドでは石ころと同じ」と言われる審判ですが、勿論ひとりの人間であり、たった1球の行方をどう判断するかでチームの成績、果ては選手の家庭や生活までをも脅かしかねない、という重圧が常にのしかかっているだなんて・・・全く頭が下がります。

・・・・・・

平光さんは平成23年、73歳で亡くなられております。現在文庫本など再版があるのか微妙ですけど、野球ファンならば是非一度は読むべき!・・・そんな一冊でございます。




読書感想文ですからネ・・・いつものようなオチは無いョ!

スポンサーサイト
[ 2017/04/18 15:53 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

「研究日誌」らしく・・・なぎらけんいち「春歌」を聴いてみた。

札幌遠征で才谷屋へ伺った時、「復刻したぞ」と教えてもらったのがコチラ・・・

なぎら春歌

「春歌」

DQネームで「はるか」と名付けちゃったり、春っぽい曲だからと「はるうた」なんつってタイトル付けちゃったパターンってありそうですよネ・・・意味も知らずに・・・

性を描写した浮世絵が「春画(しゅんが)」というように、ここでは性に関する歌、つまり「しゅんか」でございます。

日本各地に古くから伝わるエッチな唄の数々をなぎらさんが歌い上げたこのアルバム、「はちみつぱい」のメンバーや村上律さん、安田裕美さんなど名だたる演奏陣が参加しているのにもかかわらず、LPはすぐさま廃盤となり、中古でも結構な価格が付いている・・・という、まさしく「幻の名盤」と呼ぶに相応しい一枚。

それが近頃CDとして復刻した!ってんですから、買わないワケにはいかないでしょう!

・・・・・・

やはり下ネタだから廃盤に?と思いがちですが、通して聴いていると古くから伝わってきた言い回しをほぼそのまま歌詞にしているため「乞食」や「土人」といった差別用語が引っ掛かったように感じます。

「下」の表現は方言や隠語などでソレと思わせる言葉が多くあり、中には「センズリ」「ちんちん」と標準語でもアウトっぽいのもあるにはあります。

でも、それだけでイチャモンつけられて出せないとなったら三上寛さんの唄なんて完全にダメでしょう。「おま●こに指突っ込んで~」とか。URCだから大丈夫、とかあったんですかネ?

・・・・・・

「乞食(こつじき)」はもともと托鉢での修行を意味する仏教用語であり、「土人」だって代々その地で生活してきた人を指している言葉ですから。

そこに勝手な意味合いを加えておいて「差別するような言葉は使うな!この●●●●がッ!」とやるのは少々筋が違うような気もします。(●に入る言葉は各々自由にお考えください)

以前観たライブのMCでなぎらさん、こんな噺をおっしゃってました。

「テレビ番組で『乞食』という言葉を使ったら、『俺たちを乞食を呼ぶとはどういうコトだ!』というクレームが局に来た。乞食って・・・テレビ見てるの?

こういった類の多くは大概当事者ではなく、「人権派」のフリをする団体やら思想やらの持ち主で、実は無関係だったりします。

どの時代も、どこの土地でもそうかもしれません。当事者の味方を装って近付き、あたかも正義を振りかざしているかのようで、実はその行為が当事者にとって一番の迷惑だったりとか・・・ネ?あるでしょ?

勝新太郎さんの代表作「座頭市」やテレビアニメ「明日のジョー」がなかなか再放送できなかったり、映画「気狂いピエロ」はタイトルからしてダメだったり、笠置シズ子さんの「買い物ブギ」をカバーする際には最後の言い回しを変えてみたり・・・

童話絵本の「ちびくろサンボ」がよくわかんない親子が勝手に人権団体を名乗って(自分たちは東洋人でアジア人で日本人なのに)「黒人差別だ!」と抗議したら一時期廃刊になった、という話は有名です。

いろいろ面倒臭い世の中、名作たちが次々と埋もれていってしまうようで・・・果たしてそれでいいのか?

・・・・・・

おっぴょ。書いてるアタクシが段々面倒臭くなってきたのでこのぐらいにして・・・

いや、「裏フォーク研究所」と自称するからには、正しく恰好の研究材料であると思います。

気になる方は是非!
























(そして・・・北見界隈で「中学生レベルの浅はかな下ネタを唄って内輪でワーキャー騒いでる連中」、おそらくコレ聴いてもわからないだろうなァ・・・ま、どうぞご勝手に・・・)
[ 2017/04/17 15:49 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

プロレス観戦記 ~4/8(土)大日本プロレス・札幌大会~

プロレスを観始めたのは中学生の頃。新日本の闘魂三銃士、全日本では超世代軍が頭角を現し、ベテランとして脂の乗りきった長州、藤波、鶴田らが壁として立ちはだかるという時代でした。

やがてしばらく離れていた期間があったのですが、ふとYouTubeで見付けた大日本が思いのほか面白く、北見移住後初めて観戦したみちのくプロレス主催の大会に出ていたバラモン兄弟がよく出ていたり、札幌のライブハウス・LOGでHBCラジオ「週刊ラジオプロレス」20周年記念トークライブのゲストだった“黒天使”沼澤邪鬼選手が所属していたりで、アッと言う間に大日本プロレスの世界に引き摺り込まれました。

・・・・・・

外国人レスラーなどには頼らず、他団体所属やフリーの選手の協力で成り立っている部分は大きいのですが、スタッフも多く同行しないため、グッズ売り場や試合中のセコンド、更にはデスマッチアイテムの設置から後片付けまで、所属選手たちがみんなで行います。

先日4/8(土)、札幌遠征のついでに観た大会も第1試合から蛍光灯デスマッチ、他の選手に混ざり関本大介選手や岡林裕二選手も皮手袋をハメてリング横に陣取ってました。この二人、全日本・世界タッグのベルト保持者ですョ!主力選手でもこのように興行を支えているのです。

実際、開始前に大会記念Tシャツは関本選手から買いました。ツアーで横浜に行く度にお世話になっているSam's Barの名前を出したら「ボクもよく行きます!」と驚いてましたし。

新日本のような、いわゆるメジャー系に比べれば規模は小さい団体ですが、その小ささを活かし直接選手とファンが触れ合う機会が多いのが大日本の良いトコロだと思います。

・・・・・・

一風変わった選手が多い、というのも魅力です。

フリーで参戦している元・大相撲の浜亮太選手は体重225キロで「現役最重量」、大日本所属の若手でデスマッチ挑戦中の佐久田俊行選手は身長が155センチで「現役最小」・・・

そして忘れてならないのが大日本プロレス創立者にして現会長・グレート小鹿さんですョ。今年75歳、たまにですがリングに上がり続ける「現役最高齢レスラー」。今回の北海道巡業には同行してませんでしたが、一昨年の年末に横浜で見た大会では試合やってましたからね。

他にも先に述べたバラモン兄弟の暴れっぷりだったり、流血必須の過激なデスマッチもあれば、関本・岡林が先導する昔ながらのストロングスタイルの試合も見応えがあります。

ストロング、ハードコア、デスマッチ・・・一粒で3度おいしい大日本。

・・・・・・

北見に毎年来てくれるプロレス団体が大日本ぐらいしかないのでいつも楽しみにしているのですが、やはり地方大会とビッグマッチでは会場の熱気が全く違いました。札幌ぐらいになるとかなりコアな方々が多数駆け付け公式発表で500人超、満員札止めとなっておりました。やっぱりビッグマッチに出向かないとアノ独特の雰囲気は味わえません。

いや~・・・ライブ遠征ついでのプロレス観戦、行って良かったです。

そして高橋匡哉選手、デスマッチのリーグ戦「一騎当千」初優勝おめでとうございます。
[ 2017/04/13 16:41 ] 童心スポーツ | TB(0) | CM(0)

札幌滞在記~出会い、再会、そしてほにゃらら~

2夜連続ライブ(&ついでのプロレス観戦)で盛り上がった札幌遠征を終え、昨日無事帰宅いたしました。


4/6(木) 才谷屋・ワンマンライブ
 1 夢を見る神
 2 雲の下
 3 街路樹
 4 河川敷のプレーボール
 5 カメムシくん
 6 ありんこ
 (休憩)
 7 間
 8 のすたるぢっくひーろー
 9 ヌ印良品
10 吐瀉物然
11 野郎が
12 迎酒
アンコール 酒と泪とダメおやじ

4/7(金) モダンタイム・ジョイントライブ
(出演順・・・Gold tree、シューイチビシャス、アタクシ、薄野真音会、リンダ)
 1 雲の下
 2 ヌ印良品
 3 吐瀉物然
 4 カメムシくん
 5 ありんこ


近頃の定番と新曲、そこにしばらくぶりの曲をササッと散りばめたような構成でお送りしました。

・・・・・・

出会いと再会に恵まれた3日間・・・

24~5歳の時に制作した50枚限定無料配布CD『粗品』で全面協力を頂いたコンドーさんが才谷屋に来てくれまして、その前で収録曲「街路樹」「河川敷の~」を唄うのはちょっと恥ずかしかったですが・・・

でもご本人、「あんまり細かく覚えていない」とか。そらそうですョ・・・「録音するぞ!」と集まっては唄なんて後回し、いきなり酒呑み始めてベロベロになってお開き・・・・その繰り返しでしたから。仕方ありません。

・・・・・・

滞在3日目は大日本プロレス観戦でしたが、その日にモダンタイムで「渡辺よしゆき&Co.」(通称・なべかん)が出るって~ので、プロレスが終わってから再びモダンへ直行。

到着するとちょうどなべかん演奏中で、ドラムのほっちょさんは気付いてくれたようですが、出番が終わって片付けるまでナベさんには気付かれませんでした・・・

・・・・・・

才谷屋店主・森さん、モダンで共演したリンダさん、そしてナベさん・・・

札幌に来てすぐ入り浸るようになった『洛陽』で、若かりし頃の、クソ生意気な頃のアタクシを知っているワケです。

もちろん名前を上げなかった皆様もたまにしか会えないので嬉しかったのですが、特にこのお三方との再会できて「北見で何とかやってますョ」と直接伝えられたのが何よりでした。

・・・・・・

森さんに教えてもらった「販売直後に廃盤となった『幻のアルバム』が最近復刻した」というCDを探しにプロレス観戦前にタワーレコードへ行きまして、そのCDを見つけて「これだこれだ!ヤッター!」と心でほくそ笑んでいるのを、やはり才谷屋に来てくれていた林さんに見つかり、更にはこの日インストアライブで来ていた内藤重人さんと現在LOGで働くケイくんにも出くわしちゃうしで・・・

・・・・・・

「アレ?もしかしてオレ、もうすぐ死ぬの?」って勢いで次々と懐かしい顔がポンポンと目の前に現れる、そんな札幌遠征でございました。

いやいや・・・まだまだ生き延びますョ~。厚かましさとしぶとさだけが信条ですから。

ライブの申し出を快く受け入れてくれた森さん、モダン・マリさん、そして集まって頂いたお客様、さらにモダンで初めて共演した皆様、そして大日本プロレスも・・・?

本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

[ 2017/04/10 11:36 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)

札幌遠征(&大日本プロレス)詳細決定!

札幌遠征2日目の詳細が決まりましたので、両日合わせ改めてお知らせ申し上げます。


4/6(木) ソロライブ
19:30~ ¥投げ銭+飲食代
も~り~処 才谷屋
(中央区南3西5 三条美松ビル3F)
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%82%E3%82%8A%E6%89%8D%E8%B0%B7%E5%B1%8B/277996845548330?fref=ts


4/7(金) ジョイントライブ
20:00~ ¥1500(1D付)
共演順・・・シューイチビシャス、Gold tree、アタクシ、薄野真音会、リンダ
Music&Bar モダンタイム
(南区澄川3-2 ハイツリービル3F)
http://modantime.sunnyday.jp/


・・・・・・

ちなみに8(土)の大日本プロレス・札幌大会、こちらもリーグ戦「一騎当千」優勝決定トーナメントの試合形式も発表されております。

興味の無い方には全くもってど~でもいい話題ですが・・・

「蛍光灯時計台&蛍光灯テレビ塔デスマッチ」 木髙イサミvs“黒天使”沼澤邪鬼

「有刺鉄線ボード&凶器持ち込みデスマッチ」 高橋匡哉vs吹本賢児

両試合の勝者がメインで「蛍光灯300本デスマッチ」で対戦、優勝者が5月にBJWデスマッチ王者・アブドーラ小林に挑戦するという形です。

蛍光灯デスマッチは北見や網走などの地方興行でも1試合は行うので観戦経験はあるのですが、実は有刺鉄線を使った試合は生で見るのは初めて。

しかも決勝戦が蛍光灯300本・・・さらに途中バラモン兄弟&アブ小さんが組む試合もあり、水やら怪しい液体やらが観客席まで飛び散るコト間違いナシ・・・

凶器や蛍光灯の破片、様々な液体までもが飛散するのは想定していますから、特別リングサイドはやめて普通の指定席にしたのですが、それでも2列目ってなってるんですョ。

ビッグマッチは一昨年年末の横浜文化体育館以来。でもその時は2階席だったし・・・

さてはて・・・無事に帰れるのかしら?
[ 2017/04/04 19:08 ] 研究の言及 | TB(0) | CM(0)